鶏と野菜だけで『キングスマン』好演俳優、ボンド役はイヤ?

映画『キングスマン』シリーズのタロン・エガートン(29歳)、ジェームス・ボンド役はお断り?

微笑むタロン・エガートン

映画『キングスマン』でスパイ役を好演したタロン・エガートン。

同シリーズで見習いスパイのエグジー役を演じたタロンは、『テレグラフ』紙にボンド役の可能性についてこう話している。

「ぼくはスパイスリラー映画で有名になったから、あまり魅力を感じないんだ。もちろん、(『007』シリーズを手掛けるプロデューサー)バーバラ・ブロッコリから連絡してもらえたら光栄だけどね」

しかし、タロンはボンド映画の大ファンであり『キングスマン』の役作りの参考にもしたそうで、「(ロジャー)ムーアがぼくのお気に入りのボンドだよ。いちばん彼を参考にしたかな」と続けた。

また、タロンはエグジー役のためのダイエットは地獄だったと当時を振り返る。

「食べられないってことが苦しかったね。トレーニングは大好きなんだ、いつでもね。有酸素運動のあとはすごく気持ちがいいよ。今日もやってきた。

でも『キングスマン』のときは地獄だったよ。だってぼくはリラックスするために食べるのが大好きだし、人が集まる場へ行けばビールを飲む。それが全部できないんだよ」

映画『LOGAN/ローガン』のヒュー・ジャックマンや映画『キャプテン・アメリカ』シリーズのクリス・エヴァンスのようにフルタイムでアクション俳優ができるほどストイックではないと言い、こう続ける。

「(アクション映画の)プロのヒュー・ジャックマンやクリス・エヴァンスは食べないんだよ。何日も鶏肉と野菜だけ食べてるんだ」

一方でタロンには、『キングスマン』シリーズでタッグを組んでいるマシュー・ヴォーン監督が製作を手掛けるエルトン・ジョンの新作伝記映画『ロケットマン』での主演が控えている。

プロフェッショナルとして、役作りに真摯に取り組むタロン。ボンド役も演じられそうだけど、それだけはどうしてもイヤ?

提供/Bangshowbiz

●ジャスティン・セロー 体形維持の秘訣はボクシング
●美尻と美腹筋で有名!ジェニファー・ロペスの【迫力ボディ】を手に入れる方法
●たった2か月で約15kg減!マイリー・サイラスの【即痩せダイエット法】
●アンバー・ハード 肉体改造の理由はヒーローになるため?
●ジェニロペ ワークアウトで作ったムキムキ美ボディ写真を公開

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事