【美のプロが愛するコンビニ飯】美肌やアンチエイジングを狙う!コンビニ3社の最強6品

寒さの厳しい冬は家で過ごす時間も長くなり、手軽なコンビニフードに手が伸びやすい時期。美肌やアンチエイジングへの効果が期待されるコンビニフードを選んでいるという美容家におすすめの6品を教えてもらった。

セブン−イレブンの強炭酸水レモン、セブン−イレブンののむヨーグルトアロエ、セブン−イレブンのもち麦ごはん、ローソンのもち食感クリームチーズ&ダブルベリーパン2個入り、ローソンのマヌカハニーアーモンド、ファミリーマートの黒胡椒香るパストラミビーフ

食品の流行のチェックや自炊のメニューのヒントに、1日1回はコンビニを利用するという美容家でエステティシャンとしても人気の神野ユリカさん。日課の早朝ウォーキングの際に立ち寄ることが多く、できるだけナチュラルなものを選ぶというが、誘惑満点のアイスやお菓子コーナーは極力避けるというのをルールにしている。

「糖質制限を意識していることもあり、ローソン率が高め。糖質g数が書いてある商品が多く、ダイエット中は助かります。しかもフライコーナーはオメガ3入りのオイルが使われているのでフライはローソンと決めています。パッケージ裏の成分表をチェックして、なるべく原料が少ないもの、できるだけ健康や美容にいい素材や成分が表記されている商品を手に取るようにしています。それから、コンビニのオリジナルブランドは安くて、商品開発にもこだわっているものが多いのでおすすめです」(神野さん・以下同)

“マヌカハニー✕アーモンド”で老化を寄せ付けない!?

ローソンのマヌカハニーアーモンド

『マヌカハニーアーモンド』(ローソン)198円(税込)

アーモンドをマヌカハニーでコーティングした、香ばしさと自然な甘さを楽しめるおやつ。1袋205kcalと間食には適当なカロリーだ。マヌカハニーは高い抗菌活性力を持つとされ、風邪やインフルエンザの予防にもおすすめ。アーモンドには糖化を防ぎ、老化の敵とされる「AGES」を排出するオレイン酸や、シワ、たるみの原因となる活性酸素を取り除くビタミンEが豊富とあって、最強の“美活”ができるおやつだ。

「マヌカハニーは高い殺菌作用があるので、この時期の風邪予防に積極的に摂るようにしています。また、アーモンドはビタミンEが豊富で、抗酸化作用が高く、美容にもいいので“マヌカハニー✕アーモンド”というのは罪悪感なく食べられる最高のおやつです」

β-グルカンで糖質や脂質の吸収を抑える

セブン−イレブンのもち麦ごはん

『もち麦ごはん』(セブン−イレブン)149円(税込)

1パック150g当たり201kcal。低温製法米を使用した、もちもちで甘みのあるもち麦ごはん。もち麦に含まれる水溶性食物繊維のひとつ、β-グルカンは腸内環境を整える効果があり、お通じ改善にもうってつけ。水溶性食物繊維ということで、水分をしっかり摂ることでお腹の中で膨れ、食べすぎ防止にもなる。

「もち麦は普通の白米より食物繊維が25倍。しかも、β-グルカンが満腹感を与えてくれたり、糖質や脂質の吸収を抑えてくれたりするので、白米のおにぎりの代わりにおすすめです。しっかりエネルギーにもなるので、元気が欲しいときに頼っています」

糖質制限中のデザートに◎!

ローソンのもち食感クリームチーズ&ダブルベリーパン2個入り

『もち食感クリームチーズ&ダブルベリーパン2個入り』(ローソン)150円(税込)

ローソンではおなじみのナチュラルローソンマークのついた「ブラン」シリーズは低糖質と低カロリーがウリ。この『もち食感クリームチーズ&ダブルベリーパン2個入り』もナチュラルローソンマークの付いたパンだが、1個あたりの糖質は19.9g、カロリーは154kcalと、「ブラン」シリーズに比べるとやや高め。しかしながら、もっちりとした生地にクランベリーとブリーベリー入りシュガーチップが練り込まれ、食感、味ともに人気が高い。

「糖質オフなのに、贅沢なデザートみたいでとにかくおいしいんです。“幸せホルモン”を分泌するためにも、我慢はせず”おいしい”を堪能できるスイーツパンは、自分へのご褒美と考えています。“幸せホルモン”は美肌のためにも大切です。人工甘味料も使っておらず、糖質も控えめなのでありがたいですね」

