美痩せ効果に期待大!“ドS先生”山口絵里加さんの美コアトレーニングを【体験レポ】

体幹トレーニング「美コア」の提唱者で、女優、モデル、アスリートからも絶大な支持を集めるトレーナーの山口絵里加さん。テレビ番組にもたびたび出演し、その厳しい指導法から「ドS先生」と呼ばれている。

山口絵里加さん

彼女が提唱する「美コア」は、ピラティス、ヨガ、フィットネスの効果効能をカバーした新しい体幹エクササイズで、心身ともに健康に、そして女性らしいきれいなボディライン作りができる。

山口絵里加さんの美コアイベントで参加者がエクササイズをしている

今回、山口さんが「ジェクサー・フィットネス&スパ新宿」にて開催された「ジェクサーPresent美コア特別イベント」で、30人の女性に美ボディを作るエクササイズを指導。美コアとはどんなものなのかを探るため、運動習慣のないアラフィフライターSが体験することに!

正しい姿勢でのウォーキングが美ボディへの近道!

山口絵里加さんの美コアイベントで参加者はマシンでウォーキング

この日、体験できるのは、「美コア」の中でも、もっともハードな「美コアシェイプ」というレッスン。エクササイズとウォーキングを交互に行い、脂肪燃焼、代謝のアップを目指す。

まずは、スタジオの隣にあるウォーキングマシンがズラリと並ぶスペースへ。ここで20分間、マシンを使いウォーキング。といっても、ただ歩くのではなく、スピード、歩幅、姿勢など、山口さんから指示されたやり方で歩いていく。

山口絵里加さんが参加者の女性にアドバイスしている

最初は、早歩き程度の時速4.5kmからスタート。「体幹(美コアでは、胸、お腹、お尻、背中、首を言う)を上に伸ばすようなイメージで、後ろ足で上半身を押しながら、大きく手を振って。脇はしめて! とにかく大股で! 呼吸を止めてはいけません」と山口さんから飛ぶ的確なリクエストに、運動習慣があるのかほかの参加者は即対応するも、初めてのライターSは困惑気味。山口さんから「もっと足を開いて!」と指摘されてしまう。

体がほぐれたところで、時速を5kmにスピードアップ! 同じように歩いたら、続いて時速5.5kmに。思わず小走りになりそうだが、それはNG。「大股を意識して、ゆっくり大きく足を動かして」と山口さんが言うように、体幹は動かさずに、足を大きく動かすことがポイントなのだとか。

山口絵里加さんの美コアイベントでマシンでウォーキングする参加者たち

さらに、6.3km、6.5km、できる人は時速7kmまでアップ。もう、ジョギングをしたくなる速さだが、それでも山口さんは「大股で呼吸を止めずゆっくり歩くこと」が大事だと繰り返す。正しい姿勢でのウォーキングは、ランニングよりも「基礎の筋肉を使えるようになる」そうで、美ボディへの近道に。

「女性は体を横に振って歩きがちですが、意識は、“縦と上”。普段の歩行でも、体幹を上に伸ばしながら、足は大きく前後に動かすことが大事なんです」(山口さん・以下同)

そんな説明を聞きながら必死で歩くうちに、何とか20分を歩き終えた。呼吸をしっかり意識して歩いたからか、体はぽかぽかで汗がじんわり。ウォーミングアップを実感したところで、スタジオに移動して本格的な「美コア」レッスンへ!

スピーディーに行うことで体がグッと引き上がる

美コアイベントで指導する山口絵里加さんと参加者たち

ここから、本格的なエクササイズがスタート! 「美コアシェイプ」の前半パートは、下半身のトレーニング。30秒のウォーキングと30秒のエクササイズを繰り返していくが、ポイントは“スピード”とのこと。

「スピーディーに行うことで、体が細くグッと引き上がります。形が崩れてもいいから、とにかくめげずに頑張ってついてきて!」

そんな山口さんの“喝”を聞きながら行うのは、足を広げたり、閉じたりを高速で繰り返す動きやスクワットなど。1セットたったの30秒ながら、とにかくスピーディーにやらねばならないので、これがかなりきつい。

