61歳オバ記者が激怒!? ZOZOSUITで計測後「あなたサイズ」の服を買ったらウエストがブカブカ!!

「ZOZOSUITで計測したデータであなただけの服をお届けします」――ZOZOTOWNのサイトにはこう書かれている。

腕組みをするオバ記者
オバ記者も、ZOZOSUITを着用後、それを信じてZOZOのプライベートブランドの服を注文。到着した服を着てみて驚いた! 連載121回は、“ZOZO服”の試着リポートです。

* * *

注文してから21日後、待ちに待ったZOZOの『スリムテーパードデニムパンツ』と『クルーネックニット』が届いた。

ZOZOTOWNと書かれた段ボールを持つオバ記者

ニットは薄手で着心地もいい

さっそくニットのセーターを着たら、あらピッタリ! 薄手でかなり着心地もいい。これで5184円(税込)は、ふふふ、悪くないんじゃないの。

ZOZOの白のニットセーター
続いて鼻歌まじりにデニムパンツ(4104円・税込)に足を通してウエストのボタンを止めたら…。

デニムは腰からずり落ちてしまって…

ZOZOのデニムパンツ
「ちょっとお、何よ、これえ~」と、思わず更衣室に編集Oくんを呼んだわよ。

ZOZONのニットとデニムを着たオバ記者
すると、「見た感じはピッタリに見えますよ。ZOZOSUITを着て、全身写真を撮っただけのことはあるじゃないですか」と思わぬことを言うの。

「これでも?」と私はブカブカのウエストに手を入れて見せる。

「…少しゆとりがあるかもしれないけど、見た目はスッキリして…」

「これでも?」


お尻を突き出して、デニムがむけるのを見せてやる。

「ZOZOSUITを着て撮影すると全身の1万5000か所のサイズが測れるんですよ。それをもとに“サイズが合う”とZOZOのお墨付きがあって買ったんですよね。まさか、そんな…」

「これでも?」


あくまで抵抗するOくんにだんだん腹が立ってきた私は、ウエストのボタンを止めたまま、腰の下までジーパンをおろしてやったわよ。

ZOZONのニットとデニムを着たオバ記者
ついに「あんた、61才の私に腰パンのチーマーになれって言うんですかい?」と、つい大きな声を出してしまった。

「サイズが合わない」と返品することに

白のニットを着て指差すオバ記者
これじゃ街を歩けない…。結局、返品して交換の手続きをすることしたわよ。アプリから、「サイズが合わない」と返品の理由を選び、さらにウエストは届いたものから「-6cm」、ヒップは「-3cm」と細かく選択して送信。

これからZOZO側から返品商品を入れるものが送られてきて、それをZOZOに送り返すと、私の注文にそってデニムを作り直すんだって。ちなみに返品の送料はZOZOの負担。今はそれが届くのを待っているところ。

しかし、なんでこんなに手間のかかることを! 洋裁が趣味でパンツも縫ったことがある私は、その原因を探るべく、仕上がりサイズを測ってみた。ふむふむ。なるほど、なるほど。こりゃあ、腰からズリ落ちるはずだって!

前回、ZOZOSUITで測定した私のウエストサイズがあまりに太くてビックリした私は、改めてメジャーで自分のウエストを測ってみた。すると私の測定より、”ZOZOサイズ”は10cm太い。お腹をめいっぱい膨らませたときの寸法だ。これを基準に作ってごらんなさいな。結果は目に見えているでしょうが。「あなたサイズ」ってことで注文したデニムがこれじゃ、何のために体のサイズを測ったのはわからない。

てか、身長と体重を申告して送られてきたZOZOSUITそのものも、ゆるゆるだったんだけど、これで正確な寸法が取れるのかしら。

ZOZOSUITを着たオバ記者の後ろ姿
ZOZOの罪深さは、“新手”の商法でオバの心をたぶらかしただけじゃない。私はZOZOSUITを着た日から自分の体、特に後ろ姿が脳裏に焼き付いて、離れないのよ。何の努力もしていないならまだしも、春から、”月曜断食”で必死に11kg落としたのよ。なのに、これ?

それでも、もし体にフィットしつつ、きれいなラインのウエアが届いたら、気分がよくなり、前を向く気になれたのかもしれない。「よし、ここを削って、ここをシェイプしよう」と。

ZOZO社長の前澤友作さんに告ぐ。

私のダイエットに向かう心を返してよ!

オバ記者(野原広子)

1957年生まれ、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。

●長澤まさみは「牛?」なインパクトスカートをチョイス!ツヤ美女4人の【ファッションチェック】
●2WAYの『おしり体操ポール』で“デカ尻”から美尻を目指す!宅トレグッズを【お試しレポ】
●【緑茶コーヒーダイエット】のアレンジ術、「1日3杯」を続けるためのコツ

●美腹筋を目指して自宅でAYAメソッドにトライ!宅トレグッズを【お試しレポ】
●20kg減の著者が教える「ロカボダイエット」成功のためのポイント3つ

●【120】61歳オバ記者、ZOZOオリジナル服を注文したら到着まで21日!「今どき、そんな通販商品ある?」
●【119】61歳オバ記者、ZOZOSUITに不満爆発!?前澤社長に「おばさんの気持ちわかってる?」
●【118】61歳オバ記者、ZOZOSUIT着用で計測されたサイズに「間違ってる!」と激怒
●【117】61歳女性記者、時給1000円の肉体労働を3日間続けたら体重はどうなった?
●【116】“月曜断食”7か月で11kg減の61歳女性記者、「ダイエット成功のカギは野菜」
●【115】アラ還記者が痩せるために始めた誰にでもできる「0円ダイエット」レポ
●【114】オバ記者、“月曜断食”中に開き直る?ラーメン、餃子でお腹いっぱいに
●【113】“月曜断食”で「10kg減の壁」にぶつかるオバ記者、なぜ痩せないのか?
●【112】“月曜断食”中のオバ記者、『幸楽苑』ラーメンの1年間無料パスを月曜日にもらって苦悩
●【111】“月曜断食”挑戦169日目、誘惑に負けて月曜日に食べまくったらどうなったか?
●【110】“月曜断食”挑戦中のオバ記者、過去最大の空腹をどう乗り越えたのか?
●【109】“新しいラジオ体操”【ヒロシ体操】って?生島ヒロシ親子から直接レッスン!
●【108】オバ記者 “月曜断食”の翌日に体が急変、心臓バクバク…いったい何が?
●【107】オバ記者、“月曜断食”はその後どうなった? 酔っ払って負傷の緊急事態も

●【106】オバ記者が世界的バレリーナから「二の腕痩せエクササイズ」を個人レッスン
●【105】”月曜断食”考案者の関口賢氏が教える「お腹が空いた時に押すといいツボ」
●【104】“月曜断食”考案者・関口賢氏がオバ記者に提案した「上級編の月曜断食」とは?
●【103】“月曜断食”のポイントを考案者・関口賢氏が解説「完璧じゃなくてもまず続けること!」
●【102】”月曜断食”を3か月続けるオバ記者 少食になり「痩せられる」と確信
●【101】“きゅうりダイエット”実践中に猛烈な空腹…そのときどうした??
●【100】きゅうりダイエットで「2か月で11kg減量」を目指す!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事