【外出直前の緊急ケア2】ほうれい線を目立ちにくくする方法をリンパマッサージ専門家がレクチャー

口の両脇に年々深く刻みこまれていく、ほうれい線。老け顔に見える原因にもなるから、対処したいけれど、目立たなくすることはすぐにはできない…?

「1日1分で顔のかたちまで変える! 奇跡の小顔マッサージ 1週間レシピ」の表紙

リンパマッサージで自身も15kg以上の減量に成功したボディメンテナンスセラピストの久優子(ひさし・ゆうこ)さんが、そんなお悩みを解決。

体痩せだけでなく小顔マッサージも提案している久さんの最新著書『1日1分で顔のかたちまで変える! 奇跡の小顔マッサージ 1週間レシピ』(宝島社)では、寝る前に行う16ステップのマッサージを紹介している。顔のむくみの原因となる老廃物を、リンパマッサージのメソッドで首下までしっかり流すので、続けるほどに小顔に近づくことができるという。

ほうれい線対策は毎日のケアがもちろん重要だけれど、ここぞという日の応急処置として有効なケアを久さんに教えてもらった。

反射区を活用したほうれい線ケア

手にある、ほほの反射区

【1】親指の第二関節の横を、逆の親指の腹で強めにもみほぐす
【2】逆の手も同様に行う
【3】鏡をチェックしてどちらかの頬骨の位置が低いときは、反射区を再度もみほぐす

反射区とは体の器官や臓器と呼応するゾーン(面)のこと。点であるツボに対して、自分で探りやすいので、セルフケアに取り入れやすいのがポイント。

「ほうれい線なら、手の反射区を使うのが手早くできてオススメ。頬骨周りの反射区をほぐすことで、頬が上がってきます。反射区は顔の左右と逆の側に相対するので、顔の左側が気になるときは右手の反射区を刺激してくださいね」(久さん・以下「」同)

頬骨の位置を高くするほうれい線ケア

リフトアップのマッサージ法

【1】両手の拳を軽く握り、第二関節を頬骨のキワ(鼻側)へ垂直に当てる
【2】鼻側、真下、耳側の3か所に分けて頬骨のキワを押す。このとき痛気持ちいいくらいの強さで行う

「頬骨のうえにある筋肉をほぐすことで、下がった頬がリフトアップ。すると、ほうれい線も目立ちづらくなります。メイクをしている場合は、第二関節の代わりに親指を使ってもOK。親指の場合は、5か所に分けて、鼻の横から耳の前まで押していきます」

鼻の横から耳の前までを押す一連の流れを2セット。毎日続けることで、頬骨の位置を高くキープすることができるけれど、1回だけでも変化が期待できるので緊急ケアとしても◎。

念入りなケアをしないと改善できないイメージのあるほうれい線も、実は緊急ケアが可能。出かける前に鏡を見て、ハッとしたときに試してみて。

撮影/HITOMI KAMATA 取材・文/横山由希路

監修:久優子さん

久優子

ひさし・ゆうこ。1974年生まれ。ボディメンテナンスセラピスト、美脚トレーナー、完全紹介制のボディメンテナンスサロン「美・Conscious(コンシャス)~カラダ職人~」代表。脚のパーツモデルをへて、ホリスティック医学の第一人者である帯津良一医師に師事。予防医学健康美協会、日本リンパセラピスト協会、日本痩身医学協会で認定を受け、講師としても活動する。『押したら、ヤセた。』『やせたいところから最速でやせる!久式リンパマッサージ』(共に宝島社)など著書多数。

●運動なしで15kg以上痩せた専門家が教える顔痩せの極意&リンパを流す3つの小技
●【外出直前の緊急ケア1】寝起きの目のむくみを速攻改善する方法をリンパマッサージ専門家がレクチャー
●1パーツ約2分!美脚トレーナー・久優子さんの“押すだけ”ダイエットの基礎知識
●【山本浩未さんのメイクのメ】ほうれい線も今や化粧品で薄くなる時代です!
●【最新整形事情】ヒアルロン酸、ボトックスが定番人気!注目はアンダーヘア脱毛!?

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事