横浜流星、千葉雄大ら旬男子4人のイケてるスーツスタイル【ファッションチェック】

入学式、入社式などの催しで、春はスーツが大活躍。でも、スーツをただ着るだけでは“遊び”が足りないのも事実…。芸能界のイケメンたちが着た、遊び心あるスーツルックをチェックしよう!

西島秀俊 ”超シンプル”に白のチーフをプラス

西島秀俊

公開中の映画『ダンボ』で日本語吹き替えを務めた西島秀俊が、公開御礼舞台挨拶に登壇した。

西島秀俊

遠藤璃菜、岡部息吹、西島(左から)

鬼才ティム・バートン監督が、ディズニーとタッグを組んで製作された本作。ダンボが、コンプレックスだった大きな耳を翼にかえて母を助けに飛び立つ物語だ。西島が吹き替えを担当したのは、コリン・ファレル演じるホルト・ファリア。ダンボが生まれたサーカスの元看板スターでダンボの世話係となった男だ。

西島秀俊

ブラックのスリーピーススーツをカッチリ着こなした西島。グレーのシャツはちょっぴり控えめだが、ポケットからのぞかせた白のチーフがアクセントに。これだけシンプルでもバシッと決まるのは西島ならでは!(4月3日)

 →タイに個性を入れた松坂桃李のスーツスタイルはコチラ

濱田岳 きちっと感を崩すギンガムチェック

濱田岳

ドラマ『インハンド』(TBS系・毎週金曜22時〜)の特別試写会&キャスト舞台挨拶が行われ、濱田岳が登壇した。

濱田岳

山下智久が風変わりな天才科学者・紐倉哲を演じることでも話題の本作。濱田は、そんな紐倉に振り回される熱血漢な助手・高家春馬役を務める。なんでも、わがままな紐倉とそれにかいがいしく対応する高家は「昭和のよき夫婦みたい」と濱田。「だから気づいたんです。このドラマ、朝ドラ要素があるんですよ」と昭和の良き夫婦が登場する朝ドラにたとえ、本作をPRした。

濱田岳

カーキのジャケットの下にのぞくのは、蝶ネクタイとギンガムチェックのシャツ。どちらもネイビーで合わせ、スッキリとしたコーデに。(4月9日)

→ベージュのジャケットを着た柳楽優弥のファッションはコチラ

千葉雄大 大ぶりのビーズがアクセント

千葉雄大

写真集『彩り』(ワニブックス)を発売を記念する書店イベントに、千葉雄大が登場した。

千葉雄大

光沢のある青系のセットアップは、胸元や襟にビーズが付いていてアクセントに。さらに、足元とインナーを黒で統一した、“大人っぽさ”とかわいらしさを融合させた千葉らしいスタイル。

千葉雄大

アメリカ・ニューヨークで撮影された本作について、「日本とは違った雰囲気が出ていると思います。のびのび撮影できました」と振り返った。また、報道陣からはかわいいポーズをリクエストされると、「呼吸のごとくできるようになりました」と難なくこなしていた。(4月13日)

 →赤のアイテムで固めた斎藤工のファッションはコチラ

横浜流星 清涼感たっぷりの水色がさわやか

横浜流星

男子チアリーディングチームの活躍を描く、映画『チア男子!!』(5月10日公開)の完成披露試写会が行われ、横浜流星が登壇した。

横浜流星

小平大智、岩谷翔吾、浅香航大、横浜、中尾、瀬戸利樹、菅原健、風間太樹監督(左から)

横浜と中尾暢樹がW主演を務めた本作は、直木賞作家・朝井リョウ氏による同名小説の実写化。完成披露試写会では、実在する男子チアリーディングチームで本作のモデルになった早稲田大学の「SHOCKERS」が登場。パフォーマンスを披露する場面もあり会場のボルテージが上がった。

横浜流星

また、登壇者全員がスタイリッシュなスーツ姿だったことも観客を興奮させていたようだ。それぞれ、演じた役のテーマカラーをポイントにしており、横浜は水色のシャツとポケットチーフをチョイス。黒いスーツからのぞく清涼感たっぷりの色に、癒やされるファンが続出!(4月15日)

→横浜流星のラフなジャケットコーデはコチラ

→女優やモデル、イケメンたちの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ

撮影/矢口和也、小彼英一

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事