『魔法の即ヤセ低糖質スープ』で2か月で6kg減!ダイエット成功の秘密をレシピ考案者Atsushiが解説

ダイエット中は、食事制限など“我慢”がつきもの…。「ストレスなく痩せたい!」――そんな人におすすめなのが、野菜ソムリエプロのAtsushiさんが考案する『魔法の即ヤセ低糖質スープ』だ。

『#モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』

Atsushiさんが2017年12月に出版し、ヒットした『#モデルがこっそり飲んでいる3日で2kgやせる魔法のスープ』に続く、第2弾『#モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』(宝島社)。

同書は、モデルたちが実際にこぞってお取り寄せし、自宅で作っている痩せるスープレシピを1冊にまとめたもの。

『#モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』

高たんぱく質で低糖質、野菜たっぷりのスープを飲んで、モデルは無理なく健康的に撮影前に体形を絞っているんだとか。また、Atsushiさん自身もこのスープで、外食をしたり、毎日お酒も飲みながらも、2か月でラクして6kg痩せたそう。

著者のAtsushiさん

なぜ、このスープはストレスなくダイエット成功できるのか…? その秘密をご紹介!

『魔法の即ヤセ低糖質スープ』はここがすごい!

『#モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』

【1】とにかく簡単!10分で作れる時短料理
スーパーで手に入れることができる食材を使用。下ごしらえに時間がかかるものは使わず、缶詰や冷凍食材などをかしこく取り入れる。また、下ごしらえと煮込みを同時に行い、時短に。

【2】低糖質で血糖値の上昇を緩やかに
白米やパン、麺類などと比べると、糖質が格段に低い野菜や豆腐を使用。ビタミンやミネラル、抗酸化成分も豊富で、ダイエットや健康、美容に◎。体にうれしい成分が豊富な野菜がたっぷりとれる。

【3】たんぱく質が豊富なので、筋肉量を減らさず痩せやすい体に
低糖質スープに欠かせないのが、肉類、魚介類、豆類のたんぱく質。たんぱく質は、肌、髪、爪、筋肉、臓器にいたるまで、人間の体に必要不可欠な栄養素。基礎代謝アップに欠かせない筋肉を作ってくれるので、筋肉量を減らさず痩せやすい体に導いてくれる。

【4】にんにく&しょうがで風味と代謝が上がる
低糖質スープは、にんにくとしょうがを必ず使用。スープだけでも体が温まり、代謝アップにつながるが、にんにくとしょうがを加えることで血行がよくなり、さらなる代謝アップが期待でき、痩せやすい体に。

【5】旨み成分を掛け合わせ、旨みが各段にアップ
短時間なのに、しっかりコクと旨みがあるスープになる秘訣は、旨み成分を掛け合わせること。肉類や魚類、卵に含まれるイノシン酸、こんぶや玉ねぎ、トマト、アスパラガス、チーズなどに含まれるグルタミン酸、干ししいたけや加熱したえのきだけなどに含まれるグアニル酸、貝類に含まれるコハク酸。これらを2つ以上重ねることで相乗効果が発揮され、料理の旨み、深み、コクなどが飛躍的にアップし、おいしくなるのだとか。

Atsushiさん流スープダイエット成功のコツ!

Atsushiさん

減量前のAtsushiさん

2か月で6kg痩せたAtsushiさんのスープダイエット1日の流れをのぞき見!

【Atsushiさんの1日のスケジュール】

8時頃…朝は必ずフルーツやレモンウオーターで酵素&ビタミンCを摂取して、デトックス
12時頃…自宅にいるときはスープを。空腹が激しいときはスープをお代わりしてOK
15時頃…小腹が空いたら干しいも、ナッツ、チーズを
20時頃…スープをたっぷりとる
22時頃…夕食後にお腹が空いたらトマトジュースがおすすめ

『#モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』著者のAtsushi

減量後のAtsushiさん

そして、ダイエットのルールとして、以下の2つことを守っているそう。

【1】野菜とフルーツ、たんぱく質をたっぷりと摂る

フルーツ

野菜とフルーツに含まれる酵素、ビタミン、ミネラルを積極的に摂取するように意識。そうすると、細胞から元気になり、老廃物を溜め込まない巡りのいい体になっていくそう。さらに昼と夜は必ずたんぱく質を摂取して、筋肉量を落とさず、代謝のいい体に。

