正月太り解消にもオススメ!簡単だから続けられる『ストレッチポール』の基礎まとめ

家にこもってだらだらと過ごしがちなときは『ストレッチポール』がお役立ち!

『ストレッチポール&ひめトレBOOK』書影

年末年始の連休中に運動せずに家でだらだら過ごしていた人は要注意。そんな生活を続けていたら、美痩せへの道も遠のいてしまうかも。そこで、家でも簡単にできるエクササイズを収録した『ストレッチポール&ひめトレBOOK』(ワニブックス)から、『ストレッチポール』の基礎知識や基本の使い方、気になる疑問をまとめてご紹介!

* * *

『ストレッチポール』の基礎知識

ストレッチポールに腰掛ける女性

猫背や脚を組むなど体に負担をかける姿勢が習慣化していることで、偏ってこり固まった筋肉をほぐすことができる『ストレッチポール』。その最大の利点は、忙しい人や運動が苦手な人でも、自宅でポールに乗って短時間のエクササイズをするだけで、体をリセットできる点。

『ストレッチポール』のエクササイズをすると、骨格や関節を正しい位置に整えることができる。また、インナーユニットを構成する4つの筋肉(横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群)を活性化させ、体幹を安定させる役割も。使い続けると美姿勢になり、ボディラインの引き締めにもつながるという。

■『ストレッチポール』の正しい乗り方はコチラ

『ストレッチポール』の簡単30秒エクサ

普段の猫背姿勢などによって、胸は縮こまりがち。このエクササイズで胸の筋肉を緩めて胸郭を開いて。腕の力を抜くのがポイント。

ストレッチポールに寝転ぶ女性1

【1】ひじを床につけて両腕を広げる
基本姿勢から床にひじをつけたまま、ゆっくりと両腕を広げる

ストレッチポールに寝転ぶ女2

【2】突っ張り感のない位置まで腕を広げる
肩や腕に突っ張り感のないところまで腕を広げたら、脱力して深呼吸を30秒。次にゆっくり元に戻す。

《ポイント》
・腕を広げるときは、ひじを床につけたままで広げていくこと。ひじが床から離れると胸の筋肉が過剰に伸び、反動で縮むのでNG。

■そのほかの簡単30秒エクササイズはコチラ

『ストレッチポール』はどのくらい使えば効果を感じる?

A:背中が床につく感覚は、1回の使用でも感じられます

効果の出方には個人差がありますが、もっとも実感しやすいのは、使用後に仰向けに寝たとき背中がぺったりと床につく感覚です。これは筋肉が緩んだ証拠。この効果は1回の使用でほとんどの人が実感できます。

姿勢が整ったり、体感が引き締まる感じも1週間~10日間ほどで感じる場合が多いと思います。

■そのほかのQ&Aはコチラ

運動をサボりがちなときこそ、美痩せを怠らない意識を持ち続けることがモチベーションアップにつながるはず。より理想の体を手に入れるため、無理せず継続できることを見つけて、正月太りの解消にも役立てて。

【データ】
ワニブックス『ストレッチポール&ひめトレBOOK』
販売価格:1404円(税込)

●年末年始こそ『ストレッチポール』を!基礎から学んで美姿勢&ボディ引き締めに活用
●『ストレッチポール』で体をほぐす、簡単30秒エクササイズ3つ
●1回でも効果を実感できる!?毎日乗ってもOK?『ストレッチポール』のQ&A
●25㎏痩せた医師が指南!舌磨き、朝の体重測定、高温反復浴など6つの【痩せグセ】
●これでリバウンド知らず!産後20kg減の本島彩帆里さんが守る6つの習慣【美痩せインタビュー】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事