英国ロイヤルファミリーの仰天ルール|ファー、バッグ斜め掛け禁止も

ヘンリー王子と婚約している間、メーガン妃に王室から「命令書」が届いた。その内容は、「婚約を継続したいなら、王室のさまざまなルールを守りなさい」というものだったという。エリザベス女王を頂点とする英国王室には、食べ物やファッションアイテム、座り方にまで、私たちの想像をはるかに超える厳しいルールが存在するのだ。

ロイヤルファミリーの集合写真。チャールズ皇太子、カミラ夫人、ウイリアム王子、キャサリン妃、ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子、ヘンリー王子、メーガン妃らが笑顔で写っている

写真/アフロ

『ヴィクトリア女王 最期の秘密』、『女王陛下のお気に入り』、『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』―― 2~3月にかけては、英国王室を舞台にした映画ラッシュ。そこには、あっと驚くような描写もある。

「『ヴィクトリア女王』で、女王が食事を終えると、食事会の出席者が皆ナイフとフォークを置き食事を終える場面が印象的でした」

こう話すのは英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんだ。このルールは今も王室で守られているものだという。

「女王が食事を終えたら、他の人はたとえお皿に食べ物が残っていても、それ以上は食べてはいけません。また、女王が立ち上がったら、同室の人たちは一斉に立ち上がります」

仰天の英国王室ルールは、ほかにもたくさんある。

【出産編】

メーガン妃

写真/アフロ

ヘンリー王子の妻・メーガン妃は現在第1子を妊娠中で、今年4月に出産の予定だ。王位継承順位7位となる赤ちゃんは、生まれた瞬間から王室ルールに従うことになる。

●女王に一番に報告
子供誕生のニュースを誰よりも先に報告するのはあの人だ。

「両親が最初に知らせるのは女王です。これが決まりです。キャサリン妃の長男が誕生したとき、夫であるウイリアム王子が最初に伝えたのは女王でした。名前も一番先に女王に知らせることになっていて、公表はそのあとになります」(在英ジャーナリストの小林恭子さん)

●1841年から洗礼式のドレスは同じ
赤ちゃんはキリスト教徒として生まれるので1才前に洗礼を受けることになる。

「白く長いローブのような服を着ます。今の女王もその子供たちもみんな同じものを着てきました」(小林さん)

今までに60人以上が同じ服を引き継いで着てきたため、生地がもろくなり、2008年からは同じ素材・同じデザインで作られたレプリカが使われているという。

【食事編】

●甲殻類は食べない
アレルギー体質でなくても、えびもかにも御法度。

「食中毒など、万一のことを考えて、甲殻類を召し上がりません」(多賀さん)

ちなみに火が通っていないレアの肉も決して口にしない。また、独特な香りで食欲をそそるにんにくも、禁止だ。

「にんにくは口臭のもとになるため、食事には一切使われません。多くの人と会うことが多いので、制限しているのでしょう。同じ理由で、玉ねぎもセーブしているようです」(多賀さん)

【次ページ】バッグを斜め掛けするメーガン妃の姿!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事