美コアイベントで指導する山口絵里加さんとエクササイズをする参加者たち

山口さんの足音は、タタタタッと軽快に響くのに、ライターSの足音はドタドタドタとにぶくて重い…。速度が違うのだ。それでも「自分史上一番早く! 絶対に止めないで」というドSな叱咤に、何とかふんばる。しかし、「終わった!」と思っても、ウォーキングしながら次のエクササイズの説明が始まるので、息つく暇もない。これが、サーキットトレーニングというものか。前半10分が過ぎたあたりで、太ももが震え出したSはギブアップ。1人座り込んでしまった…。

参加者の中には「週4日トレーニングしている」という、もはやインストラクターでは?と思うほど、キレキレの動きの人から、初心者らしき人もいるが、みんな必死に食らいついている。自分が情けなくなるが、体が動かないのだから仕方ない。

美コアイベントで指導する山口絵里加さんとエクササイズをする参加者たち

参加者はすでにかなり汗をかいているため、山口さんから「ウォーキングの間に水分補給してくださいね」と指示が。呼吸を止めないこと、こまめに水分補給をすることがとにかく重要なのだ。しかし、そういう山口さんは、こんなハードなトレーニングを大きな声を出して指導しながらこなしても、息ひとつ乱れずほとんど汗もかいていない!?

約15分の前半パートが終了すると、さすがに疲れたのか、マットの上にへたり込む人も。それでも、参加者のほとんどは配られた超軟水を飲みながら、ハツラツとした顔で汗をぬぐっていた。

日本人は低体温だから、“シャワーだけ”はNG!

山口絵里加の美コアイベント

5分ほどの休憩の間には、トレーニングは「抗酸化作用のある超軟水」を飲みながらやると、回復力がアップするのでオススメだと説明。また、体温を1℃上げるための入浴法の伝授も。

「38℃にしたお湯に首までつかり、そこから43℃に追い炊きしていきます。43℃になったところで、5~10分キープします。このとき、絶対に水分補給は忘れないで」

日本人は世界的に見ても体温が低いそうで、シャワーだけではなく、入浴を習慣にしないと体温が上がりにくい、という豆知識も教えてくれた。

たった30秒のトレーニングでもものすごくきつい…

美コアイベントで指導する山口絵里加さんとエクササイズをする参加者たち

そして、いよいよ後半へ。「美コアシェイプ」の後半パートは、上半身のトレーニング。V字バランスのように座り、おへそをみながら足を上下させたり、腕立て伏せのような「プランク姿勢」で30秒キープしたり、バンザイの姿勢から両手を上下しながら、足を閉じたり開いたりしたり…とこちらも、30秒ながら、ハードなトレーニングが次々とやってくる。

美コアイベントで指導する山口絵里加さんとエクササイズをする参加者たち

5分の休憩で少し復活したライターSも参加するが、腹筋がなさすぎて、足をキープすることができない。ほかの参加者も疲労がたまったのか、動きが止まる人もちらほら。それでも山口さんは、「たった30秒ですよ! 今日だけ、今だけ頑張って!」と鼓舞。すると、やる気スイッチが入るのか、「よし、これだけ頑張ろう」と思えるから不思議だ。最後の最後まで食らいつき、約15分の後半が終了。全身のストレッチをして、すべてのトレーニングが終わった。

美コアイベントで指導する山口絵里加さんとエクササイズをする参加者たち

このトレーニングは、上級者向きのため、運動習慣のないライターSには正直きつすぎたが、それでもほかの参加者と体を動かし、汗をかいたことで、爽快感と少しの達成感も味わえた。実際、初心者でもできる範囲で頑張ることで、美痩せ効果が得られるのだとか。

「美コア」には、初心者向け、中級者向けプログラムがあるので、興味のある人は、スタジオを訪ねてもいいかも。とにかく、何か始めないといけない、と痛感した1日だった。

【データ】
「美コア」公式サイト
http://bicore-azabu.com/

撮影/黒石あみ 取材・文/鈴木知子

●ヒップ、お腹、脚などを効果的に刺激する「マシンピラティス」に30代ライター悲鳴!?【体験レポ】
●運動不足30代ライターがEMSトレで「筋肉ぷるぷるっ」!最先端『EMS BODY AWAKE』を【体験レポ】
●仮想世界を自転車旅行!圧倒的な絶景を楽しめる未来型トレーニング「VRサイクル」を【体験レポ】
●2か月でウエスト15cm減!楽しく痩せれるRIZAPの暗闇ジム『EXPA』を【体験レポ】
●高級感溢れるスタジオでタカラジェンヌのレッスンも!「メガロス日比谷シャンテ」を一足先に体験

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事