『キャプテン・マーベル』主演女優、役作りで過酷な肉体改造

マーベル初の女性ヒーローが単独で描かれる、映画『キャプテン・マーベル』の主役を務めているブリー・ラーソン(29)。

ブリーラーソンがドロップショルダーの青いドレスでポーズを取っている

オスカー女優のブリー・ラーソン

役作りのためにジムに通い詰めたことで、シーンの撮影の都度、体形の変化に合わせて衣装合わせをしなくてはいけなかったという。

 

View this post on Instagram

 

ONE MILLION FOLLOWERS?!

Brieさん(@brielarson)がシェアした投稿 –


同映画でコスチュームデザイナーを務めたサーニャ・ミルコビッチは英版『ヴォーグ』誌にこう話す。

「私たちはスクリーンで女性を見ることを求めています。とても強いパワフルな女性です。今回参加できたことにとても喜んでいます。ブリーは恐ろしいほどワークアウトをしていました。彼女には畏敬の念を抱いています。

そして、予想通り体形が変わっていき、繰り返し衣装合わせをすることとなりました。ワークアウトをするにつれ、彼女も自分のアクションシーンの感覚をつかみ始めたので、私たちもそれに向けて衣装を作り始めたのです」

 

View this post on Instagram

 

335/350/400 byeeeeeee

Brieさん(@brielarson)がシェアした投稿 –


一方のブリーはキャンプテン・マーベルの青と赤のコスチュームについてこう語っていた。

「彼女のスーツは強くて、とてもヒーロー的だけど女性らしくもある。豪華で美しいものは意識的に避けて彼女の中身を代弁するものにしたの。自信みなぎる女の子だし、何も証明なんかする必要がないのは明白。とても現代的な女性スーパーヒーロー。たくさんの若い女性が共感してくれることを願うわ。時代背景(1990年代)に即しつつ、今の観客の人たちにも魅力的なものにしなくてはいけなかった。彼女はパイロットで破天荒な人。そんな若い女性は何を着るのかって? 大のロック好きの女の子よ。だからロックンロールとグランジを混ぜた衣装にしたの」

 

View this post on Instagram

 

Lewks? Ya we got ‘em.

Brieさん(@brielarson)がシェアした投稿 –


ワークアウトで見事に鍛え上げられた体で、個性的な衣装を着こなしたブリー。アカデミー賞主演女優賞を獲得したこともある彼女の女優魂が肉体美となって現れたとも言えそうだ。

●『ボヘミアン・ラプソディ』主演俳優の輝く美肌の秘密とは?
●最新作で全裸を披露!ジェニファー・ローレンスのボディメイク法
●ジェニロペ ワークアウトで作ったムキムキ美ボディ写真を公開
●ブリトニー・スピアーズ ワークアウトよりダンスが健康の源
●ジェシカ・アルバ ワークアウトのお手本はケイト・ハドソン

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事