61歳オバ記者、7か月続けた”月曜断食”の意外な影響!白いご飯への興味が…

昨年、“月曜断食”を7か月続けて11kgのダイエットに成功したオバ記者。

有働アナの写真を持つオバ記者こと野原広子

体調の変化を今も感じているようで…。連載127回となる今回はダイエット中は避ける人も多い白いご飯について、オバ記者なりの見解をお届けします。

* * *

最近、「有働由美子さんに似ている」と言われるようになったとここに書くと、「そうそう目のあたりがそっくり」だの、「あごのラインが似ている」だの、「愛嬌のある鼻なんかも」だのと、まあ、いろんなことを言われるんだわ。

有働アナのように背中の開いたドレスを着たい

有働アナの写真を持つオバ記者こと野原広子

「そっかな~」とか軽く否定しつつ、私が思い浮かべているのは紅白歌合戦の司会をしていた彼女の思いっきり背中の開いたロングドレス。肩から肩甲骨にかけてのラインがシェイプされて、キレイだったもんねぇ。あと10kg痩せたら、私も背中の開いたドレスが着られるかな~、なんてね。

いやいや、危ない、危ない! 61才の私が目指すのはあくまで、“シュッとしたイケてるおばさん”。膝が痛い、腰が痛いと言わず、軽やかに動ける体になればそれでいいんだって。で、今回はご飯の話。

うどんやお寿司などが乗ったお膳のメニュー

定食には炭水化物を含んだ料理も

昨年11月で“月曜断食”を休止してから、炭水化物、解禁。ご飯ほか、そばやパンも普通に食べている。朝からカレーライスを食べることもあるし、大好きな立ち食いそば店巡りもする。ラーメンだって、食べたいときは食べてる。さすがにそんな日が続くと、痩せてから「ピッタリ!」のジーパンがピチピチになるし、お腹周りのぜい肉も厚くなっている、ような。

ゲソ揚げ、ワカメをのせたそば

そばにはゲソ天、ワカメをのせて

そうなると体重計になんか乗るもんか。「ダイエットの第一歩は、現実直視? はいはい、明日はきっとね」とか何とか、心の中で言いながら…。これまでの経験で言うと、だいたいこの段階で3kgは太っているんだよね。そうしたらあとは坂道を転げ落ちるよう。4~5kg増なんて、あっと言う間よ。

炭水化物を解禁後、体重計に乗ってみると…

体重計に乗ったポーズを決めるオバ記者こと野原広子

体重計に乗ったときの驚きを再現するオバ記者

ところが、なの。年明けてから、「ああ、どうにでもなれ」と開き直って体重を測ると、最高に痩せた11kg減+2kg。先日は区の検診で、病院の体重計で看護師さんが測ったら、そこから1kg減っていた。要はリバりそうで、リバってないんだって!

なんで? 振り返ってみると、ご飯もそばもおいしいけど、以前のように白いご飯を食べても食欲のスイッチが入らないんだよね。子供のころからマグロの刺身は私の大好物で、白いご飯と組み合わせたらダイエッター必殺メニュー。「ご飯3杯、軽い、軽い」で、60才まで生きてきたのに、今はご飯は1杯だけで、マグロの刺身だけ黙々と食べている。

その分、マグロの刺身の味にはものすごくうるさくなって、暇さえあればデパートや、ここぞというスーパーで上物のアラをあさっているわよ。寿司屋でも、養殖と天然ものか、瞬時にわかるんだから。

キケンなのはカレーね。自分でスープから作ったチキンカレーは、ついついおかわりしちゃうから、作った日に冷凍することにしている。

白いご飯の地位が自分の中で大きく変わった

白いご飯

以前と大きく変わったのは、私の中のご飯の地位。以前は1年中、ドーンとど真ん中にいたけど、いまは「今回はセンターにいてもいいよ」って。いわば、長年連れ沿った夫婦みたい。

ゆるい糖質制限の”月曜断食”を7か月続けたおかげで、炭水化物の正体が見えたのよ。男と同じでさ、おいしいことはおいしいけど、夢中になるほどのものではないって、引いて見るようになったんだわ。“月曜断食”を休止してから3か月もたつのに、元の“ご飯大好き体質”に戻らないんだね。

