雅子さま 精力的なご公務でのおしゃれ着回しファッション

22年の時を超えてグリーンのアンサンブルを

皇太子さまと雅子さま

2018年11月21日

襟とカフスにベルベットをあしらったグリーンのアンサンブルは歴史の重みを寿ぐ式典にふさわしい。この装いは22年前にも拝見しているが、今回雅子さまはひとひねりを加えられ、襟にブレードをあしらわれた。

グリーンのアンサンブル姿の雅子さま

1996年11月

「青少年育成国民運動発足30周年」記念式典に出席された際にお召しになったアンサンブル。ご結婚(1993年6月9日)3年目の初々しい装いです。

ドレッシーなアンサンブルを華麗に

ヨルダン国王ご夫妻と皇太子さまご夫妻がソファーに座って談笑されている

2018年11月26日

ヨルダン国王夫妻と皇太子ご夫妻がお会いになるのは実に19年ぶり。銀行員だった王妃と外務省にお勤めだった雅子さま。キャリアウーマンだった共通点を持たれているおふたり。雅子さまの装いはドレッシーなふくれ織のアンサンブル。賓客のおもてなしにふさわしい。

雅子さまとヨルダンのラニア王妃

1999年12月

かつてラニア王妃が来日した際は、雅子さまの案内で科学技術館をご視察。その後、雅子さまが愛子さまをご出産(2001年12月1日)。2男2女のママである王妃との親交が続いている。

撮影/女性セブン写真部、雑誌協会代表取材

※女性セブン2018年12月13日号

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ!

●美智子さまもご愛用 大ヒットタオル『エアーかおる』は一般的な製品の150%の吸水力!
●【ロイヤルウエディング】クルーニー夫妻は華やか、ベッカム夫妻はシックに
●ダイアナ元妃からメーガン妃まで!英王室の華麗なるマタニティファッション
●大流行のオフショルダー、英国プリンセスら5人の着こなしをチェック!
●ディオールからメーガン妃も使用した新メイクコレクションが

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 匿名 より:

    雅子皇后陛下は 同じ服を何度も着用されていらっしゃいますね。質素な雅子皇后陛下。
    宮内庁からあまりお金をもらえないらしい。
    それに比べて紀子一家は、毎回 上から下まで豪華衣装 新調して、税金使いまくり、年がら年中 「お金がない。」とぐちっている。そりゃそうだ、あれほど、贅沢三昧すればね。
    お里が知れますね。紀子一家は品がない。
    美智子さんも税金使いまくり、日本のイメルダ。

    205+

  2. マイリス より:

    皇后雅子様今や全国注目、和やかな雰囲気醸してくださり、余韻を味わっているイチ国民です。
    本来の一女性を持って世の中の見本になられますように。

    526+

  3. トッコ より:

    20年前の洋服でも、気品があり笑顔が自然で美しいです。
    無理をせずに、自然体でいつま応援しています📣

    260+

  4. 夏子 より:

    何気に20年経ての着回しファッション!

    20年前の洋服を着てみました…ということになれば、フツーはたとえスーツのようなものであっても、どことなく流行遅れ感があり、ダサさ、古さがにじみ出そう…です。

    写真の着回しファッションはすべて20年以上の歳月を置いてのもの!
    どのお写真も雅子さまは自然に、優雅にお召しになっています。ポストセブンの鋭い観察力と指摘がなければ、着回しファッションだとは気づかないと思います。どの装いもあまりにも自然なので!

    最近のワインカラーのツーピースは、しっとりした落ち着きのあるイメージが基調で、ブラウスとカフスで明るさを加えている感じですね。一方、20年前のワインカラーは活動的で躍動感ある印象を受けました。撮影時のライト加減によるものかもしれませんが(汗)。

    20年というかなり長い歳月を経ての着回しファッションを上手にされる雅子さま。
    そしてやはり老舗(滝汗)ポストセブンであればこその、感慨深い記事!
    ありがとうございます。

    272+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事