雅子さま 精力的なご公務でのおしゃれ着回しファッション

ご療養のため、10年以上に渡って、ほとんどご公務をこなすことができなかった皇太子妃雅子さまだが、御代替わりを半年後に控え、再び精力的に活動される姿が戻ってきた。しかも、その際のプリンセスファッションが冴え渡っている。ご療養前同様、色鮮やかなお洋服を着回しておしゃれを楽しみながらも、皇室伝統の“質素倹約”も体現されている。もういつ皇后に即位されても問題ないほどの充実ぶりです。

ワインカラーのツーピースにもアクセントを

ワインカラーのツーピース姿の雅子さまとスーツ姿の皇太子さま

2018年11月17日

ワインカラーのツーピース。犬柄がブラウスと襟、カフスに使われている。右手薬指に光るのはルビーの指輪。7カラットのカボションカットのルビーにダイヤがあしらわれた指輪は、皇后美智子さま(84)から贈られたものだと伝えられている。

ワインカラーのツーピースに同色の帽子姿の雅子さま

1997年11月

地方ご公務でお召しになったときは帽子のリボンにまで犬のプリントを使われる徹底ぶり。動物好きな雅子さまらしいチョイスです。

→【写真12枚】佳子さまの清楚ファッションコレクションはコチラ!

→【写真22枚】眞子さまのサングラス姿も!華麗なるファッション集はコチラ!

ブルーのスーツはインナーでアレンジを

青いツーピースをお召しになった雅子さま

2018年11月18日

スカラップ(帆立貝)を思わせる波形がポイントの上着とタイトスカートがすっきりとした印象のスーツ。この日はタイ結びのブラウスを合わせ、優しいイメージにまとめられた。

皇太子さまと並ぶ、青いツーピース姿の雅子さま

1998年3月

当時住まわれていた東宮仮御所でスペインのフェリペ皇太子(当時)をお出迎え。レースの立ち襟と合わされて軽快なムードで…。

青いスーツ姿の雅子さま

1999年3月

運輸省航海訓練所の練習船の進水式にお出まし。スタンドカラーのシャツブラウスを組み合わされてカチッとした印象

→【必見写真】平成最後の一般参賀での雅子さまのドレス姿はコチラ!

→【写真10枚】眞子さま&佳子さま姉妹の麗しきファッション集はコチラ!

【次ページ】22年前と同じグリーンのアンサンブル姿はコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 匿名 より:

    雅子皇后陛下は 同じ服を何度も着用されていらっしゃいますね。質素な雅子皇后陛下。
    宮内庁からあまりお金をもらえないらしい。
    それに比べて紀子一家は、毎回 上から下まで豪華衣装 新調して、税金使いまくり、年がら年中 「お金がない。」とぐちっている。そりゃそうだ、あれほど、贅沢三昧すればね。
    お里が知れますね。紀子一家は品がない。
    美智子さんも税金使いまくり、日本のイメルダ。

    291+

  2. マイリス より:

    皇后雅子様今や全国注目、和やかな雰囲気醸してくださり、余韻を味わっているイチ国民です。
    本来の一女性を持って世の中の見本になられますように。

    587+

  3. トッコ より:

    20年前の洋服でも、気品があり笑顔が自然で美しいです。
    無理をせずに、自然体でいつま応援しています📣

    309+

  4. 夏子 より:

    何気に20年経ての着回しファッション!

    20年前の洋服を着てみました…ということになれば、フツーはたとえスーツのようなものであっても、どことなく流行遅れ感があり、ダサさ、古さがにじみ出そう…です。

    写真の着回しファッションはすべて20年以上の歳月を置いてのもの!
    どのお写真も雅子さまは自然に、優雅にお召しになっています。ポストセブンの鋭い観察力と指摘がなければ、着回しファッションだとは気づかないと思います。どの装いもあまりにも自然なので!

    最近のワインカラーのツーピースは、しっとりした落ち着きのあるイメージが基調で、ブラウスとカフスで明るさを加えている感じですね。一方、20年前のワインカラーは活動的で躍動感ある印象を受けました。撮影時のライト加減によるものかもしれませんが(汗)。

    20年というかなり長い歳月を経ての着回しファッションを上手にされる雅子さま。
    そしてやはり老舗(滝汗)ポストセブンであればこその、感慨深い記事!
    ありがとうございます。

    310+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事