即効!くびれの作り方|簡単なストレッチ3ポーズを解説

ストレッチに“ひねる”動作を加えるだけで、筋肉の運動量は4倍に。体重を負荷に、効率よく脂肪燃焼する術を公開!

体の重みでひねって体の奥から刺激

体をひねる動きを加えたストレッチや食事指導で、有名モデルからの信頼も厚いボディメイクトレーナーの武田敏希さん。

「肩甲骨やわきの下などの上半身には、『褐色脂肪細胞』という脂肪細胞があります。これは全身の体脂肪を燃焼させるヒーターのようなもので、ウエストをひねったり、肩を回したりして刺激すると、全身の体脂肪が燃えやすくなるのです。自分の体重で負荷をかけるので、運動不足の人でも難しくありません。ウエストをひねる動きは腸を刺激することにもなるので、便秘によるポッコリお腹も解消でき、体調もよくなりますよ」(武田さん)

【ひねりストレッチのココがすごい!】
・体脂肪を燃やすための細胞を活性化
・背骨の歪みを正し、動きやすい体になる
・腸が活性化し、便秘を解消

背骨ひねり

背すじを整えて、ストレッチが効きやすい体の土台づくり。

両手を広げて仰向けになって両足を立てている女性

【1】あお向けに寝て、ひざを立てる。腕は肩の高さに伸ばして手のひらを天井に向ける。

両手を広げて両足を片側にひねっている女性

【2】ひざをそろえたまま、脚を右側にゆっくり倒す。いったん【1】に戻り、同様に左側に倒す。【1】【2】を1分間繰り返す。

仰向けになり、肩が地面から浮いている女性
【NG】肩が床から浮かないよう注意。

上半身ひねりストレッチ

ウエストと肩甲骨まわりを刺激し、肩こりも解消。

仰向けに寝て手と足を逆にひねって、上になったほうの腕を回している女性
あお向けに寝る。左ひざを90度に曲げて右側に倒し、右手で押さえる。左腕を伸ばし、大きく円を描くように10回回す。反対側も同様に。左右各10回

全身ひねりストレッチ

股関節の歪みを整え全身の代謝アップ。

両手を広げてうつ伏せに寝ている女性

【1】うつぶせに寝て脚をそろえる。腕は肩の高さにまっすぐ伸ばし、手のひらは床につける。

うつ伏せに寝た状態で体をひねり、足だけ前後に開いている

【2】両肩を床につけたまま、右脚を左後方に上げて3秒キープし、【1】に戻る。10回行い、左脚も同様に。【1】【2】を左右各10回×2セット。

【POINT】
難しい場合は、ひねりを浅くして、つま先を床につけてもOK。

教えてくれたのは:武田敏希さん

ボディメイクトレーナー『e-stretCh』代表。NEST A-PFT全米エクササイズ・スポーツトレーナーなどの資格を持つ。著書に『ひねってやせる!』(二見書房刊)。

撮影/田辺エリ

※女性セブン2019年3月7日号

●腰回りやウエストのムダ肉を撃退!ダイエットコーチが教える悪姿勢を改善するストレッチ
●正月太り解消にもオススメ!簡単だから続けられる『ストレッチポール』の基礎まとめ
●寝転んでお腹引き締め!【骨盤調整エクサ】美くびれをつくる「ウエスト筋膜ストレッチ」
●人気モデル・森暖奈さんと一緒に体験!自宅でも実践したい「ゴールドジム」式エクササイズ
●くびれ作りに役立つお手軽1分ストレッチ【パーソナルトレーニングジムの動画レッスン】(Dr.トレーニング)

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事