即効!二重あごを解消する顔ヨガ5選|1回10秒でできるあごのたるみ撃退法まとめ

顔はその人の印象を大きく左右する大事なパーツ。二重あごのせいで、太った印象を持たれてしまう可能性も大。そこで、今回はカリスマ顔ヨガ講師の間々田佳子さんが教える顔ヨガの中から、二重あごを解消する顔ヨガを5つ厳選! 1回10秒でできるから、ズボラさんにも無理なくできそうだ。動画もチェックしてみて!

【目次】
口角上げて魅力もUP!顔ヨガ「顔面ブランコ」のやり方
化粧ノリもUPする顔ヨガ「ムンクのマッサージ」のやり方
ダイエットにも効果テキメン!?顔ヨガ「おいしい顔」のやり方
たるみとれて小顔に!顔ヨガ「カメレオンの舌」のやり方
ブルドッグラインを改善する顔ヨガ「亀のしあわせ」のやり方

口角上げて魅力もUP!顔ヨガ「顔面ブランコ」のやり方

【やり方】

顔ヨガ、顔面ブランコのポーズ

1:右手の人差し指で、右眉を動かないように固定する。

右手の人差し指で、右眉を動かないように固定する。顔は正面のまま、左の眉と口角をゆっくり左上に上げる。

2:顔は正面のまま、左の眉と口角をゆっくり左上に上げる。反対も同様に行う。1、2を5秒×2セット。

【解説】
片方の眉は指でガッチリ固定し、上げる眉の動きに連動しないようにする。また、口角を上げるというと、横に引いてしまいがちだが、真上に引き上げるのが正解。上に、上に引き上げて。口角に力が入って横に引いてしまうと、あご奥の筋肉が発達してしまい、デカ顔の原因になるので要注意。湯船につかって、リラックスして行うと、口角も眉もより動かしやすい。口角がキュッと上がった笑顔は、魅力もUP!

「口角と目線は、最大限まで上げて。最初は、口角を上げるのも難しいと思いますが、慣れると気持ちよくスムーズに上がります。また、口角がしっかり上がっていれば、自然に頬の肉も押し上げられる。口角を上げるたびに、頬も鍛えられるので、頬の位置が高くなり、結果的に小顔に。さらに、あごの周りも刺激されるので、フェイスラインもシャープになります。『顔面ブランコ』1ポーズで、複数の効果が期待できるので、やらない手はありませんよ! 即効性もあるので、写真を撮る前、人に会う前、さらに、顔のゆがみに気が付いたら、すぐ始めましょう」(間々田さん・以下同)

→顔ヨガ「顔面ブランコ」のやり方を1分動画で確認

化粧ノリもUPする顔ヨガ「ムンクのマッサージ」のやり方

【やり方】

顔ヨガ、ムンクのマッサージポーズ

1:鼻の下を伸ばして口を「オー」の形にする。親指以外の4本指を揃えてほうれい線に当て、親指はあごの下に。指全体で頬の肉を挟み込み、フェイスラインに沿って押し上げる。

鼻の下を伸ばして口を「オー」の形にする。親指以外の4本指を揃えてほうれい線に当て、親指はあごの下に。指全体で頬の肉を挟み込み、フェイスラインに沿って押し上げる。

2:「ハァ~ッ」と言いながら、手と耳の前から首筋に下ろしていく。

顔ヨガ、ムンクのマッサージポーズ

3:老廃物を流すイメージでリラックス。

【解説】
鼻の下を思いっきり伸ばし、縦長の顔を作る。顔を上下に引っ張り合うストレッチのイメージで。首筋まで老廃物を流す際は、手で優しくさするように。ゴシゴシ行うのは、肌の負担になるのでNG。できれば朝と夜。1日2回行えばパーフェクト! 朝むくんでなくても、『ムンクのマッサージ』を行えば、血色も、肌の調子も、化粧のノリもUPして一石三鳥!

「老廃物の流れを良くするには、顔全体の表情筋をポンプのように伸縮させること。『ムンクのマッサージ』は、即効性という意味では、朝に行うのがベスト。一方、睡眠前に行えば、1日の疲れやストレスによる顔の緊張がほぐれ、老廃物を流し終えた状態で眠りに就けます。翌朝は、顔がスッキリ!入浴中に湯船で行う生徒さんの中には、老廃物が流れていく手ごたえがあり、2~3回行うだけで心身ともにリラックスでき、さらに眠りも深まるので、お風呂『ムンクのマッサージ』が日課になっている人もいます」

→顔ヨガ「ムンクのマッサージ」のやり方を1分動画で確認

ダイエットにも効果テキメン!?顔ヨガ「おいしい顔」のやり方

上の歯だけをしっかり見せてにっこり笑う。目線は上。舌を出し、左上に舌先を尖らせる。

【やり方】
上の歯だけをしっかり見せてにっこり笑う。目線は上。舌を出し、左上に舌先を尖らせる。舌が上唇に触れないように、左から右にゆっくり移動。小鼻をなめるイメージで。元に戻す。3回。

【解説】
舌を動かすと口角が下がってしまうが、口角が下がっていると、頬はたるんだまま。まずは、上の歯8本をしっかり見せ、口角を上げてキープするのがポイント。舌を動かす時は、ゆっくり丁寧に。笑顔の準備体操になるので、一日が始まる朝行うのがベスト。舌を動かせば滑舌もスムーズになるので、気になる人は、ぜひトライ!