【2】水分をたっぷり摂る

レモンウォーター

朝からお昼過ぎまではレモンウォーター(1~1.5L)、その他の時間には、ブラックコーヒー、コーン茶、緑茶、ハーブティーなどをこまめに飲むように意識する。市販の甘いジュース類は避ける。

『#モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』では、毎日続けられるように、洋風スープ、和風スープ、ポタージュ、アジアンエスニックスープ、美腸スープと5つのジャンルに分け、多彩な味わいの44品のスープを紹介。

しっかりと食べられて、いろいろなメニューを楽しめるから、食事制限でダイエットを失敗してきた人には強い味方になるかも。

今回は、洋風スープに注目し、『ビーフマスタードスープ』のレシピをご紹介!

魔法の洋風スープ『ビーフマスタードスープ』レシピ

ビーフマスタードスープ

イノシン酸(牛肉)、グルタミン酸(玉ねぎ)、グアニル酸(ドライトマト)を合わせることでうま味がアップ! 抗酸化作用でアンチエンジングに◎の粒マスタードがアクセントなスープ。パプリカは、カリウムが豊富でむくみスッキリ。豊富に含まれるビタミンCで美肌効果、βカロテンでアンチエンジングが期待できる。

《材料》(3杯分)
薄切り牛肉(赤身)…200g 玉ねぎ…小1個 パプリカ…1個 なす…小2本 にんにく…2片 ドライトマト…40g 固形コンソメスープの素…2個 酒…大さじ2 粒マスタード…大さじ2 塩…少々 オリーブオイル…大さじ1 水…600ml

《基本ルール》
・小さじ1=5ml(cc)、大さじ1=15ml(cc)
・材料の野菜の皮はよく洗い、基本的に皮ごと使う。必要であれば下処理してから調理を。

《作り方》
【1】300mlの水でドライトマトを戻す。
【2】鍋にオリーブオイルを中火で熱し、みじん切りにしたにんにくを炒める。にんにくの香りがたったら、みじん切りにした玉ねぎ、牛肉の順に炒める。
【3】全体に火が通ったら、ドライトマトを戻し汁ごと、残りの水を加える。ひと煮立ちしたら、細切りにしたパプリカ、なすを加え、あくを取りながら3分ほど煮る。
【4】固形コンソメスープの素、酒、塩、粒マスタードを加えて味を調える。

→その他の「魔法の即ヤセ低糖質スープ」のレシピはコチラ

著者:Atsushiさん

「ディーゼル」「D&G」「ヴェルサーチ」のPRを経て、フリーランスとして独立。ファッションの歴史やトレンド、美容、食についても豊富な知識を持つ。現在はファッション&ライフスタイルプロデューサーとして数多くのプロデュースアイテムを発表、ナチュラルスキンケアブランド「abotanical」を立ち上げ、テレビ、雑誌、イベント、ラジオなど幅広く活躍中。2012年、ジュニア野菜ソムリエ、タイにてタイ古式マッサージ資格取得。2016年漢方養生指導士初級取得、野菜ソムリエ中級の試験に合格し、野菜ソムリエプロに。

写真/『#モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』(宝島社)より

【データ】
『#モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』
販売価格:1382円(税込)
https://store.tkj.jp/shopdetail/000000009432/

●きな粉のアンチエイジング効果に注目!Atsushi考案の10分以内でできる「アンチエイジングスープ」が『梅ズバ』で紹介
●“長生きみそ汁ダイエット”で3kg減!たんぱく質たっぷりの『豆乳みそのお団子スープ』レシピ
●帳消しダイエット|医師が考案した「ファイトケミカルスープ」レシピ
●3.5kg減も!『金スマ』で注目の「長生きみそ汁」から痩せるみそ玉レシピ&みそ汁3選
●太らない食べ物|ダイエット&お腹痩せにはきのこ、わかめスープレシピも紹介

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事