高野豆腐ダイエットの効果とやり方は?「即やせパウダー」のレシピ&活用法も紹介!

痩せたいけれど、食事は我慢したくない。そんなわがままダイエッターにぴったりの“魔法の粉”があるとか。

「即やせパウダー」

肥満治療の名医が考案 たった2週間で内臓脂肪が落ちる高野豆腐ダイエット

“魔法の粉”の正体は『たった2週間で内臓脂肪が落ちる 高野豆腐ダイエット』(アスコム)で紹介されている「即やせパウダー」。著者で医師の土田隆さんが自身のダイエット経験から、高野豆腐の効果に注目し考案したもの。

同書では40〜60代の男女を対象として「即やせパウダー」の体験報告も行っており、食事に取り入れた人の中には、2週間で2.5kg、3週間で3.8kgの減量に成功した人もいた。

では、なぜこの「即やせパウダー」はダイエットに有効なのか。まずは、土田さんが最強のダイエットフードと語る理由を解説する。

* * *

高野豆腐がダイエットにいい理由とその効果

高野豆腐

写真/Getty Images

【1】豊富なたんぱく質が筋肉を作り、リバウンドを防ぐ

筋肉を作るのはたんぱく質。筋肉が落ちれば基礎代謝が下がり、脂肪が燃焼しにくくなるため、過度な食事制限や単品ダイエットなど、筋肉を落としてしまうダイエットはNG。その点、高野豆腐は成分の約半分が植物性のたんぱく質で、100g中の含有量は49.4g。これは同じ大豆食品の木綿豆腐に比べて、約7倍の数値となる。

【2】内臓脂肪と中性脂肪をダブルで抑制

血中の中性脂肪は体を動かすための重要なエネルギー源だが、過剰になると内臓脂肪へ変化する。その内臓脂肪は、中年期以降で増えるぽっこりお腹の原因に。

高野豆腐に含まれるβ(ベータ)-コングリニシンには内臓脂肪を燃焼させる作用があり、善玉ホルモン「アディポネクチン」(通称:痩せホルモン)を増加させる。また、レジスタントタンパクという成分には、血中の中性脂肪と悪玉コレステロールを抑制する働きがある。つまり、すでについてしまった内臓脂肪を燃焼させ、その原因となる中性脂肪を抑制するダブルの効果が期待できる。

【3】整腸、脳の活性化、美容など健康効果が満載

高野豆腐の効能は、ダイエットだけではない。内臓脂肪や中性脂肪の減少・抑制は、さまざまな生活習慣病の予防につながり、食物繊維による便秘の解消や大豆イソフラボンによる更年期障害の症状の軽減、レシチンによる脳の活性化・認知症予防、美肌効果、老化予防など、多くの健康効果が期待できる。

「即やせパウダー」4つの材料

「即やせパウダー」にダイエット効果が期待できるのは、高野豆腐をはじめとする4つの食材にダイエットパワーがあるから。そこで、それぞれのメリットを紹介する。

■粉豆腐(高野豆腐パウダー)
[筋肉維持・増強][内臓脂肪燃焼][中性脂肪抑制]

高野豆腐の栄養素はそのままに、料理に取り入れやすいようパウダー化した商品。豊富なたんぱく質が筋肉を維持・増強してリバウンドを回避するうえに、内臓脂肪や中性脂肪を減らす効果が期待できる。

■かつおぶし
[だし効果][食欲の抑制][脂肪燃焼促進]

うま味成分「イノシン酸」のだし効果により、「即やせパウダー」をさまざまな料理に取り入れやすくなる。また、「イノシン酸」の持つ体の新陳代謝を高める働きや、「ヒスチジン」という成分による食欲の抑制や脂肪燃焼促進作用など、ダイエット効果が注目され始めている。

■干ししいたけ
[カルシウムの吸収][糖・脂質の代謝]

しいたけの栄養素をギュッと凝縮。豊富なビタミンDには、粉豆腐に含まれるカルシウムの吸収を高める作用がある。また、糖や脂質の代謝に関わるビタミンB1、B2も含まれている。

■とうがらし
[脂肪燃焼促進]

辛味成分の「カプサイシン」を摂ると、代謝が向上して脂肪が燃焼しやすい状態になる。また、脂肪を燃やして熱を作る褐色脂肪細胞を活性化させる作用もあると言われている。

高野豆腐の「即やせパウダー」レシピ

「即やせパウダー」こんもり大さじ1

粉豆腐(高野豆腐パウダー)以外に3つの材料を用意したら、たった5分で作ることができる「即やせパウダー」。大さじこんもり3杯(高野豆腐1枚分・16.5g)を1日に食べる目安として、約10日分のレシピを紹介する。

