メガネに似合うメイク|チークの入れ方で血色アップと小顔効果も【山本浩未さんのメイクのメ】

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は山本さんが、メガネメイクにぴったり、自然な血色とツヤをプラスしてくれるアイラインを教えてくれました。

* * *

ヘア&メイク・アーティストの山本浩未さん

「メガネメイクはチークであか抜け!」

今、若い人たちの間でメガネが流行っています。安くてかわいい伊達メガネもたくさんあって、私もファッションに合わせたりして楽しんでいます。「メガネはすっぴん隠し」、「メガネをかければノーメイクでOK」と思っている人も多いかもしれませんが、最近のメガネはおしゃれアイテム。顔立ちが間延びしたり、たるんできたりする大人にとっても強い味方ですよ! かけるときは、メイクにちょっと気をつけるとグッとあか抜けます。

メガネメイクに大事なのはチーク。私たち世代は「チークは頰骨に沿ってライン状に入れる」と思い込みがちですが、大人の顔は下に間延びしてくるので、チークを少し広く扇状に入れるとバランスがよくなります。

ブラシにチークを取ったら、黒目の下と小鼻の横の延長線が交わるところからスタート。ここからこめかみに向かって斜め上、耳に向かって真横、エラに向かって斜め下と、三方向に向かって扇状に広げます。最後にそのままの何もついていないブラシでスタートポイントを中心にグルグルと円を描き、3本のラインをなじませます。つまり、骨格に沿わせるチークというより、血色をアップさせるイメージです。

メガネで堅い印象になりがちだから、チークで血色をアップ

おすすめのチークは、エスティ ローダーの『ピュア カラー エンヴィ ブラッシュ+ハイライター デュオ』。チークとハイライトがセットになっていて、チークを入れた後ハイライトでグルグルッと円を描くと、すごくなじんで立体的に仕上がります。

メガネをかけると堅い印象になりがちですが、チークで血色をアップさせることで、柔らかさもプラスされます。顔立ちがキュッと引き締まって、小顔に見える効果も。メガネって大人をスッキリバランスよく見せてくれるから、使わなきゃ損! ぜひ“すっぴん隠し”ではなく、おしゃれアイテムとして取り入れてみてください!

自然な血色感とツヤをプラス。立体感のある顔立ちに

ピュア カラー エンヴィ ブラッシュ+ハイライター デュオ 03

チークと、マッチするハイライターのセット。浩未さんのおすすめは血色感がしっかり出るコーラル系。ピュア カラー エンヴィ ブラッシュ+ハイライター デュオ 03 6048円/エスティ ローダー 電話:0570-003-770

※女性セブン2019年6月6日号

山本浩未(やまもとひろみ)

ヘア&メイク・アーティスト。1964年生まれ。今すぐ実践できるメイクテクニックと親しみやすいキャラクターで、同世代からの支持も厚い。最新刊『同窓会で二番目にキレイになるには…』(小学館)も好評。

●”13秒に1本”の人気!SHISEIDOの美容液「アルティミューン」がパワーアップ
●夏にぴったりのスキンケアが続々!「ベアミネラル」の新作を【新製品レポ】
●業界初のカラーファンデ!ポーラの新ブランド「ディエム クルール」を【新製品レポ】
●顔立ちを引き立てる”水ツヤ肌”に。「ルナソル」の新スキンケア【新製品レポ】
●最高にハッピーな気分に!「ゲラン」からピンク×ハートの春コレクション

→【メイクのメ】の過去の連載を読みたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事