こうじ水を作った後の米こうじをアレンジ!腸活におすすめ鶏むね肉レシピ

米こうじからは酵素だけでなく、アミノ酸やミネラル、ビタミンBなどを摂ることもできるから、こうじ水を作ったあとのパックの中身は料理に活用してもOK。

→こうじ水の作り方はコチラ

お茶パックに入った米こうじ

こうじ水から取り出したパックは、固くしぼって冷蔵庫へ。その日のうちに調理するか、冷凍保存して1週間以内に使うこと。また、加熱によって酵素は失われるけれど、熱に強い栄養素は残るので、米を炊くときに加えたり、スープにするのも◎。

『コップ1杯で人生が変わる! こうじ水で体すっきり!ずっと健康!』書影

そこで、星子クリニック院長・星子尚美先生が監修を務めた『コップ1杯で人生が変わる!こうじ水で体すっきり!ずっと健康!』(宝島社)に掲載されているたくさんのレシピから、ダイエットにオススメのメニューをピックアップ。「よだれ鶏風」は、米こうじに熱を加えず調理するので、酵素を摂ることもできるのがうれしい。

* * *

残った麹を活用!「よだれ鶏風」レシピ

皿に盛りつけられた「よだれ鶏風」

こうじの旨みでコク増しのたれに。低カロリーな鶏むね肉と腸内環境を整えるこうじで、ダイエット効果が期待できる一品。

《材料》(2人分)
鶏むね肉…1枚、塩…小さじ1/3、酒…大さじ1、もやし…1/2袋、ピーナッツ(刻み)…大さじ1、パクチー…お好みで
【A】米こうじ…50g、しょうゆ…大さじ2、酢…大さじ1、砂糖…小さじ1、しょうが(みじん切り)…小さじ1、にんにく(みじん切り)…小さじ1/2、ごま油…少々

《下準備》
・鶏肉の表面に塩をすりこむ
・もやしをゆでておく
・【A】(たれ)を混ぜておく

《作り方》
【1】鍋を中火にかけて鶏肉にかぶるくらいの水に酒を加えて茹でる。煮立ったらアクをとって弱火にし、10分加熱したら火を止め、15分余熱で火を通す。
【2】茹でたもやしと食べやすい大きさに切った【1】を皿に盛る。上から刻んだピーナッツとパクチーを散らし、【A】を回しかける。

【データ】
宝島社『コップ1杯で人生が変わる!こうじ水で体すっきり!ずっと健康!』
監修:星子尚美(星子クリニック院長)
https://hoshiko-clinic.com/


●「こうじ水」はダイエットにも◎!代謝アップの効果と活用法を医師が解説
●ダイエットに活用できる「こうじ水」の魅力と簡単な作り方を紹介!気になる味もレポート
●超ズボラでも痩せられるってホント?『1日4ページだけ30日間ダイエット』の著者を直撃!
●高カロリー料理も食べ方次第!好きなものを食べてやせる「帳消しダイエット」メニュー3選
●【野菜ジュース】飲むなら何時がいい?など効果的な飲み方&ダイエット中に選ぶ3つのポイント

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事