ご飯を食べるポーズをするオバ記者こと野原広子

思えば18才で上京してすぐは、まかない付きの寮に入っていたけど、それから43年間、ずっと自炊。その時々で、自分の食べたい食材があったけど、こんなに変わったのは初めてよ。

たとえば、無性に葉物サラダ、どうしても野菜料理が食べたくなる。毎回、すりおろした生姜を入れためかぶと、欠かさず豆腐やがんもどき。キノコ類もほぼ毎食。

こうして並べてみると、“老人好み”という気がしないでもないけど…、まあ、いいか。誰が何と言おうが、今年は“シュッとしたイケてるおばさん”になるんだから!

オバ記者(野原広子)

1957年生まれ、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。

●ダイエット中にオムライスを食べるコツ!好きなものを食べながら痩せる「帳消しダイエット」
●「マラソンや筋トレでは痩せない」理由とは?医師がズバリ語る
●10か月で25kg減量した医師、結果を出せるダイエット法の3条件とは?
●【究極の糖質制限ダイエット】17kg減量した医師が「朝・昼・晩」の独自メニュー公開!
●から揚げにちょい足しでカロリー帳消し!好きなものを食べながら痩せる「帳消しダイエット」

●【126】61歳オバ記者、「有働アナに似ている」と言われご満悦
●【125】61歳オバ記者、高校生に混じって3日間のタグ付けバイトに挑戦!その結果、痩せられたのか?
●【124】61歳オバ記者、平成の名曲で踊る「ホットステップ」に挑戦も、開始10分で逃亡
●【123】61歳オバ記者、11kg痩せた “月曜断食”はやめた…?茨城&栃木で食い倒れ旅>
●【122】61歳オバ記者、ZOZOSUIT計測後のショック続く ダイエットは撤退?
●【121】61歳オバ記者が激怒!? ZOZOSUITで計測後「あなたサイズ」の服を買ったらウエストがブカブカ!!
●【120】61歳オバ記者、ZOZOオリジナル服を注文したら到着まで21日!「今どき、そんな通販商品ある?」
●【119】61歳オバ記者、ZOZOSUITに不満爆発!?前澤社長に「おばさんの気持ちわかってる?」
●【118】61歳オバ記者、ZOZOSUIT着用で計測されたサイズに「間違ってる!」と激怒

●【117】61歳女性記者、時給1000円の肉体労働を3日間続けたら体重はどうなった?
●【116】“月曜断食”7か月で11kg減の61歳女性記者、「ダイエット成功のカギは野菜」
●【115】アラ還記者が痩せるために始めた誰にでもできる「0円ダイエット」レポ
●【114】オバ記者、“月曜断食”中に開き直る?ラーメン、餃子でお腹いっぱいに
●【113】“月曜断食”で「10kg減の壁」にぶつかるオバ記者、なぜ痩せないのか?
●【112】“月曜断食”中のオバ記者、『幸楽苑』ラーメンの1年間無料パスを月曜日にもらって苦悩
●【111】“月曜断食”挑戦169日目、誘惑に負けて月曜日に食べまくったらどうなったか?
●【110】“月曜断食”挑戦中のオバ記者、過去最大の空腹をどう乗り越えたのか?

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 夏子 より:

    『こちらの写真を見てほしい』とある12月29日付けのオバ記者さまのダイエットレポート。2枚目の写真を見たとき、私は有働さんを思い出しました!
    シンプルでカットのきれいなワンピ姿、ショートカットのヘアスタイルもエレガントにセットされて、そうするとお顔の輪郭がきれいに出て、有働さんの雰囲気あり!

    月曜断食休止期間中の経過がとても興味深いです。白いご飯を美味しく味わいながらも自然に量をコントロール出来ていた……。そしてリバウンドも何とか抑えられているとのことで。

    現在のオバ記者さまは、月曜断食体験によってリセットされて、本来あるべきふうの食生活を何気に送っているご様子。私は月曜断食やっと4週目に入りましたが、励みになります!

    12+

  2. ミジメ より:

    本当に有働アナウンサーが可愛そう。こういう人にはなりたくない、なってないけないというリアルな反面教師として、面白くないのについ読んでいます。

    34+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事