“食べる美容液”でツヤ肌に!おだしが香るヘルシー「和カモレ」【市橋有里の美レシピ】

季節の変わり目は、何かと肌トラブルが起こりがち。特に初夏は紫外線が強いだけでなく、空気が乾燥していたり、気温が高くて汗ばんだりと、肌トラブルの原因となる要素がたくさん!

「和カモレ」を持つ市橋有里

そこで、「マラソン界のシンデレラ」と呼ばれた最強美人ランナー市橋有里(いちはし・あり)さんに、肌にうれしい栄養をたっぷりチャージできる、とっておきの美肌レシピを伝授してもらうことに。

季節の変わり目は、肌の乾燥とベタつきの両方に悩まされがちなライターFが徹底レポートします。

女性にうれしい栄養の宝庫!アボカドのアレンジレシピ

和カモレ

――アボカドは好きなので、よく食べています。でも、サラダやパンにそのままのせて食べることが多くて、あまりアレンジはしないかも。

有里:アボカドは、シンプルに食べても充分おいしいですよね。でも今回は、メキシコでとてもポピュラーな「ワカモレ」を和風にアレンジしたレシピをご紹介したいと思います。

――メキシコ料理を和風に? おもしろそうですね。ワカモレとは、どんな料理なのですか?

有里:ワカモレは、メキシコ料理のサルサの1つで、アボカドやトマト、玉ねぎなどがはいったペーストのことです。トルティーヤやバゲットなどにディップして食べるのが一般的ですけど、その味付けも食べ方もいろいろ楽しめるので、おすすめですよ!

――おいしそう! 和風のアレンジも楽しみです。

《材料》(2人分)

まな板にのった和カモレの材料

アボカド…1個 赤玉ねぎ…1/8個 サーモン…100g 小ねぎ…大さじ1.5 白だし…大さじ1.5 レモン汁…適量 塩、こしょう、オリーブオイル、くるみ(お好みで)

《作り方》

【1】 赤玉ねぎはみじん切り、サーモンは1cm角に切り、小ねぎは小口切りにしておく。サーモンに塩こしょうをして下味をつける。

玉ねぎをみじん切りにしている様子

塩をふったサーモン

【2】 半分に切ったアボカドの種を取り、皮をむいてレモン汁をまわしかけ、ザク切りにする。

アボカドを包丁でカットしている

切ったアボカドを皿にのせるところ

【3】 ボウルに【1】【2】を入れて、白だし、オリーブオイルで味をととのえる。

ビタミンもミネラルもたっぷり!アボカドの高い美容効果

半分にカットしたアボカド

――アボカドは、とても栄養価が高い食材なんですよね?

有里:はい。「世界一栄養価の高い食材」としてギネスにも認定されているほどで、 「食べる美容液」とも言われていますね。

――食べる美容液!? それを聞いたら、美肌効果への期待がますます高まりますね。

有里:そうですね。アボカドには、強力な抗酸化作用で肌の老化を防ぐ働きがあるビタミンEや、肌にハリを与えるコラーゲンの生成を促すビタミンCなど、美肌に重要なビタミンが豊富に含まれているので、美肌効果は大いに期待できます。

アボカドにレモンをかけてる様子

――老化を防いで肌にハリを与えてくれるなんて、すばらしい食材ですね!

有里:そうですね。でもアボカドで期待できる効果効能はそれだけではなくて、皮膚や粘膜を健康に保つ効果のあるビタミンAや、疲労回復や糖質の代謝を促すビタミンB1、脂肪の代謝を促すビタミンB2、さらに、カリウムやマグネシウム、カルシウム、鉄分や亜鉛といったミネラルまで豊富に含まれているんですよ。

――本当にすごい栄養素のラインナップ! 美容液やサプリも顔負けですね。

おだしをきかせてヘルシーに!くるみを混ぜれば美肌効果&食感もプラス

和カモレに白だしをかけている

――アボカドにしょうゆやわさびを合わせて食べることはありますけど、白だしは初めての組み合わせです。

有里:確かに新鮮な組み合わせですよね。私も現役の頃からアボカドは大好きで、海外でも手にはいりやすいこともあって、海外合宿時もよく料理に使っていました。

海外にいると和の味が恋しくなるので、当時はよくしょうゆで味付けしていたのですが、最近は薄味好みになってきたのか、白だしをきかせた料理がお気に入りです。

市橋有里が和カモレを作っている様子

――なるほど。アボカドって、何にでも合わせやすいイメージはありましたけど、白だしともこんなに相性がいいなんて驚きました。

有里:シンプルだけど、あとを引くおいしさですよね。アボカドは栄養価が高い分カロリーも高めなので、白だしやオリーブオイル、レモン汁などで味をととのえるレシピは、ドレッシングやマヨネーズなどを使うよりカロリーも抑えられていいと思います。

――やっぱり、カロリーも気になりますからね。

有里:カロリーや塩分は控えながらも、うま味はしっかり感じられるのは魅力的ですよね。

和カモレの材料が器にはいっている

――それに、サーモン、トマト、赤玉ねぎ…、いろいろな食材の味と食感を楽しめるのもいいですね。

有里:今回は、アボカドと相性抜群で私自身も大好きなサーモンと、美肌効果が望める食材を使ってみました。今日は登場させませんでしたが、くるみもビタミンやミネラルが豊富なので、美肌に効果的な栄養がアップしますし、食感のアクセントにもなりますよ。

――その日の気分や不足している栄養などによって、加える食材をいろいろ変えてもよさそうですね。

市橋有里が考案した、美肌に効くアレンジレシピ「和カモレ」

有里:もちろん! 和カモレはそれ自体の味や具材もアレンジしやすいですし、和カモレにしてからも、トーストにサンドしたり、鶏ささみと和えたり、いろいろな食べ方を楽しめますよ。

――なるほど! 和カモレのおいしさを知って、ますますアボカドが好きになりました。有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございます!

有里:こちらこそ。 そのまま食べてもおいしくて栄養価の高いアボカドなので、ほしい栄養はプラスしつつ、余分なカロリーはカットして楽しめたらいいですね。おだしの優しい味わいで、肌にしっかり栄養をチャージしてくれる「和カモレ」、“アリ”だと思います。

お皿に盛り付けられた和カモレ

* * *

末端器官である肌を健やかに保つには、栄養をしっかり摂って、しっかり届けるのがマスト。美容液などで外から栄養を補うのもいいけれど、食べたものが体を作ることを意識して、「食べるスキンケア」も取り入れていきたいですね。

市橋有里

レシピ考案:市橋有里

いちはし・あり。1977年11月22日、徳島県生まれ。アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。2000年、シドニーオリンピック日本代表。「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをしたり、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

●堀田茜さん、小腹が空いたときは「アボカド+しょうゆ」、豆腐などを上手に活用【美痩せインタビュー】
●簡単な腸活レシピ6品|さば缶、アボガド、キムチなど使った逸品
●美髪にはアボカドが◎!ヴィクシーモデルが秘訣を公開
●【痩せレシピ】ダイエット&夏バテ解消に役立つ「サーモンアボカドもやしレモンの生春巻き」
●キャベツで肌荒れを解消して美肌に!その効果と毎日食べて結果を出す方法

【市橋有里の美レシピ】その他のメニューはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事