便秘やむくみ、肌荒れに効果的!冬の薬膳食材は5つのポイントで選ぶ

ちょっとした風邪がズルズル長引く、つらい冷え、慢性的な疲れやダルさ…どれも大病じゃないからこそ、病院や薬に頼らず治したい。それなら今こそ「薬膳」を始めましょう。

季節に合わせた養生食で病気知らずの体に

実病を防ぐ五臓と六味五色の対応表。春夏秋冬それぞれに合った食材を説明したイラスト。

イラスト/ふじいふみか

本草薬膳学院学院長で中医師・医学博士の辰巳洋先生はこう語る。

「薬膳とは、中国の伝統医療である中医学の理論に基づき、食材と中薬を使って、健康の維持や病気の予防・治療を目指すものです。薬膳料理を作る上でのポイントは、健康の状態に合わせた食材の選び方と組み合わせ。六味(酸味・苦味・甘味・辛味・鹹味・淡味)と呼ばれる味が体に及ぼす作用と、五性(寒・涼・平・温・熱)と呼ばれる食材の性質を上手に組み合わせることが肝要です。

一見難しく感じますが、スーパーなどで売られている、旬の食材など身近な素材で作ることができます。症状によって必要な食材は人それぞれ。例えば、『冬だから体を温めるものを』と思いがちですが、高血圧の人やほてりやめまいに悩む人は、温めることで症状を悪化させることもあるのです。自分の体の不調や悩みの原因を見極め、食材を選びましょう。

健康長寿、そして病から体を守るため、薬膳をぜひ生活に取り入れてみてください」

冬の養生のポイント

中医学では寒さが不調を招く病因を「寒邪」といい、寒邪が猛威を振るう冬は、冷えや乾燥による影響を受けやすいとき。次の5つのポイントを押さえた食材を積極的に取り入れよう。

冬に食べると良い野菜の写真

●気を下ろす
大根やかぶには気を下ろして宿便を排出する働きが。消化を助ける効果もあるため、年末年始の胃の疲れやもたれにも◎。

●腎を補う
精気を貯蔵し、水の代謝などを司る「腎」は寒さに弱く冷えを嫌うため、働きを補う食材を。さつまいも、かぼちゃ、くるみは気を補い腎機能を強化し、黒豆や海藻は、血の巡りを整える。

●肺を潤す
喉や肌などが乾燥するこの季節、肺を潤すことで風邪予防。れんこんや松の実、白きくらげなど白い食材は肺を潤す効果があります。

●体を温める
漢方薬としてもよく使われるしょうがをはじめ、シナモンや唐辛子、にんにくなどには、辛味・温性で血流を促進し体温を上げる作用が。体を温めることで免疫力が高まり、丈夫な体が手に入る。

●気と血の巡りを整える
寒さによる気血の滞りを活性化させることで、未病を防ぐことができる。みかんやきんかん、うこん、薬味に使われるような香りのある食材には、気血の巡りを整える作用がある。

薬膳は「心と体を整える」“やさしい薬”

麻木久仁子さん

タレント・国際薬膳師 麻木久仁子さん

タレントで国際薬膳師でもある麻木久仁子さんにも話を聞いた。麻木さんは、薬膳は「心と体を整える」“やさしい薬”だという。

「48才の時に脳梗塞を、50才で乳がんを発症しました。幸いなことに今ではすっかり快復しましたが、解消することのできない体の不調を感じていました。そんな時に出会ったのが薬膳です。薬膳の考え方は中医学に基づくものですが、ざっくり言ってしまうと“身近にある食材全てが薬”ということです。

季節や体調にあった野菜や肉、魚をいただくことで、「未病」を防ぎます。 “喉が痛いから○○を”“なんだかダルいから○○を”と食事のたびに自分や家族の体のことを考え、対話して労ることができるのです。特定の食べ物を制限したり過剰に食べたりするわけではなく、なんでもバランス良く、おいしく食べるという食事の喜びが基本。

“食べるって楽しい”という気持ちが芽生え、まさに“人生を豊かにするもの”だと思います。決して難しいことではないんです」

撮影/菅井淳子

※女性セブン2018年12月20日号

●薬膳料理はスーパーにある食材で簡単に!美容薬膳家・熊澤枝里子さんのむくみ改善レシピ
●旬のレモンでダイエット!代謝アップに◎の「薬膳レモン白湯」
●薬膳達人が伝授!ダイエット&便秘解消に効くみそ汁レシピ
●モデル・熊澤枝里子さんはピラティス&薬膳で心も体も整える【美痩せインタビュー】
●冷え、風邪、便秘、ダイエットに!お茶のパワーを15の種類別に解説

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事