王室のルールは関係ない?キャサリン妃はデッキシューズ愛用

ウィリアム王子とヘンリー王子に嫁ぎ、英国ロイヤルファミリーの一員となったキャサリン妃とメーガン妃。そんな2人は、王室のしきたりにのっとらないファッションを見せていた!?

キャサリン妃

旅の際必ずデッキシューズを持っていくというキャサリン妃

キャサリン妃は、旅の際必ずデッキシューズを持っていくそう。ウィリアム王子との公務ではハイヒールやウェッジヒール姿が印象的だが、イギリスのタブロイド紙『Express.co.uk』によると、王室の慣習とは違えど、より実用的なシューズを常に準備するのだという。

ニュージーランド、インド、カナダへの公務の際もデッキシューズを愛用し、中でも「セバゴ」のトープとクリームのデッキシューズがお気に入りだそう。そのシューズは同ブランドにて、「ランチ、お使い、ちょっとした用事に最適。滑り止めが施されたアウトソールで沖合、岸沿い問わず安定の履き心地」と表現されている。

ジョージ王子(5歳)、シャーロット王女(3歳)、そして8か月になるルイ王子と3児の母でもあるキャサリン妃だからこそ、デッキシューズは必須なのかも!?

 

View this post on Instagram

 

Kensington Palaceさん(@kensingtonroyal)がシェアした投稿

一方のメーガン妃は、妊娠後、丈の短いスカートで公に姿を現して話題に。メーガン妃とヘンリー王子は昨年10月、オセアニアへの公務が始まったころに第1子の妊娠をケンジントン宮殿を通じて発表したが、その頃からメーガン妃のファッションは、「妊娠中でも変化しない体の部分を強調する」ものへ変わっていた。

 

View this post on Instagram

 

Kensington Palaceさん(@kensingtonroyal)がシェアした投稿

パーソナルスタイリストのケレン・ボーモント氏は、以前こう説明している。

「女性は妊娠すると体形が変わりますので、着こなしを変える人も多く見られます。公に注目される女性たち(キャサリン妃とメーガン妃)は、自身の見た目についてとても意識的です。大きくなったシルエットを妊娠中でも変わらない部分を強調することで相殺するのです。特に彼女たちは足に目が向くようにしています。2人ともスカートの裾を短くして長いスリムな足を強調させたのですね」

最近は、不仲説もささやかれているキャサリン妃とメーガン妃。その真相は不明だが、王室のしきたりととらわれないファッションセンスで、今後もロイヤルファミリーに華を添えていくに違いない。

 

View this post on Instagram

 

Kensington Palaceさん(@kensingtonroyal)がシェアした投稿

提供/Bangshowbiz

●メーガン妃、華麗なるマタニティファッション披露も“お腹だっこ”ポーズが大炎上
●メーガン妃の炎上ファッション──スケスケ、大胆スリット、背中パックリも!
●ダイアナ元妃からメーガン妃まで!英王室の華麗なるマタニティファッション
●S・ウィリアムズ、友人のメーガン妃に“服バカ売れ”の恩返し
●メーガン妃抑え、アパレル界影響力1位に輝いた21歳セレブ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事