日本初の腸活専門ジム『BurnesStyle(バーネススタイル)銀座』でキックボクシング!腸内環境改善と筋トレで痩せる【体験レポ】

ようやく暖かい春がきた!と喜んだのも束の間。春が過ぎたら夏がくる。その前にこのだらしない体をなんとかしなければ…。

BurnesStyleエントランス

そんな悩みを抱えているライターEのもとに、編集担当から「暗闇キックボクシングをやってみませんか?」と声がかかる。これ幸いとそのキックボクシングを体験するべく、日本初の美腸フィットネスプログラムが体験できるという『BurnesStyle(バーネススタイル)銀座』へと乗り込んだのだった。

* * *

ホットスタジオで行うキックボクシングも日本初

スタジオ入り口で、キックボクシングで鍛えたであろうムキムキな男性スタッフから、グローブとシューズを手渡される。キックボクシングはてっきり素足でやるものだと思っていたけれど、「BurnesStyle」では特殊なシューズを使用するんだそう。足の裏はもちろん、足首、足の甲をしっかりと固定してくれるシューズのおかげで、変に痛めることもなさそう。初心者からすると、これは大変ありがたい。

BurnesStyleのスタジオ

そして、スタジオには1から8までの数字がデザインされたサンドバッグが並んでいる。これは、「BurnesStyle」のコンテンツプロデューサーを務める元K-1世界王者の魔裟斗さんが、かつてオランダのジムでトレーニングをしたときに体験した練習方法を取り入れたものだそう。インストラクターが指示したナンバーをターゲットに、パンチやキックを繰り出すという。

「BurnesStyle」が提供するプログラムはすべて30分間。一般的なエクササイズのクラスより短いけれど、その分、効率的な構成になっているとか。また、レッスンの前後にマインドフルネスを取り入れていることも特徴で、オンオフを意識的に切り替えることにより、集中力アップが期待できるそう。

レッスンのスタートを待ち、数分、室内にいるだけで汗がじんわりとしてきた…。これは室温30℃のホット環境によるもの。実は、ホットスタジオでキックボクシングを行う、日本でここだけのメソッドも代謝アップのカギ。この状態で激しい運動をしたらどうなるのか…。運動は気が向いたときにラジオ体操をするだけというライターEは、一抹の不安を覚えながらも、初のキックボクシングに心踊らせながらプログラム開始を待つのだった。

「BurnesStyle銀座」腸活プログラムのダイエット効果

まず初めに、「BurnesStyle」PJリーダーの知念由純さんから今回体験するプログラム「BRO_MIX1 FLORA」の説明を受ける。

このプログラムは腸をゆらす、ひねる、回すという3つのポイントを軸に作られており、股関節を曲げる、伸ばす、開く、閉じる、回す、内側・外側にひねるという6の動きで腸腰筋(ちょうようきん)へアプローチするという。

「BurnesStyle」事業責任者の知念由純さん

「腸の構造上、腸自体を動かすことはできないのですが、その近くにある腸腰筋などのインナーマッスルを使うキックの動きにより、腸の活性化を狙うメソッドを取り入れています」(知念さん・以下同)

知念さんによると、大腸はお腹の中で四角を描くように位置していて、体の横に沿っている上行結腸と下行結腸は運動によって動かすことはできないそう。そのため美腸プログラムがウリの「BurnesStyle銀座」では、横行結腸、S状結腸を刺激する動きをメインにプログラムを組んでいる。

「腰を大きくひねってパンチやキックをします。このとき骨盤が壁の役割を果たすので、体の横側にある結腸を収縮させることができます」

ニーキックのデモストレーション

特に、太ももを腰の上までぐっと持ち上げるニーキック(ひざ蹴り)は、股関節を大きく動かすことで腸へ刺激を与える効果が期待できるそう。腸活に効果的なニーキックは、156回もプログラムに組み込まれているとか。

もちろん、キックボクシングの動き自体にもダイエットに◎な効果が。肩から大きく腕を動かすパンチは二の腕、背中の筋肉へアプローチし、キックも大臀筋など、下半身の大きな筋肉を使うのでヒップアップに効果的。

打つ、蹴る、跳ねる!全身運動を繰り返す30分間

魔裟斗さんによるデモストレーション

まずは魔裟斗さんがデモンストレーションとして、重低音を響かせながらサンドバッグにキック、パンチを叩き込んでいく。すごすぎる! ドス! バシン! 本気だ…。ここは本気のキックボクシングをするところだ…。

パンチやキックを繰り出す瞬間以外はずっと、軽く跳ねてリズムをとる。「バウンス」というこの動作により腸も揺れて刺激されるそう。これは、30分のレッスンの間に546回も行うことになるという。そして、魔裟斗さんのデモンストレーションが終わると、ついにライターEの番である。正直、不安しかないが、やるしかない!

