注目のダイエットフードで満足感&甘いものへの欲求を叶える「スイートチリ丼」【市橋有里の美レシピ】

気がつけば、夏本番はもうすぐそこ。いよいよダイエットにも気合いが入り、「夏までにマイナス何kg!」と目標を掲げ、ダイエットに勤しんでいる人も多いはず。

「スイートチリ丼」を持つ市橋有里

そこで、「マラソン界のシンデレラ」と呼ばれた最強美人ランナー市橋有里(いちはし・あり)さんが、ヘルシーなのに食べごたえ抜群のダイエット応援メニューを伝授! 絶賛ダイエットラストスパート中のライターFが徹底レポートします。

大満足の食べごたえ!お腹も心も満たしてくれるダイエットレシピ

スイートチリ丼

――具材がたっぷりで、見るからに食べごたえがありそうですね!

有里:はい。 プリプリのえびをはじめ、カリフラワーにブロッコリー、マッシュルームなどの食感を楽しみながら食べていくうちに、お腹も心も満たされますよ。

――ダイエット中は、あっさりしたメニューが多くなりがちなので、スイートチリっていうのもうれしいです。

有里:そうですね。スイートチリは甘いですけど、ケーキやチョコレートなどのスイーツを食べてしまうのに比べたら、断然ヘルシー。食事の中で糖分を摂ることで、甘いものに対する欲求を満たせたらいいですよね。

――確かに、スイートチリ丼を食べられると思えば、お菓子をガマンできるかも。楽しみです!

《材料》(2人分)

スイートチリ丼の材料

えび…10尾 カリフラワー…1/4個 ブロッコリー…1/4個 マッシュルーム…6個 くるみ…少々 スプラウト…1/2パック ごま油…大さじ2 スイートチリソース…適量 玄米…1パック(パックタイプを使用。炊いてもOK)

《作り方》

【1】 カリフラワー、ブロッコリーは、小房に分けてサッと茹でておく。

カリフラワーを鍋で茹でている

【2】 フライパンにごま油を入れて熱し、えび(背わたを取る)、マッシュルーム、【1】を入れて炒める。全体に火が通ったら、好みの濃さのスイートチリソースをまわしかけ、サッと炒める。くるみは、スイートチリソースを入れる前に軽く炒めるか、盛り付けるときに上からぱらぱらとふりかけるか、お好みで。

エビの背わたをとっているところ

スイートチリ丼を調理している様子

【3】 器に玄米をよそって、【2】をのせ、スプラウトを散らす。

注目のダイエットフード「カリフラワー」の人気の秘密

――カリフラワーは最近、ダイエットフードとして人気らしいですね。

有里:そうですね。これまでカリフラワーにはあまりなじみがなかったかたも多いと思いますが、ニューヨークなど海外での高い人気を受けて、最近は日本でもダイエットフードとして認識されるようになってきています。

――どうしてそんなに人気なんですか?

有里:理由はいくつかあるのですが、まず、カリフラワーには、糖質をエネルギーに変える働きを促すビタミンB1、脂質をエネルギーに変える働きを促すビタミンB2、そして食物繊維など、ダイエットに効果的な栄養素が豊富に含まれています。

カリフラワーをゆでているところ

――すごい! 糖質、脂質の燃焼を促して、さらにデトックス効果も期待できるということですか?

有里:その通り。それに、カリフラワーは低カロリーで味にクセがないので、炭水化物の代わりにしたり、ハンバーグやフライにしたり、さまざまなヘルシーメニューにアレンジしやすいという魅力もあります。

――なるほど! ダイエットフードとして人気が高いのも納得です。

有里:今回のレシピでは、大きめに切って、サッと茹でたカリフラワーやブロッコリーをゴロゴロ加えることによって、一般的なえびチリ丼を作るよりも、ずっとヘルシーに仕上げています。

調理の際には、茹で時間を短くして食感を残すことがポイントですよ。

スイートチリ丼を調理している様子

――コリコリした歯ざわりが楽しいですし、食感があった方が満足感もアップしていいですね。

有里:はい。現役の頃、ニュージランド合宿で食べた丼のカリフラワーやブロッコリーが、ほぼ生で出てきたのが衝撃的だったのですが、スイートチリの味と絶妙に合っていて、とてもおいしかったのを覚えています。

カリフラワーは生でも食べられる野菜ですし、茹ですぎないように気をつけてくださいね。

――はい、気をつけます!

ブロッコリーとカリフラワーの相乗効果でダイエットに追い風!

ブロッコリーをゆでているところ

――カリフラワーとブロッコリーって似ていますけど、ブロッコリーにも同じようなダイエット効果が期待できるのでしょうか?

有里:どちらも同じアブラナ科の植物で、ビタミンを豊富に含み、味にクセがない点などは共通していますが、ブロッコリーの方が、美肌効果のあるビタミンCをより多く含んでいます。でもその反面、ブロッコリーの方がビタミンCが水に溶けやすいという特徴もありますね。

――ブロッコリーも茹ですぎないのがポイントですね。

有里:その通りです。カリフラワーとはまた違うブロッコリーの食感も楽しんでほしいですし、鮮やかな緑色が加わることで、丼がよりおいしそうに見えますしね。

スイートチリ丼

――彩りも大切ですよね。

有里:今回は玄米を使って丼にしましたが、ゴロゴロ野菜の歯ごたえがあるので、玄米なしで、おかずとしても満足感を得られると思います。

――スイートチリソースが食欲をそそって、これからの季節にもよさそうですね。

有里:そうですね。夏場の食欲のないときにもおすすめです。

チリソース

――おいしくて満足感があって、これならダイエットメニューを食べているという感覚がないまま、自然にカロリーダウンできそう。

有里:さまざまな具材の食感とスイートチリの甘辛い味わいを楽しみながら、栄養補給もデトックス効果も期待できるレシピですので、ぜひ作ってみてくださいね。

――有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございます!

有里:こちらこそ! ダイエット中の「甘いものが食べたい」「ガッツリ食べたい」という誘惑に負けそうなとき、ダイエットフードで作るヘルシーなスイートチリ丼は “アリ”だと思います!

スイートチリ丼を調理している様子

* * *

夏までに理想のスタイルを手に入れるには、今が最後のチャンス! お腹はもちろん、甘いものを食べたい気持ちまで満たしてくれるパーフェクトなダイエットメニューで、ラストスパートを駆け抜けましょう。

レシピ考案:市橋有里

市橋有里

いちはし・あり。1977年11月22日、徳島県生まれ。アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。2000年、シドニーオリンピック日本代表。「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをしたり、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

●糖質制限中の代用ご飯|我慢なし!カリフラワーライス、キャベツライスなど3種を紹介
●カリフラワーとブロッコリーの栄養の違いは?美に効くレシピも5つ紹介
●糖質は白いご飯の1/24!時短にもなるカリフラワーライスを【実食レポ】
●【夏野菜カレー】カリフラワーの食感が楽しい「ホワイトカレー」でデトックス
●【ライザップ式オススメ食材】ボディメイク最強食材「ブロッコリー」の正しい食べ方

【市橋有里の美レシピ】その他のメニューはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事