運動も食事制限もできないズボラが血糖値・中性脂肪ケアにはじめた食前デザートとは?

【PR】

毎年、健康診断を受けていますが、前年と比べ血糖値・中性脂肪の値が高くなっていました。というより、毎年結果は悪くても、特段体調が悪いというわけでもないのであまり気にしていませんでした。

健康診断の結果イメージ

しかし、特定保健指導で管理栄養士さんとの面談があり、今の状況を放っておくと非常にまずいということを知らされました。

・食事に気をつけること
・運動を心がけること

そんな、わかりきったことを管理栄養士さんから言われ、いつも通り「はい! 気をつけます」と言って面談を終えました。

しかし、管理栄養士さんの言葉が気になり…

自宅に帰り、なんとなく調べてみて怖くなりました血糖値が高い状態が続いている状態、それ自体に恐ろしさはなく、怖いのは糖尿病腎症や失明といった合併症だと気付かされました。

糖尿病腎症のイメージイラスト

「糖尿病腎症」は腎臓が機能しなくなる病気で、透析を週に3回、各4時間行う必要があるそうです。腎臓を移植しない限り透析は一生続ける必要があり、透析を受けているのは現在約32万人で年間5000人のペースで増加しているといいます(出典:日本透析医学会調べ)。

糖尿病網膜症のイメージイラスト

そして、「糖尿病網膜症」は失明原因の第1位で、年間3000人の糖尿病患者が視力を失っているそうです。高血糖の状態が続くと目の毛細血管が破れて、酸素や栄養が届かなくなることから発症し、かなり進行しても自覚症状が出にくいのが特徴で、ある日突然目の前が真っ暗になることが多いといいます(出典:日本透析医学会調べ)。

血糖値スパイクのイメージ画像

ですが、なにより怖いのは自覚症状がなく、突然発症したと思えば一生治らなくなる病気ということ。そして、血糖値についてさらに調べていくと、最近話題になっている「血糖値スパイク」という言葉が出てきました。

これがまた恐ろしく、食後に血糖値が急上昇し、その後、急降下と食事のたびに繰り返す。「ジェットコースター血糖値」とも呼ばれ健康面に大きな影響が出るとのこと。

「血糖値スパイク」の対策は?

その対策をするには、食後の血糖値ケアが重要で、具体的な取り組みは「運動」と「食生活の見直し」だそうです。

ランニングをする男女

血糖値の上昇をゆるやかにするには、食後に有酸素運動を始めるのが効果的なんだとか。有酸素運動を行うと、エネルギーが使われることによって、血液中のブドウ糖が消費され、血糖値の上昇をゆるやかにするそうです。

有酸素運動の例としては、

・ウォーキング
・軽いジョギング
・サイクリング

などがありました。

週に3〜5日、1回30分〜1時間を目安に、無理なく続けることが重要なんだそうです。

カラフルなサラダ

また、血糖値の上昇をゆるやかにするには、食べるタイミングや食べ方も大切。野菜を食べているからOKというわけではないみたいです。

見直したい食生活の例としては、

・野菜など食物繊維の多いものから食べる
・食べすぎない
・間食はできるだけ控える
・しっかり噛んでゆっくりと食べる
・お酒はなるべく控える

などがあるそうです。

「よし! 今回ばかりはツライなんて甘えている場合じゃない!」「絶対に続けてみせる!」と私は心に誓い、我慢との戦いがはじまりました!!

しかし、結局続けられたのは2〜3週間。1か月後には普通の生活に戻ってしまいました。

そこから、改善できずに1年…

また健康診断の時期になり、その結果「糖尿病予備軍」と診断されました。

ここまでひどくなっていることに気付かず、不摂生な生活を続けていたのです。そう、そこが一番怖いところでした。体調が悪くならないので気付かないのです…。

白衣の男性

特定保健指導で再度、管理栄養士との面談がありました。そこで、「言われた直後は気をつけていたけれど、特段体調が悪いわけでもないし、仕事が忙しいこともありなかなか継続できない」と、私は正直に伝えました。

すごく怒られると思ったのですが、管理栄養士から驚く返答が返ってきました。

「なかなか食事制限、運動といっても難しいですよね。では、簡単な方法として食前に難消化性デキストリンを摂取してみてください」

「難消化性デキストリン」という言葉がピンときていない私に、管理栄養士が説明してくれました。

その「難消化性デキストリン」とは、食事に含まれる脂肪や糖の吸収をゆるやかにして、血糖値を抑えることができる成分なんだそうです。しかも、その働きが認められて、消費者庁から機能性表示食品の表示許可を受けているんだとか。例えば、トクホのお茶などに使われている成分ということです。

