61歳オバ記者、ZOZOSUITSに不満爆発!?前澤社長に「おばさんの気持ちわかってる?」

7か月で11kg痩せた成果を確かめるべく、今話題のZOZOSUITS(ゾゾスーツ)を注文して着てみたオバ記者。計測後、タブレットに表示されたのは驚きのサイズ。

ZOZOSUITSを着たオバ記者こと野原広子
そして、そのサイズをもとに服を注文してみたら、いくら待っても届かない…。連載119回となる今回は、オバ記者がZOZOSUITS、そして前澤社長に一言モノ申します!

* * *

4月から始めた“月曜断食”で11kg減。友達や仕事仲間から「ほんと痩せたよね。体形、全然違う」と驚かれるし、われながらよく頑張ったと、そう思っていたところで“あの男”の登場。

前澤友作

ZOZOの前澤友作社長(写真/共同通信社)

“あの男”とは、剛力彩芽との交際や月旅行で派手な話題を振りまいているZOZOの前澤友作社長(43歳)よ。実は私、あのテの顔には無条件降伏なんだよね。要はタイプなの。

彼がZOZOSUITSを「圧倒的な速度で世界中に配りまくり、体重計や体温計のように一家に一台の存在にする」とツイッターで宣言して、無料配布の予約を開始したのはちょうど1年前のこと。

で、そのZOZOSUITSをどうやって手に入れるかということをおさらいすると、スマホかタブレットで、ZOZOTOWNのアプリを取得。そこに身長、体重、生年月日、住所を入力して、注文。自分の体に合ったZOZOSUITSが届くというわけ。

計測された全身のサイズを見て驚いた

ZOZOSUITSを着たオバ記者こと野原広子が計測中
で、3日後に届いたのは派手なドッド柄のスーツで、ウルトラマンか宇宙人かになった気分。これを着て、計測用スマートフォンスタンドにスマホを立てて、カメラに向かって12時から1時、2時、3時と、音声アナウンスに従って時計回りに動いて、そのたびにシャッターが自動的に切られるの。これで体のありとあらゆる部位、1万5000か所を計測するというんだから、たいしたもんだわ。(計測時の詳細はコチラの記事を!)

これが61歳の私の真の姿?

ZOZOSUITSを着たオバ記者こと野原広子
…と、感心していたのもつかの間。計測直後にタブレットの画面に出てきた360度見られる自分の体のラインのひどさに、驚いたのなんの。体の筋肉が強張ってしまい、しばらく動けなかったわ。これが現実。61歳の私の真の姿。何度も自分にそう言い聞かせて、納得させようとしたけど無理だって。そのうちだんだん腹が立ってきた。

若い美女を好きという気持ちに文句はないけど…

剛力彩芽

前澤社長の今の彼女、剛力彩芽

前澤サンは、おばさん体形になったおばさんの気持ちを、どのくらいわかっているの? 今の彼女は剛力彩芽で、その前は紗栄子。若くてきれいな女の子が好きという気持ちに、文句はないよ。でもあなたと同級生の43歳を思い出してごらんなさいって。

女性は”○号表記”に救われてきた

ZOZOSUITSを着たオバ記者こと野原広子
「9号死守」という時期が過ぎ、「もう11号は無理かな。でも13号の服は着たくない」という年齢になるころでしょうが。

その9号、11号だって、メーカーによって誤差があるのは、誰でも知っているし、だからといって、「服のサイズを業界で統一すべし」なんて声をあげる女はまずいない。

みんな好きなように、自分にやさしい“サイズ感”で、「私は13号」とか、「とうとう15号」とか思って試着して、「ダメ。ここのブランドはサイズ、小さく作りすぎ」とかメーカーに罪をなすりつけて、めでたし。

この“女のまやかし”を、許さないんですかいっ!と、自分の体形を突き付けられて、つい取り乱してしまった私。ついには家に帰ってメジャーでウエストを測ったら、ZOZOSUITSで測ったサイズより10cm細い。それが、体の力を抜いてぷーっとお腹を膨らまして測ったら、“ゾゾサイズ”だった、というのは前回書いた通り。

それでも、その計測結果をもとにスリムジーンズと、セーターを注文したのは、「さすが、きちんと計測しただけのことはある。シルエットがきれい!」という結果を期待したからよ。

注文したジーンズとセーターはいつ届く?

ZOZOSUITSを着たオバ記者こと野原広子
それが11月9日のこと。東京の自宅で商品の到着を待っていたら、アプリの画面はずっと「取寄せ商品入荷待ち」のまま。注文して3日後に「各地災害による発送制限と遅延」という通知が届き、「■台風25号  ■平成30年北海道胆振東部地震と、各地災害」という言葉とともにその内容が書いてあった。

以後は10日たっても、うんともスンとも。前澤サン、 “私サイズ”の服はいつ届くの!

オバ記者(野原広子)

1957年生まれ、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。

●安全靴メーカーが発売した1900円スリッポン、なぜ女性に激売れしたのか?
●おデブ卒業!マライア・キャリー、体重120kgから1年で奇跡の激ヤセ写真
●見えてはいけないものが…! 戸田恵梨香、宮崎あおい、メーガン妃らの“恥ずかしい”写真【ファッションチェック】
●セレブモデル・藤井サチ、細すぎ体形はNO!「自分なりの美を追求してヘルシーな体に」【美痩せインタビュー】
●ロカボダイエットに活用!『20kgやせた!10分ごはん』の鍋&冷しゃぶレシピ

●【118】61歳オバ記者、ZOZOSUITS着用で計測されたサイズに「間違ってる!」と激怒
●【117】61歳女性記者、時給1000円の肉体労働を3日間続けたら体重はどうなった?
●【116】“月曜断食”7か月で11kg減の61歳女性記者、「ダイエット成功のカギは野菜」
●【115】アラ還記者が痩せるために始めた誰にでもできる「0円ダイエット」レポ
●【114】オバ記者、“月曜断食”中に開き直る?ラーメン、餃子でお腹いっぱいに
●【113】“月曜断食”で「10kg減の壁」にぶつかるオバ記者、なぜ痩せないのか?
●【112】“月曜断食”中のオバ記者、『幸楽苑』ラーメンの1年間無料パスを月曜日にもらって苦悩
●【111】“月曜断食”挑戦169日目、誘惑に負けて月曜日に食べまくったらどうなったか?
●【110】“月曜断食”挑戦中のオバ記者、過去最大の空腹をどう乗り越えたのか?
●【109】“新しいラジオ体操”【ヒロシ体操】って?生島ヒロシ親子から直接レッスン!
●【108】オバ記者 “月曜断食”の翌日に体が急変、心臓バクバク…いったい何が?
●【107】オバ記者、“月曜断食”はその後どうなった? 酔っ払って負傷の緊急事態も
●【106】オバ記者が世界的バレリーナから「二の腕痩せエクササイズ」を個人レッスン
●【105】”月曜断食”考案者の関口賢氏が教える「お腹が空いた時に押すといいツボ」
●【104】“月曜断食”考案者・関口賢氏がオバ記者に提案した「上級編の月曜断食」とは?
●【103】“月曜断食”のポイントを考案者・関口賢氏が解説「完璧じゃなくてもまず続けること!」
●【102】”月曜断食”を3か月続けるオバ記者 少食になり「痩せられる」と確信
●【101】“きゅうりダイエット”実践中に猛烈な空腹…そのときどうした??
●【100】きゅうりダイエットで「2か月で11kg減量」を目指す!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事