5か月で10kg減の筋トレ女子が教える太もも痩せ筋トレ|ハムストリングスを鍛えてセルライト対策も

たるみやすい太もも裏。これを引き締めるためには、キツいトレーニングが必要?

ハムストリングスのイメージ画像

写真/Getty Images

やせるトレーニングのポイントは、引き締め効果の高い「やせ筋」を鍛えること。『はじめてのやせ筋トレ』(KADOKAWA)は、自身も筋トレを行い5か月で-10kgをかなえた、とがわ愛さんの著書。もともと運動嫌いでぽっちゃり体形だったという彼女が初心者でも簡単にトライできるトレーニングを紹介し、10万部を超える大ヒットとなっている。

はじめてのやせ筋トレ

同書によると、気になる太もも裏のセルライトも筋トレで改善できるとか。ボコボコの太ももを年齢のせいにしてあきらめている人は少なくないはず。そういう人こそ鍛えるべき「やせ筋」が「ハムストリングス」なのだそう。

ルーマニアンデッドリフトのイメージイラスト

イラスト/とがわ愛

「ハムストリングスとは、太ももの裏の筋肉。ここが衰えると、裏ももの血行が悪くなりセルライトがついて、全体的にだらしのない太ももになってしまうことに! 冷えの原因にもなってしまいます」(とがわさん)

効率的な簡単トレーニングで引き締まった太ももを目指して。

* * *

太もも痩せ筋トレ「ルーマニアンデッドリフト」のやり方

「ルーマニアンデッドリフト」のやり方1

脚は腰幅に開いて、胸は開いた状態で立つ

【1】手の甲が前を向くように、両手でダンベルを握る。

「ルーマニアンデッドリフト」のやり方2

ダンベルを太ももにそわせながら、少しずつおろしていく

【2】お尻を突き出しながら、ゆっくりダンベルをおろしていく。このとき、膝を曲げすぎないように注意。

「ルーマニアンデッドリフト」のやり方3

裏ももにビリビリと効いていることを意識して

【3】ダンベルを膝下くらいまでおろす。裏ももから膝裏にかけての筋肉が伸びて、ビリビリと刺激を感じたら、そこで1秒キープ。
【4】【2】の姿勢に戻って、これを繰り返す。2〜3分のインターバルをはさみ、10回×2セット行う。

【POINT】
「ルーマニアンデッドリフト」のポイント
体がやわらかい人は、膝を曲げすぎずに、深い位置までおろしてみて。裏ももがよく伸びているか確かめながら実践を。

裏ももから膝裏にかけて「こんなところにも筋肉があるんだ」と新鮮に感じるはずです。

撮影/生熊友博

【データ】
『はじめてのやせ筋トレ』(KADOKAWA)
著者:とがわ愛

●太もも痩せを効率的に目指す方法まとめ|ストレッチ&筋トレ5選
●著者も15kg減!『押したら、ヤセた。』で紹介の太ももを細くする”下半身痩せ”のスゴ技とは?
●セルライトを退治して美尻に!産後20kg減の本島彩帆里さんが教える【美圧マッサージ】
●【オバ記者連載98】セルライトと脂肪を撃退するグッズを発見!
●セルライト撃退!噂の「ハイパーナイフ」を週1ペースで【体当たりレポ】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事