《材料》(約10日分)
粉豆腐…170g、かつおぶし…20g、干ししいたけ…10g、とうがらし…3本

《下準備》
・粉豆腐が手に入らない場合は、ミキサーやおろし金で高野豆腐を粉状にしておく

《作り方》

「即やせパウダー」の作り方1

【1】かつおぶしを電子レンジにかける
かつおぶしを耐熱容器に広げて電子レンジ(600w)で1分加熱し、手で軽くほぐす。手でほぐせないようなら、必要に応じて再度加熱する。

「即やせパウダー」の作り方2-1

「即やせパウダー」の作り方2-2

【2】とうがらし、かつおぶし、干ししいたけをミキサーでパウダーに
ミキサーに【1】ととうがらし(種ごと)、干ししいたけを入れて細かくかくはんする。干ししいたけはあらかじめ手で細かく砕いておくと、かくはんしやすい。

「即やせパウダー」の作り方3

【3】粉豆腐と混ぜて完成
粉豆腐と【2】を混ぜる。密封容器や瓶などに入れて冷蔵庫で保存する。

「即やせパウダー」は乾燥しているので常温保存も可能とのことだけれど、冷蔵庫に入れて2週間以内に使い切るのが理想。

また、ミキサーがない場合やより手間を省きたい場合は、パウダータイプのかつおぶし、とうがらし(一味とうがらしなど)、干ししいたけを使うのも◎。それらが近所で手にはいらない場合は、ネットショップを活用するのも一手。

高野豆腐の「即やせパウダー」活用方法

1日の目安の大さじこんもり3杯は、1回にとっても、数回に分けて使ってもOK。また、3杯以上とっても問題ないので、積極的に食事に取り入れて。

「即やせパウダー」のスープ

【即やせパウダー活用法1】スープで手軽に飲む

「即やせパウダー」にはうま味たっぷりのかつおぶしや干ししいたけがはいっているから、だしの代わりに使うことができる。忙しいときはカップに適量のパウダーと水を入れて電子レンジ(600w)で2~3分加熱し、しょうゆや塩で味を整えるだけで、簡単スープができ上がり。

「即やせパウダー」のかさ増しアレンジ

【即やせパウダー活用法2】ご飯や麺をかさ増し

「即やせパウダー」を水と混ぜてレンジで加熱したものをご飯に混ぜて、かさ増しご飯に。糖質をカットしながらも、「即やせパウダー」のかさ増し効果で満腹感が得られる。活動量が減るため、体脂肪を溜め込みやすくなる夕食に取り入れるのがオススメ。

「即やせパウダー」を使った白菜しゅうまい

【即やせパウダー活用法3】肉と置き換えてカロリーオフ

「即やせパウダー」はロールキャベツやハンバーグなど、ひき肉を使った料理にぴったり。肉に「即やせパウダー」を混ぜたら、カロリーをオフしながらも栄養をプラスできる。

【即やせパウダー活用法4】小麦粉と置き換えて糖質オフ

お好み焼きやチヂミなどの粉物は、小麦粉の代わりに「即やせパウダー」を使用することで、気になる糖質をオフ。小麦粉ゼロのお好み焼きを作ったり、天ぷら粉代わりに活用を。

【即やせパウダー活用法5】とろみをつけて満腹感アップ

いつもの汁物も、大さじ1程度の「即やせパウダー」をプラスすることで適度なとろみがついて、満腹感が増し、食べすぎを抑えることができる。あんかけなどを作るときも片栗粉の代わりに「即やせパウダー」を使えば糖質オフに。

高野豆腐パンのサンドイッチ

【即やせパウダー活用法6】高野豆腐と組み合わせて効率よくダイエット

「即やせパウダー」と固形の高野豆腐を使った料理なら、低糖質で満足感の高い食事ができる。「即やせパウダー」を食べる量の目安、高野豆腐1日1枚をすぐ達成できるので、ダイエットの効率もアップ。

作るのも食事に取り入れるのも簡単な高野豆腐の「即やせパウダー」を、まずは2週間試してみては?

【データ】
アスコム『たった2週間で内臓脂肪が落ちる 高野豆腐ダイエット』
著者:土田隆
価格:1404円(税込)

●痩せるレシピが進化!236万部突破の「やせおか」ガッツリ部門BEST5
●ダイエットの味方!味もボリュームも満足できるヘルシースナック12選
●おからパウダー&豆腐で作るヘルシースイーツ「ガトーフショコラ」【市橋有里の美レシピ】
●注目の「おからヨーグルト」!おからパウダー使った簡単な作り方とそのダイエット効果は?
●3週間で-10kgも!【おからパウダー活用法】話題のおからコーヒーダイエットからヘルシーレシピまで

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事