「30%の確率で死」ウーピー・ゴールドバーグが明かした近況

『ゴースト/ニューヨークの幻』や『天使にラブソングを』など、名作映画にも多く出演する女優、ウーピー・ゴールドバーグが、衝撃の近況を明かした。

ウーピー・ゴールドバーグ

衝撃の事実を明かしたウーピー・ゴールドバーグ

自身がホストを務めるトーク番組『The View(ザ・ビュー)』を今年2月から1か月ほど休んでいたウーピー。以前には両側性肺炎と敗血症で「死にかけていた」と告げていたこともあるのだが、そんななか『The View』の5月20日放送回に内科医のホルヘ・ロドリゲスと呼吸器科医のマーティン・グリーンバーグが出演。当時のウーピーの容態について説明する場面があった。

そこでロドリゲス医師は「彼女は苦しそうにあえいでいました。呼吸ができなかったのです」と伝えたほか、「歯ぎしりをしており、自分でコントロールできない震えも。明らかにひどい容態でした」と深刻な状況だったことを伝えた。そして、グリーンバーグ医師が「30%の確率で死ぬ可能性がありました」と話したのだ。

当のウーピーは、肺炎がいかにひどい病気なのか身に染みた様子。「“何でも耐えられる”という考えが、私の問題点だったわ。風邪をひいても、何もしない。ただ自力で直そうとするだけだった」としたうえで、「でも、そんなことをしていてはダメなの。診察も何もせずにいたら、死ぬことになる。“気分が優れないから、医者に行く”というのは、普通のことよ。みんなもっとしっかり考えるべき。死ぬよりも生きていたいでしょ?」と世間へ訴えた。

ウーピーは幅広いサイズ展開をするファッションブランド「Dubgee」の立ち上げを発表したばかり。このとき「今までしてきたことと同じく今回も真剣ね」と語っており、また1つ仕事が増えたことで多忙を極めていたのは明白だ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#DUBGEE Going on sale May 15th

WhoopiGoldbergさん(@whoopigoldberg)がシェアした投稿 –

九死に一生を得たウーピーは、今回のことをきっかけに自身の体と向き合い、多忙なスケジュールを改めたそう。自分の体のことを第一に考え、無理はしない。これが健康&ダイエットを考えるときの基本と言えそうだ。

提供/Bangshowbiz

●脂肪吸引手術が原因!?ヒップホップ歌手が体調不良で休業
●ジェニファー・ロペス、胸の谷間見せドレスの秘密を明かす
●身長153cmのアリアナ・グランデ 日本での人気やアルバム秘話、七輪タトゥーなど魅力解剖
●カイリー・ジェンナーが最年少億万長者に!資産は1000億円
●誰でもすぐできる!海外セレブ実践の“大人ニキビ対策法”

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事