「舌の歯が見えてしまうと、口角が上がりません。始める前に、歯の見え方チェックを。また、目やおでこなど、ほかのパーツに力が入りがちですが、力を入れた時にできるしわが表情グセの原因になるので注意。舌を根元からしっかり押し上げて動かせば、あごの下の筋肉が刺激されて、フェイスラインのもったり感もなくなります。さらに、舌を動かせば動かすほど、唾液が出て、食後の消化率もアップ! 摂取した食べものがスムーズに消化されれば、ダイエットにも効果テキメンです」

→顔ヨガ「おいしい顔」のやり方を1分動画で確認

たるみとれて小顔に!顔ヨガ「カメレオンの舌」のやり方

顔は正面のまま目線は右。舌は斜め右下に突き出す。

【やり方】
顔は正面のまま目線は右。舌は斜め右下に突き出す。反対も同様に行う。3~5セット。

【解説】
普段は動かさない舌と目。同時に動かすのが難しい人は、舌だけを動かし、慣れたら目も一緒に。顔は正面を向いたまま動かさないこと。舌や目線につられ、顔を一緒に動かしてしまうと、効果は半減。目を動かすと額のしわが入りやすい。しかし、しわが入ったまま続けていると、表情じわとして定着してしまうので注意!口角が上がると頬も上がり、顔全体が立体的に見える。口角を引き上げることが難しい人は、指で口角を押し上げることから始めよう。上がった感覚を自分の顔に覚えさせて。

「左右バランスを整えるのですから、鏡を見ながら行ってください。スタート時からの変化を、写メなどで記録しておくのもいいですね。

しっかり舌と目を動かせば、口元だけではなく、顔のゆがみ改善にも有効です。舌筋を使うほど、あご周りが刺激されて脂肪が燃焼するので、たるみがとれてスッキリ小顔にも。うれしい効果続々のポーズですから、気づいたらやる習慣をつけましょう。さらに、写真に欠かせないのが笑顔。笑顔というと、口角を横に引いてしまいがちですが、横ではなく上に引き上げるのがポイント。鍛えれば、誰でも見違えるような笑顔になります」

→顔ヨガ「カメレオン舌」のやり方を1分動画で確認

ブルドッグラインを改善する顔ヨガ「亀のしあわせ」のやり方

【やり方】
下唇を上唇にかぶせて口角を上げる。あごをできるだけ突き出し、のどを伸ばす。口角が上がっていればOK。10秒×3回。

【解説】
あご下のたるみを改善する効果的なポーズが、「亀のしあわせ」。口角と頬を、グイッと引き上げる。のどのたるみがピーンと伸びるまで、あごを前に突き出し、突き出したあごを上げるのがポイント。さらに、目線も上。

「あごを上げたとき、あご下の筋肉でバストが引っ張られている感じがあれば、完璧! あご周りの筋肉が、しっかり使われています。首につながっている口周りの筋肉を総動員すれば、あごのたるみがスッキリするだけでなく、ほうれい線や、口角からあごにかけて現れる“たるみ線(ブルドッグライン)”の改善にも有効です。あご突き出す動きが難しい人は、口角と頬の引き上げから始めましょう。口角と頬を引き上げるだけでも、引き締まった口元とメリハリのある顔になり、結果的に小顔に。慣れたら、あご、目線、とパーツを追加してください」

→顔ヨガ「亀のしあわせ」のやり方を1分動画で確認

【そのほかの顔ヨガまとめ記事はコチラ】
小顔になる顔ヨガ5選

目の下のたるみをとる顔ヨガ6選
しわを消す&美肌になる顔ヨガ5選
ほうれい線を消す顔ヨガ5選

顔ヨガ講師:間々田佳子さん

顔ヨガ講師間々田佳子さん

テレビで芸能人の顔をあっという間に若顔に変えて話題に。31種類の顔ヨガポーズを収録した、間々田佳子監修の『日めくり まいにち、顔ヨガ!』は6万部の大ヒット。卓上&壁掛け式だから、トイレ、洗面所など、いつでもどこでも実践! 最新刊は『間々田佳子の顔ヨガでV字上げ』(ぴあ)。

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事