25kg減に成功した減量外来ドクターが患者にすすめる3つのダイエット法を紹介!

研修医時代から、約10か月で25kgもの減量に成功した減量外来ドクターの工藤孝文さん。現在勤務しているクリニックのダイエット外来では、自身の経験を生かしてダイエット指導を行っているダイエットのエキスパートだ。

工藤医師が減量する前後の写真が2枚並んでいる

左はダイエット前の92kgあった32才のころ。右は67kgに減量した35才のころ

工藤さんは、 ダイエットの結果を出すには、

【1】誰でもできる
【2】意志が弱くても続く
【3】エビデンスがそろっている

の3つの条件が必要だという。

工藤さんが注目したのは、緑茶、コーヒー、おからパウダーの3つだ。

おからパウダー

たんぱく質や食物繊維など、多様な栄養素を含む大豆で作られた“おからパウダー”は今、注目の食材だ。

容器に入ったおからパウダー

「ダイエット中は間食をがまんしがちですが、食事の間が長くあくと、空腹が増してドカ食いを誘います。食間が8時間以上あるなら、間食として無糖ヨーグルト100gに、おからパウダー大さじ1 を加えたものを食べるといいですよ。善玉ホルモンであるアディポネクチンを増やし、やせ体質にしてくれます。甘みが欲しい場合は、はちみつを加えて」

→おからパウダーを使ったダイエット法の詳細はコチラ!

緑茶コーヒー

手に持ったカップに入ったコーヒーと手に持ったカップに入った緑茶

写真/アフロ

コーヒーのクロロゲン酸と緑茶のカテキンを掛け合わせると、脂肪燃焼効果が高まり、食後の血糖値が上がりにくくなるという。

「ブラックコーヒーと緑茶を1:1の割合で合わせ、1日にマグカップ3杯、食前に飲みましょう。インスタントコーヒーでも、ペットボトルのお茶でも、アイスでもホットでもOK。それだけで、通常通りの食事でも、体重が落ちるはずです」

工藤さんも患者とともに実践し、効果は折り紙付き!

→緑茶コーヒーを使ったダイエット法の詳細はコチラ!

7秒かけて座るだけ

続いて、工藤さん注目の運動は、たった「7秒座るだけ」の超簡単なもの。わざわざ特別な運動をしなくても、日常動作で筋力を鍛えられる方法があるのだ。

7秒かけて座るだけダイエットを実演する工藤医師

「1日の座る動作のうち、10回分だけ、ゆっくり7秒かけて座ってみましょう。これだけで、全身の筋肉が鍛えられます。足を肩幅よりやや広げ、両腕を肩の高さまで上げて前に真っすぐ伸ばし、呼吸を止めずに7秒数えながらゆっくり座ります。トイレや食事の時に挑戦してみて」

目線を前に向け、背筋を真っすぐ伸ばして浅く座るのがポイント。

→7秒かけて座るだけダイエットの詳しいやり方はコチラ!

教えてくれたのは:医師・工藤孝文さん

医師の工藤孝文さん
くどう・たかふみ。福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院、地域の基幹病院を経て、現在は、福岡県みやま市の工藤内科で地域医療を行っている。ダイエット外来・糖尿病内科・漢方治療を専門とし、『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)減量外来ドクター、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)漢方治療評論家・肥満治療評論家など、メディア出演多数。日本内科学会、日本糖尿病学会、日本東洋医学会、日本肥満学会、日本抗加齢医学会、日本女性医学学会、日本高血圧学会、日本甲状腺学会、小児慢性疾病指定医。著書『たった7秒で座るだけダイエット』(晋遊舎)が発売中。

※女性セブン2019年1月17・24日号

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事