小顔に見せる!パウダリーファンデの「V字塗り」とは?【山本浩未さんのメイクのメ】

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は山本さんが、パウダリーファンデーションとハイライトを使って、顔をほっそりと立体的な顔立ちに見せるテクニックを教えてくれました。

* * *

ヘア&メイク・アーティストの山本浩未さん

「V字塗りで顔を立体的に!」

最近、パウダリーファンデーションの「V字塗り」というのを試しています。パウダリーって、ベッタリ塗ると立体感がなくなるので、適度につけて“ムラ”があった方がいいんです。いちばんしっかりつけるのは、顔をほっそり見せるV字ライン。このラインを強調すれば、顔がシュッとすっきり見えるはず! その効果を最大限に生かすために思いついたのが、V字塗りなんです。

塗る時に使うのは、ブラシがおすすめ。ブラシにファンデを取ったら、左右の口角あたりからこめかみに向かってV字を描くようにのせます。その後、ラインをぼかすようになじませていくだけ。くすみやクマが気になるけど厚塗りにしたくない目まわりなどには、先にやわらかいコンシーラーなどを薄めにつけて、カバーしておきます。

V字塗りは顔型によってアレンジを

意識してほしいのは、顔立ちをすっきり見せるのせ方。丸顔の人はV字を鋭角に、顔が細めの人は鈍角に描くようにします。さらにきれいに仕上げるコツは、最後に何もついてないスポンジで軽くパッティングしてなじませること。パウダーがピタッとフィットして、毛穴も目立たなくなります。

使うのは、新作の軽やかな薄づきパウダリーを。THREEの『プリスティーンコンプレクションパウダーファンデーション』は、ハイライトと肌色がセットになっている上、専用ブラシもあるのでおすすめです。V字と共に、額にも左右の眉山を半円でつなぐようにのせます。ラインをぼかしたら、仕上げにきらめき感のあるハイライトを頰骨や目頭、鼻筋、あご先にササッとつけてあげると、グッと立体感が増しますよ。

化粧品って最初につけたところがいちばん濃くなるので、しっかりつけたいところから塗り始めるというのが鉄則。私自身、まだ練習中ですが、ラクだし仕上がりも結構イケてるので、いち早くお知らせしました!

素肌感がありつつ立体的な仕上がりに

THREE プリスティーンコンプレクションパウダーファンデーション

軽やかなファンデーションと立体感を出すハイライトのセット。プリスティーンコンプレクションパウダーファンデーション(リフィル)全8色 各4860円、ケース1944円、ブラシH1944円(3月13日発売)/THREE 電話:0120-898-003

※女性セブン2019年3月14日号

山本浩未(やまもとひろみ)

ヘア&メイク・アーティスト。1964年生まれ。今すぐ実践できるメイクテクニックと親しみやすいキャラクターで、同世代からの支持も厚い。最新刊『同窓会で二番目にキレイになるには…』(小学館)も好評。

●【メイクのメ】君島十和子プロデュース、98.3%濃度の米発酵液美容液は何がスゴイのか?
●【メイクのメ】「HACCI」の2700円ハンドクリームなら貴婦人のような手元に!
●【メイクのメ】目元に宝石のような輝きを!ルブタンの旬色アイカラーがすごくいい
●【メイクのメ】目元の乾燥ケアに!”ヒアルロン酸針”のシート状美容液がスゴイ
●【メイクのメ】塗るだけでまつげが上向きに!1512円の美マスカラ

●”13秒に1本”の人気!SHISEIDOの美容液「アルティミューン」がパワーアップ
●夏にぴったりのスキンケアが続々!「ベアミネラル」の新作を【新製品レポ】
●業界初のカラーファンデ!ポーラの新ブランド「ディエム クルール」を【新製品レポ】
●顔立ちを引き立てる”水ツヤ肌”に。「ルナソル」の新スキンケア【新製品レポ】
●最高にハッピーな気分に!「ゲラン」からピンク×ハートの春コレクション

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事