【骨盤シェイク】腹筋を使って骨盤を回し、体幹を鍛錬!

AKB48をはじめ、数々の人気アーティストを手がけるカリスマ振り付け師、WARNER(ワーナー)さん。加圧スペシャルトレーナーとしても活躍する彼が創り出したダンスエクササイズは、日常生活では使われにくいコアマッスルを刺激することでキレイなくびれが生まれる。

さらに、基礎代謝をアップすることで太りにくい体にもなれる…といいこと尽くめ。そこで、『WARNER先生の骨盤シェイクダンス』(小学館)から、初級編のエクササイズを映像とともにご紹介。まずは一度試してみて。

* * *

初級*骨盤サークル(左右各2回)

骨盤4サイドの動きをつなげ、骨盤で大きな円を描くような動き。腹筋を使って大きく骨盤を回すことで、体幹を鍛えます。

kotsubanshake_kotsubancircle01

腕は体の横に下ろしてから、後ろに振る

【1】腹筋に力を入れて、骨盤を前に突き出す
足を肩幅より広めに開いて、両ひざを軽く曲げる。腕は体の横に下ろす。その姿勢のまま、腹筋を使って骨盤を前に突き出し、腕を後ろに振る。

kotsubanshake_kotsubancircle02

骨盤を右に回していく

【2】腹筋を使って、骨盤を右に回す
そのまま前から右へと、骨盤を回す。腹筋に力を入れ、なるべく大きな円を描くイメージで。

kotsubanshake_kotsubancircle_03

骨盤を後ろに回していく

【3】腹筋を使って、骨盤を後ろに回す
腹筋を使って、骨盤を右から後ろに回していく

kotsubanshake_kotsubancircle_04

骨盤を左に回していく

【4】腹筋をゆるめず、骨盤を左に回す
そのまま後ろから左へと、腹筋を使って骨盤を回す。

【5】この1〜4の動きを右回し、左回し、各2回繰り返す

初級*肩回し(後ろ回し・前回し各2回)

kotsubanshake_katamawashi01

最後にクールダウン

最初と同じように、肩甲骨を大きく動かすことを意識しながら、肩を後ろに2回、前に2回、回してクールダウン。

映像で詳しくチェック!

→「骨盤シェイクダンス」のほかのエクササイズを試す

監修:WARNER(ワーナー)

kotsubanshake_warner振り付け師、トレーナー。振り付けアーティストは安室奈美恵、AKB48、乃木坂46、東方神起、宇多田ヒカルほか、多数。エクササイズ、トレーニングのスペシャリストとしても活躍しており、中目黒に完全個室マンツーマンのトレーニングスタジオ、「Personal Body Making Room(パーソナルボディメイキングルーム)」を主宰。著書に『WARNER先生の骨盤シェイクダンス』(小学館)

FEATURE

さらに見る

You might also like...