アラサー女子の乾燥肌を救うのは「フェイシャルオイル」!? ユーザーが語る使い方とマッサージテク

20代後半にはいると、そろそろ「お肌の曲がり角」を実感し始める女性は多いのではないだろうか。その対策として「美容オイル」が効果的なんだとか。そこで、アラサーにはいってから「美容オイル」を使い始めたという女性2名に、実際に使用しているフェイシャルオイルと、それを使い続けている理由を聞いてみた。

フェイシャルオイルを使うアラサー女子

アラサー女子たちがフェイシャルオイルを使う理由とは?

20代後半になってやっとオイルの効果に気づいた

都内に住むOLの松井麻里さん(30才・仮名)は、「シャネル」の『ル ブラン ユイル』(14040円)のフェイシャルオイルを使っているという。麻里さんは以前にもオイルを使用したことがあるそうだが、当時は肌に合わなかったのだとか。

2年前の誕生日に『シャネル』のフェイシャルオイルを友達からもらったんです。このオイルに出合うまで、洗顔のあとは化粧水と乳液、最後に美容クリームを使っていました。23才のときに一度、フェイシャルオイルを試したことがあるんですけど、まだ若かったせいか特に肌の変化が感じられなくて。当時は、オイルを使う意味がわかりませんでした(笑い)」

シャネル ル ブラン ユイル

麻里さんが使っている「ル ブラン ユイル」

20代前半では、オイルにハマらなかったという麻里さんだが、28才のときに再びオイルを使用してみると自分の肌の変化を実感したという。

「『シャネル』のフェイシャルオイルを使ってみたら、今まで『何か足りないなぁ』と感じていたことが、カバーされていると思ったんです。オイルをつけた次の日、肌のハリも違うし、化粧ノリもいいんですよ。『ああ、私に足りないのはオイルだったんだ』と実感しました。ドバドバ使うのではなく、3滴ぐらいで十分なので、コスパはリキッドの美容液と比べてもいいと思います。アラサーになると、20代前半と同じスキンケアじゃダメなんですね」

『ル ブラン ユイル』はウメの花がもつパワーを凝縮した「ウメフラワーエキス」と「ウメフラワーオイル」を配合したフェイシャルオイル。使い方は、朝晩、美容液の前に23滴を手に取り、目の回りを避けて、顔と首に伸ばして使用するという。

【データ】
シャネル『ル ブラン ユイル』
価格:13000円(税込)
内容量:50ml
原産国:フランス
シャネル公式サイト:https://www.chanel.com/ja_JP

オイルを使ったら次の日の朝が違った!

神奈川県に住む中川梨沙さん(31才・仮名)はIT関係の会社で働いている。梨沙さんは、20代の頃から基礎化粧品にはこだわっていたという。

「私はオイリー肌で、20代の頃はニキビに悩んでいました。だけど、30才を過ぎた頃から肌の乾燥が気になり始めたんです。混合肌ってやつなんですかね。皮脂は出るのに、なんか肌が乾燥して硬くなっている感じがするんですよ。それで、フェイスマスクシートで肌を潤わせてから、美容液を使っていたんです。でも、しばらくすると乾燥が気になりだすんです。同世代の友人から『オイルがいいよ』と教えてもらったので、ネットでコスパのいいものを探しました」

梨沙さんが購入したのは、アルガンオイルなどを配合した『RMK Wトリートメントオイル』(4320円・税込)。なぜそれを選んだのだろうか?

RMK Wトリートメントオイル

梨沙さんが使っているRMKの「Wトリートメントオイル」

「このオイルは美容液でもあるし、導入液にもなるらしいんです。ネットのレビューを見てみると、高評価が多かったので選びました。実は、友達にオススメされたのは1万円以上するフェイシャルオイルなんですけど、化粧水や美容液にすでに1万円くらいかけているので、なるべくコストを抑えたかったんですよね」

RMK Wトリートメントオイル』は、肌を柔らかくする「エモリエント効果」と潤いを与える「モイスチャー効果」が1つになったトリートメントオイル。では、実際にオイルを使用して、梨沙さんの肌に変化はあったのだろうか?

「使った直後は、そんなに変化は感じなかったんですけど、次の日の朝に『あっ!』って肌の違いに気づきました。プルンプルンっていうんですかね。肌が柔らかくなって、ハリがある感じがしました。あと、オイルなのに、全然ベタベタしないところも気に入っています。メイクが崩れるかもしれないと心配でしたが、お化粧をする前の朝のスキンケアにも問題なく使えていますよ。香りはかんきつ系で、使うと逆にさっぱりした気分になります」

フェイシャルオイルの効果に感動した梨沙さんは、それまで肌に潤いを与えるために行っていた、コットンパックやシートマスクの使用をやめてみたという。

「美容オイルだけを信じてシートマスクを使うのをやめたら、やっぱり肌が乾燥しちゃいました。ちゃんと肌を潤わせないと、オイルだけでは満足するコンディションにならないですね。オイルと保湿と、どれも手を抜いちゃダメなんだと気づきました」

RMK Wトリートメントオイル』の使い方は、洗顔後、もしくは保湿液でお肌を整えたあとにビンを上下に振る。45滴ほどを手に取り、顔全体にマッサージをしながら肌になじませる。

そのマッサージ方法は以下の通りだ。

1】顔、首にオイルをなじませたあと、鎖骨のくぼみを指先でプッシュ。

顔と首にオイルをなじませているイラスト

鎖骨のくぼみを指先でプッシュ

2】額の中央からこめかみに向かって円を描くようにマッサージし、こめかみをプッシュ。

3】目頭を軽くプッシュしてから上下とも目尻に向かって指をすべらせ、もう一度こめかみをプッシュ。

目尻と目頭をプッシュしてオイルを塗る説明のイラスト

円を描くようにマッサージ

4】鼻すじは、上から下へなでおろす。

5】小鼻は指を上下に動かしてマッサージ。

6】口元は上下とも、中央から口角まで指をすべらせる。

7】親指と人差し指の間にあごを、はさんで、グッと持ち上げるようにこめかみまで手をすべらせる。

あごからこまかみまでのマッサージ方法の説明イラスト

最後はあごからこめかみまでマッサージ

【データ】
RMKWトリートメントオイル
価格:4320円(税込)
内容量:50ml
使用量:45
RMK公式サイト:https://www.rmkrmk.com/

* * *

以上、アラサー女子が「フェイシャルオイル」を使う理由を、実際の使用者の観点で語ってもらった。つまりは、30才前後になると肌のハリや乾燥が気になりだし、20代の頃と同じスキンケアをしていては足りないということ。

肌質の変化は、女性ならば誰しもが通る道。もし、自身の肌に何かが足りないと感じているアラサー以降の女性は、いつものスキンケアに「オイル」を加えてみてはいかがだろうか。

そんなワケで、とっくにアラサー女子の私もさっそく今日から使ってみることにします!

●顔ヨガでほうれい線を消す方法|効果的な1分エクササイズ5選まとめ
●マイナス10歳顔に!50歳“奇跡の美魔女”水谷雅子がフェイスラインをキープするかっさマッサージを紹介
●「美」磨きのプロ、エステティシャンがプライベートでこっそり使っている最強美容ツールとは?
●10才”若見せ”を実現!首のしわやたるみを改善する食事&スキンケア
●洗顔・スキンケアに使うべきは指3本 スキンケアの秘訣4

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事