ダイエット中の空腹解消をサポート

セブン−イレブンの強炭酸水レモン

『強炭酸水レモン』(セブン−イレブン)91円(税込)

天然水に炭酸とレモン香料を加えたキリッとした後味の炭酸水。炭酸水と言えばダイエットの味方のイメージが強いが、飲み方を間違えると食欲を増進させてしまうから注意したい。冷えた炭酸水を少量飲むと胃が活発に動いてしまうから、常温の炭酸水を食前にコップ1杯以上たっぷり飲むのが空腹抑制には効果的だ

「炭酸が強めなので仕事中の眠気覚ましにもぴったり。なかなか炭酸が抜けないところもお気に入りです。炭酸とレモンの香りの相乗効果で満腹感もあり、食べすぎを避けたいダイエット中のおともです」

アロエパワーで美肌を手に入れたい!

セブン−イレブンののむヨーグルトアロエ

『のむヨーグルト アロエ』(セブン−イレブン)118円(税込)

アロエ葉肉のみずみずしい食感が楽しめる飲むヨーグルト。生きて腸まで届く乳酸菌でおなじみのガラクトオリゴ糖入りで腸活にも最適。化粧品にも使われるアロエは殺菌作用や保湿、抗炎症作用があるので、乾燥肌やニキビ肌改善効果も期待できる。190gで126kcal、すっきりさわやかな味わいで、目覚めの1杯やランチにプラスするのもおすすめ。

「アロエは昔から、医者いらずと言われてきた万能植物。最近ではコラーゲンを支えてくれる、線維芽細胞を増やす働きもわかってきたので、アロエ製品には注目しています。中でもこの飲むヨーグルトは、ヨーグルトの菌で腸内環境も整えますし、腸活や美肌対策にももってこいですね」

牛肉で肌のアンチエイジング!

ファミリーマートの黒胡椒香るパストラミビーフ

『黒胡椒香るパストラミビーフ』(ファミリーマート)198円(税込)

ピリッとスパイシーなパストラミビーフは1パック57gで78kcalと低カロリー。肌を構成しているのは、多数のアミノ酸でありたんぱく質で、美肌には、質のよいアミノ酸やたんぱく質を口にすることが基本となる。牛肉には、美肌のために必要なアミノ酸が豊富に含まれ、しかも、ヒトの体内では作ることができない必須アミノ酸がバランスよく含まれているため、牛肉は美肌の強い味方と言える。

「お肉のたんぱく質はお肌も髪にも必要不可欠なものなので、美容のためにしっかり摂りたい栄養素。中でも牛肉はヘム鉄が多いので、女性は特に必要なたんぱく質源です。コンビニフードは意外と鶏肉や豚肉は多めですが、美肌を目指すなら、赤みの牛肉も積極的に食べてほしいです」

美容家・エステティシャン:神野ユリカさん

美容家・エステティシャンの神野ユリカさんの顔

高校卒業後、名古屋のコルギをベースにした小顔サロンに就職し、2年連続のトップエスティシャンとなり、26歳で独立。名古屋市内にビューティーサロン『夢駅』を開業後、1年で、新規の予約は2か月待ちの人気サロンに成長。9年で延べ1万人以上を施術。コルギ本場韓国にて研究、技術習得に努める。表情筋をほぐしたあとリンパを流す独自の技術は、写真映えする小顔にすることを意識したもので、インスタ時代の若者に評判。さらに、外見の結果のみならず、食事や健康、美意識、考え方のアドバイスにも定評がある。

撮影/黒石あみ

●【美のプロが愛するコンビニ飯】“素材重視”で「さば」&「しょうが」などを使った5品
●【美のプロが愛するコンビニ飯】しめ鯖、おしるこ、ひじき煮など5品を選んだ理由とは?
●【美のプロが愛するコンビニ飯】『R-1ヨーグルト』からダイエット中にオススメのおでん具材まで6品!
●【名医が愛するコンビニ飯】ビタミン豊富な「栄養バー」、糖質オフクッキーなど厳選4品
●【名医が愛するコンビニ飯】腸内環境を整える「もち麦」おにぎり、美肌に◎なナッツなどオススメ5品

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事