ブリトニー告白、メンタル施設入りは「父による強制」

アメリカのポップシンガー、ブリトニー・スピアーズが、自身のメンタル施設入りについて衝撃告白――。

ブリトニー・スピアーズ

施設入りについて語ったブリトニー・スピアーズ

ブリトニーは、ロサンゼルスにある療養施設に30日間滞在したあと、4月25日に退所した。当初は施設にはいることとなった原因を、「昨年大腸破裂を起こし2度の手術を受けた(実父の)ジェイミー(スピアーズ)の健康状態を懸念したことによる衰弱」としていた。

しかし、ゴシップサイト「TMZ」は、ブリトニーは現地時間5月10日、裁判所にて「ジェイミーが自分を管理していた」「薬を服用するかどうかもジェイミーが決めていた」「施設入りも矯正された」と明かしたことを報じ、暗に「施設の門をブリトニー自身が叩いたわけではない」ことを示した。ちなみに、成年後見制度のもとでジェイミーは、「ブリトニーの意志に反するようなことを強要したり、処方薬を飲ませたりする権限はない」となっている。

成年後見制度のもとでジェイミーによる管理が今後も必要かどうか、過去11年にわたって続いていた審査には、ブリトニーとジェイミーのほか母のリンらも出席し行われた。エンタメサイト「E!」によると、上記の審問で判事は「ブリトニーは専門家による診断が必要」と判断。それを受けての公判が9月18日に行われることとなった。一方、ブリトニー側はジェイミーによる成年後見制度を終えるか、続けるとしても拘束の緩和を訴えているそうだ。

審問が行われたロサンゼルスの裁判所の外では、「ブリトニーに自由を」と書かれたポスターを掲げ、抗議をする人々が多数集まっていたという。マイリー・サイラスは、自身のコンサートにて、『パーティー・イン・ザ・USA』の最中に「フリー・ブリトニー!」と叫び、話題を呼んでいた。

その後には、ブリトニーの引退を示唆する報道もあった。長年ブリトニーに付き添うマネジャー、ラリー・ルドルフの発言によるもので原因は上記の問題。彼女がステージ復帰するかどうかについては、「近い将来はおろか、2度とないかもしれません」と告げた。暗雲立ち込めるブリトニーの未来。完全復帰する日はいつか?

提供/Bangshowbiz

●ジェニファー・ロペス、胸の谷間見せドレスの秘密を明かす
●レディー・ガガ、下着姿に!“ストリップ”で会場のド肝抜く
●身長153cmのアリアナ・グランデ 日本での人気やアルバム秘話、七輪タトゥーなど魅力解剖
●カイリー・ジェンナーが最年少億万長者に!資産は1000億円
●誰でもすぐできる!海外セレブ実践の“大人ニキビ対策法”

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事