顔ヨガの最新作「V字上げ」で圧倒的な小顔&若顔に!間々田佳子さんがやり方を解説

整形並みの小顔&若顔を作ると話題の「顔ヨガ」でおなじみ、間々田佳子さん。顔ヨガ講師の間々田さんが新たに考案したのが、「V字上げ」だ。気になる顔のパーツを「V字上げ」すれば、フェイスラインがキュッと引き上がった小顔になると話題沸騰中!

『間々田佳子の顔ヨガでV字上げ』の表紙
『間々田佳子の顔ヨガでV字上げ』(ぴあ)も好評な間々田さんに、その極意について教えてもらった。

「手や指を使って、眉間のシワなど表情の癖を外し、筋肉に正しい位置を形状記憶させる。これがV字上げです。習慣化することで、筋肉のつき方や顔の形も変わってきます」(間々田さん・以下同)

「V字上げ」の基本ルールは3つ

【1】ゆるめる

口の下に両手を添える顔ヨガのポーズ
あご、おでこ、口まわりなど、顔の力をダラ~ンと抜くのが鉄則。

「顔も体と一緒。知らず知らずのうちに、力が入っています。よく動かす部分には特に。力が入るとギュッと肉が寄りますから、当然しわになり、表情グセとして顔に刻まれます。そこでV字上げは、顔の力をすべて抜くことからスタート。息を、ふ~~~っ、と細く長く吐いてみてください。どうですか? 緊張がほどけてきませんか? さらに、緊張している顔の部分に両指をあて、くるくるくる…と両指で優しく円を描きましょう。筋肉が柔らかくなったのを感じるはずです」

【2】V字上げ

両手を目の横に添えて上に引き上げるポーズの顔ヨガ
両手、両指で、気になるたるみやしわを、V字にグイッと持ち上げる!

「手を使ったサポートが、なりたい未来の顔を作る鍵。もちろん、気になる部分を自力で伸ばせればいいのですが、初めての人はなかなか引き上げられない。さらに、自力では引き上げる力にも限界があります。手でグイッとV字に引き上げ5秒以上固定すると、筋肉が引っ張られ負荷がかかった状態になります。負荷がかかれば、より筋肉が刺激され、鍛えられます。垂れていた頬のお肉が、キュッと上がります」

【3】覚えさせる

両手を顔から離して、笑顔をキープ
両手を離しても、V字の美しい顔をキープ!

「さて、仕上げです。V字に上がった顔のまま、手を離して5秒以上そのまま。慣れないうちは、手を離した途端、元の顔に戻ってしまうかもしれませんが、それでも続けてください。体も筋肉をつけたいパーツを鍛えれば筋肉がつくのと同じように、顔も動かせば筋肉がつきます。3ステップで、筋肉を形状記憶させましょう」

乾燥しやすい冬は、肌に摩擦が起こりやすい。湿度の保たれたバスタイムや、クリームを塗ってスキンケアしながら行うのがベター。

小顔と一緒にスリムボディもゲット!

アルゼンチンタンゴをやる間々田佳子さん

間々田さんは2010年、アルゼンチンタンゴダンス世界選手権アジア大会ステージ部門で優勝

「V字上げ」とセットで行いたいのが、基本の姿勢。猫背だったり、反り腰だったり、体にゆがみがあると、顔の引き上がり効果も半減してしまう。正しい姿勢で行うことが成功への近道。そうすることで体幹が鍛えられ、内臓も正しい位置に引き上がり、引き締まったメリハリボディになるという。

「私自身、去年の後半から今年の初めにかけて、どれだけ顔ヨガをやっても、以前のようにシャープなフェイスラインになりませんでした。停滞期?なんて思っていたのですが、原因は姿勢! それまでは、アルゼンチンタンゴをやっていたので、腹筋・背筋も整い、背筋もピンとしていたのですが、運動をなまけていたら筋力も落ちて、前かがみの猫背に。それに気づかず、顔ヨガだけをやり続けていました。

猫背で下を向いた状態で、どんなに顔ヨガをやっても、フェイスラインも首周りもたるむ一方。それでトレーニングを開始し、正しい姿勢に戻った途端、顔も引き締まりました。全身が1枚の皮膚なんですから。どこかがゆるめば、その分、どこかにしわ寄せがくる。首から下の姿勢がゆがめば、顔も影響を受けます。どんなに顔を動かしても、姿勢が整っていなければ台無しです」

合言葉は「キュッ!ピタ!ピン!」

正しい立ち姿勢

「キュッ!ピタ!ピン!」の正しい立ち姿勢

【1】キュッ!
おへその下の下腹を「キュッ!」と持ち上げる。

「下腹部を引き上げると肋骨も内臓も引き上がり、連動して胸の位置も引き上がります。肩が上がらないように注意を」

【2】ピタ!
足裏で「ピタッ!」としっかり地面を押す。

「【1】の「キュッ!」で上半身を引き上げていますから、下半身は下に沈めるように押して、上下で全身を引き合うイメージです」

【3】ピン!
首の後ろを引き上げて、背筋を「ピン!」と伸ばす。

「背筋を張り切りすぎて伸ばすと、胸が突き出て反り腰になりやすい。腰に入りすぎた力はフッと緩めると、反対側にある下腹部が引き上がり美しい姿勢になります」

正しい座り姿勢

「キュッ!ピタ!ピン!」の正しい座り姿勢

また、座った状態でも「キュッ!ピタ!ピン!」を意識しよう。特に長時間のデスクワークは、座っているだけで、内臓が縮こまり体がゆがみやすい。「キュッ!ピタ!ピン!」を行えば、内臓が引き上がってストレッチされ血の巡りもよくなるという。

「キュッ!ピタ!ピン!は、移動中の電車、歩きながら、家事をしながらなど、思い立ったら行うのがベスト。上下で引き合う姿勢を続ければ、全身の筋肉も使われて代謝もアップ! 太りにくい体になりますよ」

この基本姿勢&「V字上げ」で、顔も体もシェイプアップ!

顔ヨガ講師:間々田佳子さん

間々田佳子さん
テレビで芸能人の顔をあっという間に若顔に変えて話題に。著書の累計部数が55万部突破。最新ポーズを含む31種類の顔ヨガポーズを収録した、間々田佳子監修の『日めくり まいにち、顔ヨガ! 』は6万部の大ヒット。卓上&壁掛け式だから、トイレ、洗面所など、いつでもどこでも実践! 出演しているロート製薬『極潤リフトゲル』のCMが放送中。

●紗栄子で注目の「胸鎖乳突筋」を1分顔ヨガで鍛えて小顔&美姿勢をゲット!
●【顔ヨガ1分動画】「ヤッホー」と叫ぶだけでデカ顔がスッキリ小顔に!
●【顔ヨガ1分動画】「フグの顔」でほうれい線のない若顔を作る!
●【美のプロが愛するコンビニ飯】“素材重視”で「さば」&「しょうが」などを使った5品
●セレブモデル・藤井サチ、細すぎ体形はNO!「自分なりの美を追求してヘルシーな体に」【美痩せインタビュー】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事