管理栄養士は「難消化性デキストリン」を手軽にはじめて、無理なく運動するように、アドバイスしてくれました。

そのとき、管理栄養士から聞いた「難消化性デキストリン」が、私の人生を大きく変えてくれました。

サイトへの誘導バナー

「難消化性デキストリン」について

「難消化性デキストリン」とは、「消化しにくいデキストリン」ということで「水溶性の食物繊維」の一種みたいです。

消費者庁にも安全性の高い食品として認められていて、「食事と共に摂取することにより、小腸での糖や脂肪の吸収を抑え、食後の血糖値や血中中性脂肪値の急激な上昇をおだやかにする効果がある」そう。簡単にいうと、食後の血糖値や中性脂肪の上昇を抑えてくれる、ということみたいです。

「食前に「難消化性デキストリン」を取ればいいなら簡単だ!」と思っていたら、意外にも──

・1食200円以上するものばかりで毎食分は買えない…
・安いものはそのまま粉末タイプになっているので持ち運びが大変…
・さらに粉末タイプだと、飲み物に溶かしたりでめんどくさい…

ベジファスの広告画像

でも、探せばあるものですね。最近は、雑誌でも「難消化性デキストリン」が紹介されているので、ご存知の方もいるかもしれません。雑誌に取り上げられるようになってから、「難消化性デキストリン」は、爆発的な人気になっているみたいです。

「難消化性デキストリン」に注目して開発された機能性表示食品「ベジファス」は、「難消化性デキストリン」はもちろんのこと、植物発酵エキス80種類以上を配合し、さらに持ち運びが楽な唯一の商品なのです。

管理栄養士のおすすめ割合グラフ

運動が嫌いな方、食生活がなかなか変えられない方向けに管理栄養士が作ったもののようです。さらに、自社調べのアンケートでは、管理栄養士の97%が「糖や脂肪の多い食事をされる方におすすめしたい」と回答しています。

まさに、私のためにあるような最強の機能性表示食品でした。

サイトへの誘導バナー

わたしと同じように、食事制限、運動不足解消ができない友達にも紹介しましたが、彼女も長年続けて健康を維持しており、人気は口コミで広まっています。

インスタグラムのキャプチャ画像

京子さん(34歳)
野菜があまり好きではないため、ベジタブルファーストを実践できずにいました。でも、ベジファスならおいしいゼリーを一本食べるだけで簡単に実践。こんなに変わるとは正直思わなかったのでびっくりしました。

インスタグラムのキャプチャ画像

すみれさん(44歳)
食事の前に野菜から食べるのがいいのは知っていましたが、全然不足していました。それが、ベジファスで美味しく続けられています。何と言ってもお腹が膨れるので間食がなくなり感動しました。

「ベジファス」をお得に手に入れる!

この機能性表示食品「ベジファス」、あまりの売れ行きで、わたしが購入したときは注文してから家に届くまでかなり待たされてしまいました。

それはそうですよね。モンドセレクション受賞の画像

血糖値、中性脂肪を抑えてくれて…お値段がかなり安い。さらに、ダイエット&ヘルスカテゴリでモンドセレクション金賞を獲る商品力。

電話でサポートセンターに問い合わせたところ、リピート率が高すぎて新規の販売分が品薄とのことでした。それでも、諦めてほしくないという想いから、今なら初回半額割引以上の84%OFF!でお得に購入できるキャンペーン中なんだそうです!

口コミでも大人気のこの「ベジファス」、今ならなんと通常6000円→980円の初回半額以下の84%OFFで購入できちゃうんです。

1日で換算すると33円なんて、夢のようです。

さらに、商品に自信があるので定期購入の縛り回数もナシみたい!! 980円でお得にお試しできるなんていいですよね!

サイトへの誘導バナー

このキャンペーンは、期間限定で今だけ

ほかの「難消化性デキストリン」商品よりも断然お手頃価格なので、少しでも興味があるなら、すぐに試してみることをオススメします!

※大反響につき、買おうとしたら在庫切れ…なんて事もあるかもしれません…!

お得な限定キャンペーンはこちらのページから。

サイトへの誘導バナー

※追伸

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ここまで読み進めていただいたということは、少なからず不安を抱えていると思います。私は、毎年健康診断の結果でドキドキしていました。

結果が悪くても、がんばれるのは健康診断直後の1か月だけ。その結果、私は糖尿病予備軍になってしまいました

それでも、今では正常値に戻りました。私ががんばったのは、たったひとつのことだけ機能性表示食品「ベジファス」を毎食欠かさず食べたことだけでした。

安いうえに食べやすくて実績のある機能性表示食品は日本にほとんど無いので、探すのが大変でした。

そんな機能性表示食品「ベジファス」を知ることができたみなさんはラッキーです。でも、ひとつだけ残念なお知らせがあります。

あまりの反響で購入者が殺到し、間もなくキャンペーンが終了するようです。しかも、大量生産ができないため、今後は新規の購入が難しくなるかもしれません。

こちらのページから購入できます。

サイトへの誘導バナー

※ページが開かない場合は、すでにキャンペーンが終了しています。

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事