コーラ味などプロテイン13種を飲み比べ!おすすめや”勝手にベスト3”は?

ガッツリ運動している人が飲むものというイメージから、たんぱく質不足を補う健康的なドリンクとしても人気になり、今やすっかり市民権を得たプロテイン。

プロテインのイメージ画像

写真/Getty Images

値段から味まで多種多様なものが発売されているけれど、せっかく飲むのならおいしくて続けることができるものがいい!

そこで編集部に来て約2年、仕事柄さまざまなプロテインを飲んできた編集Oが、編集Tを誘ってとあるプロテインの飲み比べを実施。しかし、普通のプロテインを飲み比べてもつまらない、とOが用意したものは…?

フレーバーが個性的すぎる『ビーレジェンドプロテイン』

フィットネス事業を手がける「リアルスタイル」が、独自に開発した『ビーレジェンドプロテイン』シリーズは、1kgあたり2600円(税込)~という低価格なのに、品質と味にこだわって作っているという。

まず、厳選したホエイプロテインに、1食あたりレモン約2個相当のビタミンCと、たんぱく質代謝に必要とされる量のビタミンB6を配合。これを安価で提供できる理由は、中間コストを省いていることと、「リアルスタイル」はもともとスポーツ教材などのDVD制作が本業で、プロテイン部門での収益にこだわっていないからだとか。そして、「iTQi(国際味覚審査機構)」の優秀味覚賞を受賞したフレーバーも多数。

『ペコちゃん ミルキー風味』

『ペコちゃん ミルキー風味』(3200円税込)はわからなくもない

しかし、編集Oは気づいてしまった。『ビーレジェンドプロテイン』のオンラインショップに、『ドラゴンボール超 ブロリー かめはめ波風味』(3200円税込)、『ストリートファイターV 波動拳風味』(3200円税込)など、意味がわからない…もとい、個性的なフレーバーが並んでいることに…。

このようなコラボ商品以外に定番フレーバーにも、『めろめろメロン風味』(3100円税込)や『ぴちぴちハッピーチ風味』(3100円税込)、さらには『一杯飲んどコーラ風味』(3100円税込)など、プロテインではなくアルコールを飲みながら決めたとしか思えないようなネーミングセンスが炸裂。

『ビーレジェンドプロテイン お試しセット【お試し13種】』

『ビーレジェンドプロテイン お試しセット【お試し13種】』2380円(税込)

そこで、13種の定番フレーバーを1杯分ずつ飲むことができる『ビーレジェンド プロテイン お試しセット』(2380円税込)を実食して、編集部の独断でベスト3を決めることにした。

『ビーレジェンド プロテイン お試しセット』13種を飲み比べ

1袋あたり、150ml~300mlの水で溶かすのが目安とのこと。13杯というけっこうな量に日和った我々は、一番少ない150mlで飲むことにした。

プロテイン『ナチュラル』

ミルク風味の『ナチュラル』

豆乳よりもう少しとろみを感じる『ナチュラル』をひと口飲んでみると…

O「これは…練乳の味! 甘い!」
T「甘くておいしい。飲みやすい」

スタンダードなフレーバーがさっそくおいしかったので、ほかの味にも期待が高まる。

『ベリベリベリー風味』『すっきリンゴ風味』

左から、『ベリベリベリー風味』『すっきリンゴ風味』

O「『ベリベリベリー風味』は、ミックスベリー的な感じかな。けっこう酸味がある。『すっきリンゴ風味』は飲みやすい。でも、ガツンとりんごの味がするわけではないので、言われなきゃりんごってわからないかも」