緑色のレーザーが光るスタジオ

スタジオが暗くなり、アップテンポな音楽がかかると、緑色のレーザーがリングを囲うロープのように室内に張り巡らされていく。リングに立ったような錯覚に、テンションが上がる。

まずはサンドバッグ上方に向かってストレートパンチ。左手では1を、右手では2と、まっすぐにパンチを打つだけなのに意外と難しい。キックボクシング歴2年の編集担当は、私の隣で涼しい顔のままパンチを繰り出しているが、私はパンチを打ったあとのサンドバッグの跳ね返りでバランスを崩してしまう…。

トレーナーから指導を受けるライターE

続いて3、4の数字にはひじを肩と平行にして横からフックを打っていくのだけれど、見よう見まねでやるもテンポ感がつかめずサンドバッグにうまく当てることができない。すると、イケメンインストラクターがやってきて、カウントをとりながら隣でお手本を見せてくれる。そのとおりやってみると、今度はうまく当てることができた。「いいですね!」とイケメンに褒められて、単純だがモチベーションが上がる。

サンドバッグにキックをするライターE

5、6の数字はキックの位置。太ももの高さを狙うミドルキックは、腰を回転させてキックを打ち込むという。しかし私は、脚を振り上げた勢いで上半身がふらつき、バランスを崩してしまう…。体幹の弱さを実感し、情けない気分になりながらも、普段はあまり意識していなかった腹筋にしっかりと力を入れなければいけないので、これはウエストに効果があるかも…と折れそうな心に少し火がついた。

サンドバッグを抱えるように持ち、7、8に打ち込むニーキックは、バランスは崩しづらいものの、まず、思ったよりも脚が上がらないし、膝の内側で蹴るという動作がすごく難しい。しかし、ここであきらめるのも悔しいので、テンポが遅れながらも最後まで必死に脚を振り上げた。

プログラムの筋トレパート

途中、床に寝転んで胸の位置まで上げた脚を左右に動かす、腹筋とひねりを同時に行う筋トレもはさみつつ、ニーキックがメインのラスト2曲で、さらに腸腰筋にアプローチする。

156回のニーキックに腹筋も足もプルプルと震えつつ、ようやくプログラムが終わった。心拍数が上がって呼吸は乱れ、バケツの水でもかぶったかというほど汗だく…。もう、1歩も動きたくない!と、思わず座り込んでしまうほど体はボロボロだけれど、サンドバッグにパンチとキックを思い切り打ち込むことで日頃のストレスが発散されて、不思議と気分は爽快。

終盤はテンポがどんどん早くなり、不慣れなライターEはしっかりとついていくことはできなかったけれど、それでも楽しいと感じることができた。

* * *

30分のレッスンの中で、パンチは685回、キックは322回も行っているとか。そりゃあ、運動不足の私がクタクタになるのも仕方ないし、脱落せずに一応最後まで頑張った自分を褒めてあげたい。

魔裟斗

「今から週2程度で通っていただければ、夏までには理想の体に近づいていると思いますよ」という、納得せざるをえない魔裟斗さんの言葉を思い出して、真剣に入会を検討しようと思った。

腸内細菌検査で痩せやすさもチェック

「腸内フローラ検査サービス」の説明をするスタッフ

『BurnesStyle銀座』では、自分の腸内細菌のよし悪しを知ることができる「腸内フローラ検査サービス」も実施している。腸内にヤセ菌、デブ菌、筋肉をつけやすくする菌がどれだけいるのかを知り、その検査結果を基に、管理栄養士や腸内細菌検査アドバイザーから課題解決に向けたアドバイスも受けられるとのこと。運動による引き締めだけでなく、体の中から痩せる方法を知ることができるのは一石二鳥かも。

ライターEのように、普段あまり運動をしていない人には少しキツく感じるかもしれないけれど、やっていくうちに狙った位置に打ち込むことができるようになり、達成感があるし、イケメンの励ましはモチベーションアップにもつながるはず。また、短い時間でボディメイクしたい、体を動かすことが好きという人にもオススメ。

撮影/生熊友博、取材・文/榎本麻紀恵

【データ】
「BurnesStyle(バーネススタイル)銀座」
住所  :東京都中央区銀座6丁目4-6 646ビル B1
アクセス:東京メトロ「銀座駅」C3出口より徒歩2分
定休日 :水曜
営業時間:6:30~23:00、土・日・祝9:00~19:30
料金  :[入会金]5400円(税込)、[トライアルチケット]3240円(税込)~、[マンスリー4]1万3824円(税込) 、[マンスリー30]1万5984円(税込)
https://www.burnesstyle.com/

●人気の暗闇系フィットネス、注目4店を体験レポート!【まとめ】
●魔裟斗監修!最強キックボクササイズの女性専用暗闇スタジオ【体験レポ】
●キックボクシングジム『ミットネス』の暗闇キックボクササイズを体験!
●健康オタクの川島海荷はキックボクシングと自家製サラダチキンなど自炊で体形キープ【美痩せインタビュー】
●61歳オバ記者、平成の名曲で踊る「ホットステップ」に挑戦も、開始10分で逃亡

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事