食物繊維がたっぷり!痩せ体質になる「もち麦ダイエット」

糖質制限ダイエットを試みたけれども、なかなかごはんの分量を減らすことができなくて失敗した…そんな人にオススメなのが、「もち麦ダイエット」。

お腹いっぱい食べても、しっかりやせる! 糖質制限、必要なし もち麦ダイエットレシピ

気になる人は画像をクリックして、購入サイトへ

10万部を突破した『もち麦ダイエットレシピ』(アスコム)の著者である山下春幸さん(「HAL YAMASHITA」シェフ)は、このダイエット法を実践して、1年間で14kgの減量に成功。

もち麦を摂る食生活を続けることで、3年たった現在もリバウンドなしで体重をキープしているという。

mochimugi05

大麦の1種である「もち麦」は水溶性食物繊維である「β-グルカン」を豊富に含む。これが糖質や脂質の消化吸収を遅らせたり、血糖値の上昇を抑えたりすることによって、腸内環境の改善や便秘解消、内臓脂肪の減少などの効果が期待できるのだとか。

「もち麦ダイエット」の基本は、白米にもち麦を3〜5割加えていただくこと。そうすることで体に負担をかけることなく、糖質を削減することができる。

mochimugi01

初めてもち麦を食べる人やおなかが弱い人は、まずは1日1食、1〜3割のもち麦ごはんからはじめるのがオススメという。また、ごはんだけもち麦入りにしても効果はあるけれど、おかずでカロリーオーバーをしないように注意が必要。

血糖値の上昇を抑えるもち麦の効果を最大限に活用するためには、朝食に取り入れるのがベスト。腹持ちのよさが夕食まで続くので、昼食のどか食いや間食を防ぐことにつながるそう。また、夕食にもち麦を食べれば、その効果は翌朝まで持続する。

『もち麦ダイエットレシピ』では、山下シェフがもち麦を使った簡単レシピを70種以上も紹介している。中でも、朝夕の食事にぴったりのもち麦レシピを各1品教えてもらった。

【野菜と一緒に摂る「朝食」レシピ】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事