メーガン妃の炎上ファッション──スケスケ、大胆スリット、背中パックリも!

イギリス王室ヘンリー王子の妻、メーガン妃。ファッションがたちまち世界中で話題となるロイヤルファミリーの中でも、特に注目度の高いインフルエンサーだ。その影響力の高さから、少々、大胆なファッションをすると「王室の一員らしくない」と批判を受けることも。そんな彼女の世の中をざわつかせたコーデをチェック!

リゾート仕様のドレスは大胆スリット入り

メーガン妃

写真/ゲッティイメージズ

オーストリア・フレーザー島のキングフィッシャーベイ・リゾートを訪れた夫妻。ここでは、妃の“脚”に熱い視線が注がれた。ロング丈のキャミソールワンピースには、太ももまで露出する大胆なスリットが。肩もデコルテも露出したリゾートファッションは海に映えて美しいが、「さすがにやりすぎ」との声が。(10月22日=現地時間、以下同)

スカートからのぞく美脚にうっとり?

メーガン妃

写真/ゲッティイメージズ

ニュージーランド滞在中に行われた首相レセプションでは、ネイビーのドレスを着用。フィッシュテールスカートゆえに、膝上までしっかり見えてしまった。肩部分の切れ込みも少し大胆。シックなパンプスを合わせたファッショナブルなスタイルではあるが、歩く度にチラチラと見える生脚に世界がくぎ付け!(10月30日)

シックなドレスもミニ丈があだに

メーガン妃

写真/ゲッティイメージズ

夏休みを終え、公務に復帰したばかりの夫妻はこの日、ロンドンで上映していたミュージカル『ハミルトン』の特別上演に出席した。終始仲のいい2人。妃は参加者から冷やかしの声を受け恥ずかしそうに頬を赤らめたり、王子のことを2人だけが知る愛称で呼んでしまったりと、かわいらしい姿が見られた。ともあれ、太ももまで見える黒のタキシードドレスの丈に、ザワついたのも事実…。(8月29日)

ポーズまでロイヤルファミリーらしくない?

メーガン妃

写真/ゲッティイメージズ

黒に続いてこちらは白のタキシードドレス。ニュージーランド・ウェリントンにある映画製作の裏側を学べる施設「Courtenay Creative」で、仮装したスタッフ・生徒に迎えられたときの姿なのだが、8月の公務と似たディテールであることから、ネットでは「芸がない」とピシャリ。

さらに前回と違いノースリーブで肩を露出していることや、手をポケットに突っ込んでいる様子もカメラに捉えられたこともあり、盛大に炎上してしまった。(10月29日)

エレガントな透け感にドキドキ

メーガン妃

写真/ゲッティイメージズ

オーストリア・シドニーで催された「ジオグラフィック・ソサエティ・アワード」の授賞式には、オーガンジーのスカートが目を引くドレスで登場した。モノトーンではあるが、鳥が羽ばたく刺繍が全体に施されていてゴージャス! 気合いが入っていたのかもしれないけれど、やっぱり脚が透けているのと、ほかの出席者と比べてきらびやかすぎるところが気になる。もはや、”華やか&露出”が彼女の定番ルック?(10月26日)

アンダーウエアまで見えちゃった!

メーガン妃

写真/ゲッティイメージズ

16日間にわたるオセアニア訪問の最終日。王子とともにニュージーランドのロルトアを訪れた妃は、深い青のセットアップで登場した。これにネイビーのパンプスを合わせた落ち着きのある装いなのだが、なんとスカートがスケスケ! アンダーウエアまでしっかり見えてしまった。

メーガン妃

写真/ゲッティイメージズ

ネットでは、「透けてない?」「王室の一員になったばかりなのに…」との声が。騒ぎ立てるより困惑する声が目立っていた。(10月31日)

きらびやかに決めるも背中がパックリ!

メーガン妃

写真/ゲッティイメージズ

イギリス・ロンドンで行われたチャリティコンサート「ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス」に出席した際はモノトーンできらびやかに決めた。

メーガン妃

写真/ゲッティイメージズ

今さら肩出しくらいでは驚かれなくなってしまったが、今回は背中の上半分まで露出。妊娠中の体をいたわりつつも“着たいものを着る”という信念は曲げられない?(11月19日)

→女優やモデルたちの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ!

●ミランダ・カー、産後たるんだお腹が永遠に戻らなくてもいい
●蒼井優、黒木瞳、メーガン妃も!「チェック柄」美女11人のコーデをチェック
●ダイアナ元妃からメーガン妃まで!英王室の華麗なるマタニティファッション
●メーガン妃抑え、アパレル界影響力1位に輝いた21歳セレブ
●広瀬すずと吉田羊、剛力彩芽と蛯原友里と片瀬那奈の3人も!服がかぶっちゃったファッション対決5組

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事