野菜を食べられる東京都内のヘルシーランチのお店をジャンル別に紹介!

ここ数年、多くのサラダ専門店が日本上陸&誕生。さらにバラエティー豊かなヘルシー料理を提供するお店が登場している。

「Meat & Salad UNO」のサラダ3種

そこで、美容&健康のおすすめのヘルシーメニューを食べられる東京都内のお店をまとめて紹介!

麺を楽しむヘルシーランチ

「EVERY BOWL」のプレート

デリプレートの一例(1058円税込〜)

2018年2月に東京・広尾にオープンした「EVERY BOWL(エブリボウル)」は、長崎ちゃんぽんでおなじみの「リンガーハット」が展開するデリ専門店。

4種の麺と6種のソース、日替わりデリ8種からそれぞれ1つチョイスし、円グラフをイメージしたワンプレートで提供する。どの組み合わせでも1皿600kcal前後というのがうれしいポイント。麺をオーガニックリーフサラダに変えるとよりヘルシーに。+180円でデリ1品を追加することもできる。

■「EVERY BOWL」の記事を読む

『黒毛和牛しゃぶしゃぶと焼ねぎのフォー』

『黒毛和牛しゃぶしゃぶと焼ねぎのフォー』1382円(税込)

有楽町駅直結の「ルミネストリート」にある「タニタカフェ」は2018年6月にオープン。「タニタ食堂」プロデュースのカフェで、食事メニューなら1日に必要とされる野菜量の半分(約175g)を摂ることができる。

月替わりの『一汁五菜健康プレート』(1382円税込)のほか、『有機野菜のもち麦サラダボウル』(1058円税込~)3種と『和だしのフォー』(1058円税込~)9種類がラインナップする。ビタミン補給にオススメの「ビューティー」、食物繊維たっぷりな「ヘルシー」、鉄分やカルシウムを含む食材を使った「リラックス」と3つのカテゴリーがあるから、体調に合わせてメニューを選ぶのもオススメ。

■「タニタカフェ」の記事を読む

『ヴィーガンヌードル』

『ヴィーガンヌードル』648円(税込)

「ラフォーレ原宿」に、2018年12月にオープンしたばかりの「Chipoon(チプーン)」。こちらは、銀座の名店「Renge equriosity(レンゲ エキュリオシティ)」のオーナーシェフ・西岡英俊さんがプロデュースする、中華のファストフード店。

玉ねぎ、にんじん、セロリ、炒った大豆、昆布、にんにく、トマトと植物性の食材からだしをとったヴィーガン対応のスープを使った『ヴィーガンヌードル』(648円税込)や『ベジタブルタンタンヌードル』(756円税込)など、化学調味料無添加で素材のうま味を味わうメニューが並ぶ。

■「Chipoon」の記事を読む

ロカボ意識のお肉たっぷりランチ

『グラスフェッドビーフ サーロインステーキ』と『美桜鶏(みおうどり)のグルテンフリーから揚げ』

『グラスフェッドビーフ サーロインステーキ』2138円(税込)と『美桜鶏(みおうどり)のグルテンフリーから揚げ』896円(税込)

シリコンバレー式の“完全無欠ダイエット”をきっかけに話題になったバターコーヒーの専門店2号店が、2018年5月に池袋にオープン。こちらでは、『最強のバターコーヒー』(702円税込)などのドリンクメニューだけでなく、食事系メニューも充実している。

低カロリーな『無農薬グリーンサラダ』(496円税込)のほか、たんぱく質を摂ることができる素材をプラスしたサラダに、野菜もたっぷり付いた『グラスフェッドビーフ サーロインステーキ』(2138円税込)や『美桜鶏(みおうどり)のグルテンフリーから揚げ』(896円税込)など、ロカボダイエットに活躍してくれそうな料理が揃っている。

■「最強のバターコーヒー」池袋店の記事を読む

『ローストビーフの鉄分ボウル』

『ローストビーフの鉄分ボウル』1000円(税込)

2018年6月に恵比寿にオープンしたシュラスコ専門店「肉塊UNO」でランチタイムのみ営業するサブブランド「Meat & Salad UNO(ミート&サラダ ウーノ)」は、お肉たっぷりのサラダランチを提供している。

ビーフがのった3種とチキンがのった2種類、いずれもお肉たっぷりな5種類のサラダはすべて1000円(税込)と、肉料理専門店だからこそできる驚きのコスパ。牧草のみを食べて育ち、栄養価が高いとされる「グラスフェッドビーフ」を使うなど、もちろん質や味にもこだわりがある。

■「Meat & Salad UNO」の記事を読む

スーパーフードを手軽に!栄養たっぷりランチ

『シナモンズヘルシープレート』

「白身魚のグリル」と「チキングリル」から「チキングリル」をチョイスした『シナモンズヘルシープレート』1080円(税込)

ハワイから上陸した「シナモンズ」の表参道店では「ネオベジ」とコラボし、スーパーフードのモリンガを取り入れた商品を展開中。コラボメニューには、ビタミンやカルシウム、鉄、亜鉛、ポリフェノール、GABA(ギャバ)など90種類以上の栄養素を含むモリンガに、えんどう豆由来のピープロテインをプラスした『モリンガプロテイン』を使っている。

『モリンガプロテインスムージー』(756円税込)や、小麦粉の一部を『モリンガプロテイン』に置き換えたパンケーキが主役の『シナモンズヘルシープレート』(1080円税込)など、運動ダイエット中にうれしいメニューのほか、オムレツやサラダといったハワイアンメニューも。

■「シナモンズ」表参道店の記事を読む

『ナッツの巻きずしプレート』

『ナッツの巻きずしプレート』1280円(税込)

栄養豊富なノニの魅力を広めるべく、2003年に西新宿にオープンした「タヒチアンノニ カフェ」。ノニリーフティーで炊いた玄米を使ったランチなど、季節限定メニューにも注目を。

定番メニューとしては、ノニを発酵させ、飲みやすく味を整えた腸活に◎な『タヒチアンノニジュース』(300円税込)やノニの葉を煎じた『ノニリーフティー』のほか、老化の原因物質である「AGE(エージーイー)」の摂取量を意識した食事や、酵素を壊さずに調理したローフードのスイーツがいただける。

■「タヒチアンノニ カフェ」の記事を読む

撮影/結城さやか、kanoco、生熊友博、八木英里奈

●お腹いっぱい食べても800kcal以下!肉の食べ方にこだわった「勇里庵」の焼肉コースを【実食レポ】
●【管理栄養士が愛するコンビニ飯】もち麦おにぎり、トルティーヤなどダイエッターにおすすめの6品
●お肉たっぷりなのにデトックス&ダイエット効果も!?ハワイの伝統料理「カルアポーク」【市橋有里の美レシピ】
●3週間で-10kgも!【おからパウダー活用法】話題のおからコーヒーダイエットからヘルシーレシピまで
●コンビニ飯をヘルシーメニューにするための裏ワザ5選

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事