リクイドファンデーションの塗り方|美のプロが立体感を出すテク伝授

パウダーファンデーションに比べて、よれやすくムラになりやすいリクイドファンデーションはキレイに仕上げられない…。そんな人にオススメの方法とは?

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが女性にメイクを指南している

カネボウ化粧品のトータルメイクアップブランド「COFFRET D’OR(コフレドール)」が開催したベースメイクの品質の差を決定づける”粉”にフォーカスした勉強会『粉塾-“粉”目線で見極める、上質なリクイドファンデーション- 』に、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが登壇。

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん

パウダーについての見識が深く、女性誌などでも“粉”の使いこなし術を紹介している長井さんが、最新の肌トレンドとリクイドファンデーションの関連性を解説。また、2月16日(土)に新発売されるリクイドファンデーション『リフォルムグロウ リクイドUV』を使ってメイクデモンストレーションを行いながら、すぐできるテクニックをレクチャーした。

下地もファンデーションもしっかり塗りがトレンドに

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんがメイクを指南している

長井さんいわく、昨年からファンデーションのトレンドは随分変化しているそう。薄づきのナチュラルな肌に仕上げるものではなく、きちんと塗ってカバー力があるものが人気に。そんなトレンドに『リフォルムグロウ リクイドUV』はマッチしているのだとか。

飾られて置かれている「COFFRET D’OR(コフレドール)」の商品

「これからは下地もファンデもきちんと塗りで、ナチュラルにもハイカバーにも仕上がりを操れるファンデーションがトレンドになりそう。上質な美容液のようになめらかで軽いテクスチャーでありながら、高いカバー力をあわせ持つ『リフォルムグロウ リクイドUV』なら、さっとひと塗りで軽やか肌もきちんと肌もコントロールが自在。気になる箇所は重ねづけしてカバーするだけでテクいらずなので、肌悩みや年齢を問わずこれ1本で簡単に今季のトレンド肌を作ることができます」(長井さん・以下同)

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんとメイクデモンストレーションを受ける女性

ではさっそく、長井さん流『リフォルムグロウ リクイドUV』を使ったリクイドテクニックをご紹介!

“なると置き”からの“すべらしタッチ”で「ピタリ一層仕上げ」

【1】まずは、リクイドファンデーションをスポンジに“なると”を描くようにたっぷりと置く。

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんからメイクデモンストレーションを受ける女性

「スポンジはとがってる方ではなく、広い方を使ってください。スポンジの面を広く使うことが大事です」

【2】それを肌に“すべらしタッチ”しながら、塗っていく。

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが女性にメイクをしている

「肌に薄いベールをのせていくイメージで、スポンジをすべらすように軽いタッチで伸ばしてください。最初は“すべらしタッチ”で、薄くピタリと塗っていき、自分の肌を透かせて見せるような仕上がりがベーシックです」

【3】小鼻周辺もスポンジの角でしっかりと塗り込む。

「細かい部位はスポンジの角でしっかりと “細部攻め”しておけば、隙のない今風の肌に仕上がります」

美肌ゾーンはタップ盛り&カラ磨き!立体感を出すおすすめテク

【4】目の下のクマから頬骨にかけてタップ塗りをし、盛り上げていく。

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが女性にメイクをしている

「スポンジにリクイドファンデーションが残っていたらそのまま、なければもう1回なるとで足して(【1】と同様)、 “美肌ゾーン”(下まぶたの広い部分)にタップするように重ねづけして盛りましょう。『リフォルムグロウ リクイドUV』など盛れるファンデは肌に溶けこんで艶やかに自然に仕上がるので、厚塗りをさけがちな目の周りなどにも思いっきって盛って大丈夫です」

【5】最後にリクイドのついていないスポンジ面で、盛りつけたところをカラ磨きする。

「COFFRET D’OR(コフレドール)」主宰の『粉塾-“粉”目線で見極める、上質なリクイドファンデーション- 』に登壇したヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん

「磨き上げるように塗る“カラ磨き”をすることで、リクイドを肌により溶けこませられます。“美肌ゾーン”は盛ることで引き上がるので、ツヤ位置高めの自然で立体的なオーラ肌に仕上げることができますよ。よくコンシーラーやハイライトで立体を作っていきますが、毎朝のお手入れとなると、アイテム数は少ない方がいいですよね? リクイドファンデ1つで肌を仕上げて、立体的に仕上げられるのでオススメです」

長井かおりさんのデモンストレーションでの完成メイク

長井さんいわく、「今はピンクっぽい粉メイクも流行っていますので、キャンバスとなる肌はますます重要になってきますよ」とのこと。ぜひ、長井さん流テクで、立体感のある肌を作って。

『コフレドール』リクイドチームの芝野友紀子研究員と藤岡健太研究員

イベントでは、『コフレドール』リクイドチームより芝野友紀子研究員と藤岡健太研究員が登壇し、『リフォルムグロウ リクイドUV』に搭載された最新の粉技術や、リクイドにおける粉の果たす役割や『コフレドール』ならではの粉ごしらえを解説するトークセッションも実施された。

講師:長井かおりさん

ヘア&メイクアップアーティスト。雑誌、広告、映像など幅広いジャンルでモデルや女優のヘアメイクを手掛ける。著書のメイク本は累計20万部のベストセラーとなっており、わかりやすく、効果的なメソッドが人気。“粉”についての見識が深く、女性雑誌の美容企画でも、その粉の使いこなし術に注目が集まっている。

【データ】
『コフレドール リフォルムグロウ リクイドUV』
発売日:2月16日
価格:オープン
カラー:全7色
容量:30mL
https://www.kanebo-cosmetics.jp/coffretdor/products/foundation/item07/

●パウダーファンデーションで「ツヤ肌」になる方法とは?美のプロ・長井かおりさんが伝授
●夏向けに軽やか!長井かおりさんが【崩れないメイク】のコツを伝授
●乾燥しがちな肌を守るファンデーションの塗り方と絶対にやるべき鉄則
●神崎恵がツヤ肌を作るオイル美容法を指南!「いいニオイ」と言われる裏技とは?
●内田理央がいち早く体験!知らなきゃヤバイ「2019年トレンドメイク術」のポイント

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事