【やせおか弁当】役立つ!作りおきドレッシング3種

シリーズ累計66万部を突破した「やせおかシリーズ」。著者の柳澤英子さん(50代)が1年で26kg減に成功し、リバウンドいっさいなしという点も話題のひとつ。今回はシリーズ第3作目の『お弁当もやせるおかず作りおき』(小学館)から、ダイエット中のお弁当作りに役立つテクニックをご紹介。併せて、ドレッシングのレシピ3種類も説明するから、レパートリーに加えて。

* * *

yaseoka_beto_colum01_A

お弁当に添えたレタスなどの生野菜は副菜と合わせて食べられますが、生野菜の量を多くするときは、手作りのドレッシングを添えて。もちろん、ふだんの食事の際のサラダに合わせてもGood! いずれも2週間が保存の目安。時間のあるときに用意しておき、糖質が低く無添加のドレッシングで生野菜をモリモリ食べてください。

ドレッシングはよく混ぜ、汁こぼれしないミニカップに入れて。サラダが入ったお弁当に添え、食べる前にかけましょう。

トマト酢ドレッシング(180ml)

yaseoka_beto_colum01_B

【材料と作り方】
トマト(1個)をすりおろして耐熱カップに入れ、酢(大さじ3)、 塩(小さじ1/3)、コショウ(少々)を加え混ぜる。ラップをせずに電子レンジで30秒加熱する。オリーブオイル(大さじ2)を加え混ぜ、保存容器に入れ、冷蔵保存する。

白だしドレッシング(180ml)

yaseoka_beto_colum01_C

【材料と作り方】
カップに白だし、水、酢(各大さじ4)、柚子コショウ(小さじ1)を入れて混ぜ合わせる。ゴマ油(大さじ2)を加え混ぜ、保存容器に入れ、冷蔵保存する。

レモン醤油ドレッシング(180ml)

yaseoka_beto_colum01_D

【材料と作り方】
耐熱カップに醤油、レモン汁(各1/4カップ)、水(大さじ1)、顆粒和風だし(小さじ1)、みりん(大さじ1)を入れて混ぜる。ラップをせずに電子レンで30秒加熱する。オリーブオイル(大さじ2)を加え混ぜ、保存容器入れ、冷蔵保存する。

監修:柳澤英子(やなぎさわ・えいこ)

料理研究家。編集・ライターとして料理関連の雑誌やムック、書籍、広告の制作に携わるとともに、レシピの開発や提供など食全般に関わる。数々のダイエットに挑戦してはリバウンドをくり返したが、「食べてもやせる」ダイエットで劇的スリム化に成功。そのメソッドを説明した「やせるおかず 作りおき」は、累計66万部超の大ヒットシリーズに。最新刊に『全部レンチン! やせるおかず 作りおき』(小学館)

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事