T「私はどっちも好き」

O「ホエイの風味なのか『ベリベリベリー風味』の独特の後味が、私はちょっと苦手かも…」

『キャラメル珈琲風味』『そんなバナナ風味』

左から、『キャラメル珈琲風味』『そんなバナナ風味』

O「『キャラメル珈琲風味』は、コンビニとかで売っているキャラメルマキアートと変わらない味。プロテインデビューにもオススメできそう」

T「確かに!」

O「『そんなバナナ風味』はもう、香りからしてバナナ! バナナオレって感じで私はこれ、好き!」

『南国パイン風味』『抹茶のチャチャチャ風味』

左から、『南国パイン風味』『抹茶のチャチャチャ風味』

O「『南国パイン風味』は、酸味と甘みのバランスがちょうどよくて飲みやすいかも」

T「おいしい」

O「『抹茶のチャチャチャ風味』は、もう抹茶オレという感じ。濃厚な抹茶オレ」

T「これもおいしい!」

『一杯飲んどコーラ風味』『魅惑のパッションフルーツ風味』

左から、『一杯飲んどコーラ風味』『魅惑のパッションフルーツ風味』

T「すごい駄菓子感! 『一杯飲んどコーラ風味』は駄菓子のコーラみたいな味です」

O「これが一番気になるフレーバー…。わ! これ、シュワシュワする! プロテインなのに炭酸…。脳の処理が追いつかない…!」

T「ある意味プロテイン感ゼロかも。私はちょっとギャップにやられました」

O「私は意外とハマりそう…。毎日飲むというよりは、たまに変わり種ではさんでいきたい感じ。逆に、『魅惑のパッションフルーツ風味』はちょっと苦手かも…。個人的な好みだけど、私は酸味強めのものが向いていない気がする」

『めろめろメロン風味』『ぴちぴちハッピーチ風味』

左から、『めろめろメロン風味』『ぴちぴちハッピーチ風味』

T「これは…『めろめろメロン風味』? 不思議な味…」

O「『ぴちぴちハッピーチ風味』は、カルピスっぽい風味で飲みやすい」

『初恋のいちご風味』『激うまチョコ風味』

左から、『初恋のいちご風味』『激うまチョコ風味』

O「『初恋のいちご風味』、いちごミルクみたいで好き。同じベリー系でも『ベリベリベリー風味』のように酸味がないので、個人的にはこっち派! 『初恋のいちご風味』と『激うまチョコ風味』を混ぜていちごチョコにしたい(笑い)」

T「『抹茶のチャチャチャ風味』と『激うまチョコ風味』の抹茶チョコもおいしい」

O「今回飲んできたラインナップのなかで、チョコバナナが一番好き。『ビーレジェンド』さん、勝手にブレンドしてごめんなさい!」

”勝手にベスト3”を決定!

第3位『そんなバナナ風味』
→クセがなく、甘すぎないのでいろんな人に好まれそう。『激うまチョコ風味』とブレンドしても、バナナ感が消えずにしっかりあって◎。

第2位『抹茶のチャチャチャ風味』
→デザート飲料感覚で飲める『キャラメル珈琲風味』とだいぶ悩んだけれど、スイーツ感でこちらの勝利。女子ウケ抜群の味わいと言えそう。

第1位『激うまチョコ風味』
→13種のなかで、一番濃厚で甘みがあるのがこちら。ストイックにボディメイクをしている人が「プロテインはご褒美」という発言をすることがあるけれど、まさにご褒美と言える満足の味わいで、2人とも迷わず1位に指名。

飲み比べしたスタッフの趣味で、甘めのラインナップばかりになってしまったけれど、フルーツ系も酸味があったり、後味がさっぱり系だったりと、さわやかなものが多いので、運動のあとにはスッキリとしたものが飲みたいという人にはこちらもオススメ。

自分好みの味のプロテインを見つけることが、長く飲み続ける秘訣かも。

【データ】
リアルスタイル『ビーレジェンドプロテイン お試しセット【お試し13種】』
販売価格:2380円(税込)
販売店舗:オンラインショップ
https://real-style.co.jp/

●『スポちく』は1本でたんぱく質7.3g!甘い味に飽きたプロテイン難民にもオススメ【実食ガチ採点】
●『ライザップ プロテイン』シリーズに新商品2種登場!炭をインした真っ黒なプロテインを【実食レポ】
●プロテインの正しい飲み方は?「ディアナチュラ アクティブ」発表会レポート
●人気急上昇中のプロテイン、摂取のコツを伝授【美腹筋チャレンジ】10週目の「腹筋トレ」報告も
●高タンパク・低脂肪!「今年の一皿」に輝いた鶏むね肉の簡単レシピ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事