糖質制限ダイエットでは痩せない?リスクや日本人に向かない説も

日本人は他の民族と比べ、さまざまな違いがあることが分っている。白人と比べると、日本人は内臓脂肪がつきやすく、アルコールや牛乳を分解する力が弱い。日本人は腸内に善玉菌が多く、腸内環境がきれいなのに対し、中国人は善玉菌が少なく、肉食を好むアメリカ人と腸内環境がよく似ている、などだ。

糖尿病リスクも!欧米人のマネをしても痩せない?

肉を手に疑問を持つような表情の女性

欧米人には良くても、日本人には合わないダイエットもある(写真/アフロ)

このように、日本人の持つ体質を知り、それに応じた生活を送るべきなのだが、現在、それとまったく相反したダイエット方法が流行中という。『欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」』(講談社)の著書がある医師の奥田昌子先生が警鐘を鳴らす。

「糖質を極端に減らすダイエットは、やせるどころか、糖尿病になるリスクを増大させることがあります。それは、もともと日本人が、血糖値を下げる働きをするほぼ唯一のホルモン『インスリン』の分泌量が少ない国民という特徴があるからです」

日本人はアメリカ人白人よりインスリン分泌量を比較したグラフ。日本人はアメリカ人よりインスリン分泌量がかなり低い量を示している

糖質を極端に制限し、炭水化物をあまり摂取しなくなると、血中のブドウ糖が減少。すると、脳が活動を維持できなくなるなどの障害が出てしまう。それを防ぐために、筋肉を分解して糖を生み出す「糖新生」と呼ばれる反応が起こる。これは空腹でストレスを感じた脳から分泌されるホルモンである「コルチゾール」によって引き起こされる。

日本人は内臓脂肪をためこみやすい

野菜、チーズ、ハムなどいろいろな食材が並べられている

写真/アフロ

このとき、体内では低血糖状態を脱しようと、糖新生と同時にインスリンの効きを悪くしようとする。すると、インスリンを作る細胞の数がどんどん減り、残った細胞もインスリンを作れなくなり、やがてインスリンをほとんど分泌できなくなる――この悪循環の結果、それほどの肥満ではなくても糖尿病になってしまうのだ。

「そのような糖尿病発症の道筋をたどるのは、日本人を含む東アジア人に特有です。欧米人は炭水化物の摂取が少なくても、インスリンをしっかり分泌できるので、このような現象はほとんど見られません」(奥田先生)

さらに日本人は、インスリンの働きを悪くするなど、生活習慣病のもととなる“悪玉物質”を分泌する内臓脂肪をため込みやすいという。

「欧米人はでっぷりとした人でも皮下脂肪が多いだけで、悪さをする内臓脂肪の割合は低いのです。逆に、日本人はやせて見えても内臓脂肪が多く、糖尿病を引き起こすことが少なくない。日本人に内臓脂肪がつきやすいのは遺伝で決まっていますが、くわしいことは現代の科学ではまだ解明されていません」(奥田先生)

日本人と欧米人では体質が大きく違うことにより、病気発症のメカニズムも大きく変わってくるのだ。

※女性セブン2019年1月1日号

●ダイエットに最適な秋冬の味覚は?糖質制限ダイエット成功の秘訣は「置き換え」
●糖質制限はやっぱりダメ?太りにくい体をつくる「ご飯の食べ方」
●代謝が低下する40代の食事術 低糖質高たんぱく食で体重増加をストップ!
●運動も食事制限もできないズボラが血糖値・中性脂肪ケアにはじめた食前デザートとは?
●「糖質」や「飽和脂肪酸」は要チェック!ダイエット的観点から食品表示を分析

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事