【美のプロが愛するコンビニ飯】セブン-イレブンの『ロールケーキ』やローソンの『塩にぎり』で食べすぎ阻止!

仕事や家事に疲れて、ついつい甘いものに手が伸びてしまう人は、1人前の容量で売られているものが多いコンビニフードを利用するのも1つの手。今回は、テレビなどメディアにも引っ張りだこのメイクアップアーティストに、お気に入りのコンビニフードを聞いてみた。

ローソンのカフェインレス カフェラテ(M)とセブン−イレブンの北海道産クリームのふんわりロールケーキとナチュラルローソンのあんこギッフェリとセブン−イレブンの香ばしみたらし焼団子と味付き半熟しゆでたまご(2個入り)とローソンの新潟コシヒカリおにぎり 塩にぎり

集中力が必要な仕事柄、甘いものやコーヒーなどをよく買うというメイクアップアーティストの長井かおりさん。化学調味料や合成添加物などが使われていないもの、少ないものを選ぶよう心がけているという。

「できるだけ、ナチュラルなものを取り入れたいので、ナチュラルローソンを利用することが多く、化学調味料や合成添加物の不使用に取り組んでいる点で、セブン-イレブンもよくチェックします。買うものは、カットフルーツやバナナ、ナッツ類、スムージーなどの100%ジュース、納豆などが定番。でもおいしいものは心が満たされるので、スイーツやおにぎりも買いますが、それこそコンビニなら1人分で抑えられるので、食べすぎを防ぐには好都合!」(長井さん・以下同)

『カフェインレス カフェラテ(M)』(ローソン)

ローソンのカフェインレス カフェラテ(M)

『カフェインレス カフェラテ(M)』(ローソン)200円(税込)

●たまのカフェイン抜きも美肌のため
カフェインを97%カットしたコロンビア産アラビカ豆を使用。Mサイズのみの販売で、1杯90kcal。カフェインは利尿作用があることから、必要なビタミンやミネラルまで排出してしまい、間接的に、肌荒れの原因になるとも言われていることから、最近ではカフェインレスのコーヒーを置くカフェも増えてきている。

「コンビニコーヒーはどこも主力商品としてのこだわりがあり、おいしいのでよく買います。手軽で時短なのに、カフェに引けを取らないレベル。カフェインはいい面もあるので、よくコーヒーを飲みますが、肌荒れ予防のために、たまにカフェインレスを飲みます」

『北海道産クリームのふんわりロールケーキ』(セブン-イレブン)

セブン−イレブンの北海道産クリームのふんわりロールケーキ

『北海道産クリームのふんわりロールケーキ』(セブン-イレブン)170円(税込)

●本格派なのに低カロリーで低価格!
スポンジ生地はよりふんわり感がアップし、濃厚なカスタードクリームとホイップクリームがたっぷり。卵の風味豊かなスポンジ生地と口どけなめらかなホイップクリームの本格的な味わいが楽しめる。しかも1つ210kcalと、意外にも低カロリー。

「ケーキ=太ると、罪悪感を持って食べたくないので、カロリー面でも添加物の面でも罪悪感がないセブン-イレブンのロールケーキはお気に入りです。食べたあとも、嫌な胃もたれ感もなく、むしろ”おいしかった~”と幸せな気分になれます」

『あんこギッフェリ』(ナチュラルローソン)

ナチュラルローソンのあんこギッフェリ

『あんこギッフェリ』(ナチュラルローソン)173円(税込)

●意外とカロリー控えめな絶品パン
店内で焼いているナチュラルローソンのパンの中でも看板メニューと言われている。香ばしいクロワッサンに甘さ控えめの粒あんがぎっしりはいっていて、表面にはけしの実がトッピングされている。1つ277kcal。

「とにかくできたてが絶品。モチモチとした食感のパンとあんこの相性がぴったりで、意外とカロリーも高すぎないのもありがたいです。“ナチュラルローソンで売っている”というのもあって、ヘルシーなものを食べているという気持ちになれます(笑い)」

『香ばしみたらし焼団子』(セブン-イレブン)

セブン−イレブンの香ばしみたらし焼団子

『香ばしみたらし焼団子』(セブン-イレブン)138円(税込)

●和菓子というだけで罪悪感半減
たっぷりのしょうゆのタレに、じっくり焼き上げ、香ばしさが味わえる団子が浸かっている。1カップ5個入りで、173kcalと、200kcalを切るのもダイエッターにはうれしいポイント。

「小腹が充たせる甘味として鉄板。国産の上新粉で作られた団子に、砂糖やしょうゆ、みりん、だしなどで作られたみたらしがたっぷり。添加物も少なく、カロリーも控えめ。食べすぎにならない5個入りというのもちょうどいい!」

『味付き半熟ゆでたまご(2個入り)』(セブン-イレブン)

セブン−イレブンの味付き半熟しゆでたまご(2 個入り)

『味付き半熟しゆでたまご(2個入り)』(セブン-イレブン)146 円(税込)

●栄養の帳尻を合わせる神食材
飼料にハーブ類を配合してできた、うま味・コク・後味にこだわった卵を使用。『伯方の塩』でほどよく味付けされ、黄身は半熟になっている。1個当たり64kcal。 “完全栄養食”と言われる卵は、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素をすべて網羅していると言われるほど栄養価がハイスペック。ダイエット中でもおすすめの食材だ。

「仕事柄、ロケ弁など、お弁当を食べる機会が多く、あと1品、栄養バランスのいいものをプラスしたいときによく買うのがゆで卵。シンプルで、塩加減も最高です。お肌のためにも高たんぱくなゆで卵は、積極的にとりたい1品」

『新潟コシヒカリおにぎり 塩にぎり』(ローソン)

ローソンの新潟コシヒカリおにぎり 塩にぎり

『新潟コシヒカリおにぎり 塩にぎり』(ローソン)100円(税込)

●1つで満足できるちょうどいい大きさ
新潟コシヒカリ米のおいしさを存分に楽しめる、具なし・海苔なしの素朴な塩にぎり。塩は瀬戸備前にがり塩を使用。1つ198kcalと、200kcalを切るのもうれしい。各コンビニに塩にぎりがあるが、ローソンは120gとやや大きめになっている。

「朝一でも心地よく食べることができる、シンプルな味。ローソンのは、少しモッチリ感があって、噛むほどにお米の甘みが感じられるので、食べ終わったあとの満足感も大きいです」

ヘア&メイクアップアーティスト:長井かおりさん

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん

女性誌を中心に幅広いジャンルで 活躍中。メイク企画に多数出演しており、わかりやすく、効果的なメイクテクニックに定評がある。著書のメイク本は累計20万部を突破する大ヒット。近著に『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』(講談社)がある。

撮影/黒石あみ

●【美のプロが愛するコンビニ飯】『ヨーグルト』や『ゆでたまご』など、積極的なたんぱく質摂 取で冷えを撃退! 
●【美のプロが愛するコンビニ飯】ファミマの『バターコーヒー』など糖質制限を意識した6品
●炭酸水でダイエット!食物繊維をインした「ナチュラル ビューティー スパークリング」を【実食レポ】
●コンビニ飯をヘルシーメニューにするための裏ワザ5選
●コンビニ飯の健康志向が進行中!”自分定食”を組み立てるのがコツ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事