【名医が愛するコンビニ飯】133kcal杏仁豆腐など「低カロリー」「栄養バランス」で厳選6品

天気予報に花粉情報がプラスされ、春の気配を感じるこの頃。歓送迎会シーズンは、つい外食が増えがちだから、朝食やランチ、間食はカロリー表示のあるコンビニフードで、しっかり調整をしていきたいところ。そこで、2日に1回は利用するというコンビニラバーな医師にオススメのコンビニフードを聞いた。

セブン−イレブンの海老カツ&たまごサンドとアサヒ飲料のカラダカルピスとセブン−イレブンのとろける濃厚杏仁とセブン-イレブンのおでんとセブン−イレブンののむヨーグルトいちご 190gとカンロの茎わかめ 梅味

小腹が空いたときや疲れて血糖値を上げたいときなどにすぐ食べられるよう職場にコンビニのお菓子を常備しているという医師の藤野未雪さん。昼食にコンビニを利用することもあるそうで、安くておいしいコンビニスイーツ事情にも詳しい。

「コンビニは、季節やイベントごとに新商品が登場するので旬がよくわかります。製造日と賞味期限が近く、保存料が少なそうな、できるだけフレッシュなものを選ぶよう心がけています。それからカロリーバランスを考えて、メインのカロリーが多めの場合は、デザートはゼリーや杏仁豆腐などでヘルシーに。スイーツをしっかり食べたいときはメインを控えめにしています。炭水化物、たんぱく質、脂質もバランスを重視しますが、極端な制限はしていません。ただ炭水化物ばかりにならないよう、意識してたんぱく質を摂るようにしています」(藤野さん・以下同)

カロリーを気にせず飲める乳酸菌飲料

アサヒ飲料のカラダカルピス

『カラダカルピス』(アサヒ飲料)172円(税込・編集部調べ)

脂肪を燃やす酵素を活性化させ、エネルギーに変化させるというアサヒ飲料独自の乳酸菌CP1563株を含むヘルシーなカルピス。1本500ml入りで0kcal。スッキリとした甘さが特徴だ。

「カルピスソーダが大好きで、お風呂上がりなどに飲みすぎてしまったら、すごく太ってしまって。乳酸菌飲料を飲むと便秘になりにくく、乳酸菌や酵母などを健康維持のために摂りたいので、カロリーが気にならない『カラダカルピス』は重宝しています」

たんぱく質多めのサンドイッチは心も満足

セブン−イレブンの海老カツ&たまごサンド

『海老カツ&たまごサンド』(セブン-イレブン)300円(税込)

すり身などのつなぎを使わず海老のむき身だけで仕上げたプリプリ食感の海老カツとシャキシャキの生キャベツをサンドした海老カツサンドと、濃厚なコクとうま味のあるたまごサラダサンドがセットに。しっかりボリュームがあって350kcalというのも人気の秘密かも。

「サンドイッチは意外とたんぱく質が豊富。お肉やお魚の単体ほどたんぱく質は多くないですが、おにぎりよりは多く、野菜も入っていてバランスも悪くありません。しかも2種類の味が楽しめるのも嬉しいポイント」

味は濃厚でカロリー抑えめデザート

セブン−イレブンのとろける濃厚杏仁

『とろける濃厚杏仁』(セブン-イレブン)151円(税込)

1食あたり133kcal。とろける舌触りの本格的な杏仁豆腐は、151円とプチプラながら、濃厚な生クリームの味わいが楽しめる。

「食後のデザートとしてよく食べます。ごはんはしっかり食べる方なので、焼き菓子やケーキなどは避けつつ、甘いものを食べたいときは我慢せずデザートも食べます。杏仁豆腐だとカロリーも控えめで、苦しいほど満腹にもならず、ほどよい満足感が得られます」

つゆまで飲めば低カロリーでも満腹感◎

セブン−イレブンのおでん、味しみ大根とつゆだく白滝

『おでん』(セブン-イレブン)(味しみ大根85円、つゆだく白滝75円・税込)

味のしみ込んだ『味しみ大根』は8kcal、『つゆだく白滝』は5kcalと、存在感は大きいのにカロリーが控えめ。セブン-イレブンのおでんの具材の中でも”欠かせない8品”に堂々ラインナップしている。

「たくさん食べたいとき、思いのままに買ってしまうと糖質過多になるので、おでんの大根や白滝などの低カロリーなもので満腹感を得られるよう調整しています。薬味も辛子だけでなく、柚子こしょう、辛子味噌などもあり、“味変”が楽しめます」

朝ごはん代わりに、ドリンク以上スイーツ未満

セブン−イレブンののむヨーグルトいちご190g

『のむヨーグルトいちご 190g』(セブン-イレブン)127円(税込)

腸内の善玉菌を増やすガラクトオリゴ糖入りの、飲むタイプのいちご入りヨーグルト。いちごの果肉感とヨーグルトのコク、生クリームの濃厚なミルク風味が楽しめる。1本当たり149kcal。

「小さい頃から好きでよく食べていたヨーグルト。家ではプレーンヨーグルトにフルーツ+ジャムなどで甘味をつけていましたが、外ではできないですし、しかも食べるより飲む方が手軽なので、よくこちらを飲んでいます。最近は忙しい朝の朝食代わりにすることも。少量でも飲みごたえもあるので、昼食後のスイーツ代わりにもいいですね」

ギルティフリーな野菜不足解消おやつ

カンロの茎わかめ 梅味

『茎わかめ 梅味』(カンロ)132円(税込・編集部調べ)

茎わかめを酢漬にして、梅味で食べやすく仕上げたヘルシーおやつ。1袋22g入って22kcal。脂質は0g。シャキッとした茎わかめの歯ごたえを楽しめる。

「小腹が空いたときによく食べます。しょっぱいものが食べたくなったときに、高カロリーなポテトチップスを回避してたどり着くのがこれ。食物繊維も摂れますし、低カロリーなのでたくさん食べても罪悪感もなく食べられ、野菜不足の解消にもなります。パッキングチャックがあるのも嬉しいですね」

健康診断医:藤野未雪さん

健康診断医の藤野未雪さんの顔

東京医科大学医学部医学科卒業。現在整形外科として都内の病院にて勤務。患者に対する健康診断も定期的に行い、健康の啓蒙も行っている。

撮影/黒石あみ

●【美のプロが愛するコンビニ飯】「低カロリー・高たんぱく」を意識した「もち麦おにぎり」「焼きぐり」など6品
●【美のプロが愛するコンビニ飯】なぜ880円のナッツを選んだのか?などオススメ6商品とその理由を紹介!
●コンビニで手軽に買えて腸活に◎!グリーンバナナパウダー配合のスムージーを【実食レポ】
●コンビニ飯をヘルシーメニューにするための裏ワザ5選
●コンビニ飯の健康志向が進行中!”自分定食”を組み立てるのがコツ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事