【美のプロが愛するコンビニ飯】“冷え”の大敵、砂糖を避けた「甘栗」や「ゆで卵」など 5 品

冷房が欠かせない真夏のような暑さが続いているが、冷房による冷えもダイエット中は避けたいところ。そこで、体を冷やす砂糖や添加物を避ける食事を心がけているというヨガ講師に、おすすめのコンビニ飯を聞いた。

ファミマのゆでたまごとセブン−イレブンの有機甘栗とブラウンシュガーファーストの有機アップルソースとファミマの枝豆とひじきの生姜風味鶏サラダとセブン−イレブンのもち麦もっちり!梅こんぶおむすび

間食にコンビニを利用することが多いというヨガ講師の YOSHIE さん。選ぶ基準は、原材料のシンプルなものや添加物の少ないもの、砂糖を極力使用していないものだという。理由は、添加物や砂糖は、消化の負担になったり、体を冷やしたり、むくみや肌荒れの原因になることもあるから。

「健康と美容を意識して、原材料表示は必ず確認します。飲み物は、お茶や水など砂糖不使用のもの、スナック類も砂糖不使用、もしくは少ないものを選んで買います。実際に、食事内容に気をつけるようになって長年コンプレックスだった肌荒れが改善し、体温も上がりました。コンビニには素材にこだわり、添加物が少ないものや、少量で満足感のあるものがたくさんあるので、ダイエット中の間食選びにおすすめです」(YOSHIE さん・以下同)

『有機むき甘栗 55g』(セブン-イレブン)

セブン-イレブンの有機むき甘栗 55g

『有機むき甘栗 55g』(セブン-イレブン)108円(税込)

●「むくみ解消」で選びたいおやつ

中国・河北省で有機栽培された栗を無添加で焼き上げたむき栗は、そのままはもちろん、電子レンジやオーブンで温めてもおいしく食べられる。1袋 99.5kcal。甘栗に含まれる亜鉛には、体に蓄積された体脂肪を燃焼する働きがあり、ダイエットには欠かせない成分と言われている。さらに、むくみを解消するカリウムもたっぷり摂れるから、ダイエット中のおやつには最適。

「小腹が空いたときに、手軽にサッと頬張れます。腹持ちがいいので間食にちょうどよく、添加物なしの栗の優しい甘さにも大満足。栄養も豊富で健康的なおやつです」

『ゆでたまご』(ファミリーマート)

ファミマのゆでたまご

『ゆでたまご』(ファミリーマート)70円(税込)

●蓄積前に脂肪を代謝!

ゆで卵は完全栄養食といわれるほど栄養が豊富だが、ダイエット目的でいうとビタミン B2 に注目したい。脂肪は、摂取した糖質や脂質が体内に溜め込まれてできるが、ビタミン B2 には蓄積される前に代謝されるよう促す働きがある。コンビニのゆで卵なら調理の手間もなく、低コストでダイエットに好都合だ。

「普段の食事では炭水化物が多くなりがちなので、意識して、たんぱく質を摂るためにゆで卵を買います。ふわっと柔らかい黄身と、ほどよい塩加減がやみつきに。おやつにも食事のお供にもおすすめです」

『もち麦もっちり!梅こんぶおむすび』(セブン-イレブン)

セブン-イレブンのもち麦もっちり!梅こんぶおむすび

『もち麦もっちり!梅こんぶおむすび』(セブン-イレブン)120円(税込)

●血糖値の上昇をセーブ

1つ 166kcal で、レタス約1個分の食物繊維を摂れる。もち麦に含まれる食物繊維、大麦β-グルカンは、コレステロール値の改善や内蔵脂肪の軽減に役立ったり、血糖値の上昇を抑える効果もあるなど、ダイエッターにとってはありがたい食材だ。

「便秘やむくみ、肌荒れの原因になることもあるので、パンよりご飯を選びます。もち麦の食物繊維は、糖質の吸収を抑える効果があるとも言われていて、美容にもとてもよく、噛み応えがあるので、満腹感もグンとアップします」

『枝豆とひじきの生姜風味鶏サラダ』(ファミリーマート)

ファミマの枝豆とひじきの生姜風味鶏サラダ

『枝豆とひじきの生姜風味鶏サラダ』(ファミリーマート)200円(税込)

●ダイエット要素満載サラダ

しょうががほんのり香る和風仕立てのサラダ。1食 94kcal。枝豆は筋肉の材料となるたんぱく質が補え、動物性のたんぱく源と比べて、余計な脂肪や糖質を抑えられる。さらには脂肪代謝や糖代謝に必要なビタミンなども摂れるダイエット向き食材。また、ひじきに含まれる豊富なミネラルは腸の動きを活発にして、老廃物の排出や便秘解消にも役立つ。

「たんぱく質と食物繊維がたっぷり摂れますし、サラダですが、体を温めるしょうががはいっているのでお気に入りです。小ぶりなサイズも間食にはちょうどよく、しょうがのさっぱりとした風味に食が進みます」

『有機アップルソース』(ブラウンシュガーファースト)

ブラウンシュガーファーストの有機アップルソース

『有機アップルソース』(ブラウンシュガーファースト)842円(税込・編集部調べ)

●腸内の毒素や老廃物を大掃除!

アメリカやヨーロッパのスーパーでは定番のアップルソース。煮つぶしたペースト状のりんごで、1カップに小ぶりの有機りんごが1個分はいっている。香料・酸化防止剤などの添加物は不使用。りんごに含まれるペクチンという水溶性食物繊維は、腸内の毒素や老廃物を絡めとって排出する働きもあり、腸内環境をいい状態に整えてくれる。

「砂糖、添加物不使用の煮つぶしりんごは、ナチュラルな優しい甘さがお気に入り。そのままスプーンですくって食べても、ヨーグルトにかけても、カップのまま凍らせてシャーベットにしてもおいしく、いろいろな食べ方を楽しんでいます」

ヨガ講師:YOSHIE さん

ヨガ講師のYOSHIEさんの顔

TOHKO NATURAL YOGA主宰。国内化粧品メーカー美容部員、オーガニック食品メーカー営業を経てヨガ講師に。ヨガスタジオやプライベートでのクラスの他、会社員経験を活かし、オフィス特有の不調を改善する企業ヨガの指導も行う。

撮影/黒石あみ

●【美のプロが愛するコンビニ飯】キレイをサポートする『のむとうふ』、きなこのお菓子など6品
●【美のプロが愛するコンビニ飯】“溜めない体”を目指す「ドライフルーツ」や「機能性チョコ」など4品
●炭酸水でダイエット!食物繊維をインした「ナチュラル ビューティー スパークリング」を【実食レポ】
●コンビニ飯をヘルシーメニューにするための裏ワザ5選
●コンビニ飯の健康志向が進行中!”自分定食”を組み立てるのがコツ

→過去の【美のプロが愛するコンビニ飯】を読みたい方はこちら

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事