料理研究家・森崎友紀の“キレイ”を作る3つの食習慣【美痩せインタビュー】

2児の母で今年40歳になるとは思えない美肌とスタイルの持ち主、料理研究家の森崎友紀さん。食の専門家というだけあって、彼女の食習慣に美を保つ秘訣がありそう!

森崎友紀

そこで、東京・日比谷ミッドタウン6F『Q CAFÉ by Royal Garden Cafe』で開催された「漢方ダイニング Eat & Smile by かんぽ生命」)で漢方料理を監修した森崎さんに、日々の食事について教えてもらった。

* * *

栄養価が高い旬のものを食べる

森崎友紀

健康や美容のためには、外よりも内側から栄養を取り入れることが大事。中でも栄養価の高い旬の野菜を選ぶようにしています。外食のときは、サラダやたんぱく質、炭水化物などをバランスよく食べるのが鉄則。サラダと前菜、メイン料理をバランスよく選んでしっかりと食べています。何かを劇的に抜いたり、偏ったものを食べるということはしません。

さらに、漢方を取り入れた料理を食べることで、体調管理をしています。漢方って、実はスパイスが多用されているんです。なので、塩こしょうの味付けで飽きたというときなど、スパイスをプラスするとさらに味に深みが出て、おいしくいただけるのでオススメです。

食物繊維を摂って便秘予防

森崎友紀

今、流行っている大麦は、昔から栄養素満点の食材として愛されてきたもの。特に食物繊維は不溶性・水溶性共に豊富なので、腸内環境を整えるのに◎。わが家でもサラダやスープに入れるなど、大麦を多用しています。普段の料理にプラスするだけでいいので、とても使いやすいんです。

便秘は体からのSOSのサインなので、その予防策として普段の食事から食物繊維を摂るようにしています。

さば缶などを活用して栄養のある食事を3食とる

森崎友紀

40歳を目前にして、代謝が下がるなど、体の変化を感じることが多くなりました。また、痩せすぎても、顔のシワが目立ってより老けて見えてしまうので、自分が健康でいられる標準体重でいることが大切だと思うように。そのために、バランスのいい食事を1日3食きっちり食べるようになりました。とはいえ、毎回手の凝った料理を作るのは大変なので、疲れて調理に時間をかけたくないときはさば缶など便利なアイテムを活用しています。

また、美肌のためにも野菜をたくさん食べるようにしています。薬という文字は、草を摂取して楽をするという意味を持っているんです。つまり、野菜を取るだけで肌質や健康面もガラッと変わってくるということ。20代、30代を経て40代の自分らしさを保つため、よりバランスのいい食事をテーマに毎日の食事を楽しむことが大切だと思っています。

撮影/生熊友博 取材・文/吉田可奈

今回のスリム美人:森崎友紀さん

森崎友紀

1979年生まれ。大学を卒業後、私立病院に管理栄養士として就職。その後、働きながら劇団、モデル事務所にも所属する。のちに料理研究家として独立し、バラエティー番組やグラビアなどでも活躍。2016年に結婚し、2人の子供を出産。著書に『楽々やせる! 病気が治る! 玉ねぎヨーグルト』(マキノ出版ムック)など。https://ameblo.jp/morisaki-yuki/

●野波麻帆、撮影前は3日間“クレンズ”置き替えでリセット!意外な美肌術も告白【美痩せインタビュー】
●【管理栄養士が愛するコンビニ飯】スーパー大麦、チョコなど美容&健康に◎な5つの商品名を公開!
●ダイエットの最強食!「スーパー大麦」と「もち麦」が痩せるワケ
●おいしく腸活!ダイエットに役立つ「スーパー大麦レシピ」4選
●いわし缶はダイエットに効果的!”さば缶超え”の理由を医師・工藤孝文さんが解説

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事