ライザップのクリスマスケーキは糖質89%オフも!『ブッシュドノエル』を【実食レポ】

日頃はダイエットのために甘いものを控えている…という人も、クリスマスくらいはケーキを食べたい!

ライザップのクリマスケーキ「チョコムース」

チョコムースとブッシュドノエルが登場

そんな願いを叶えてくれるのが、「RIZAP(ライザップ)」が毎年発売しているクリスマスケーキ。4年目となる今年は、『チョコムース』(4号直径12cm 3980円税込)と『ブッシュドノエル』(長形15cm 3980円税込)の2種が登場した。

『チョコムース』は、砂糖を一切使わないチョコレートムースとストロベリームースでスポンジをサンド。スポンジには小麦粉の置き換えに使われることの多い大豆ふすま粉ではなく、小麦粉を極限まで減らして焼き上げているというから、した味にも期待できそう。

生クリームをトッピングし、華やかに仕上げたホールケーキとなっていて、表面のグラサージュももちろん低糖質。味わいにこだわりながら、砂糖の代わりに使っている低糖質甘味料をのぞくと、1切れ(1/4カット)あたりの糖質量は4.2g。これは、日本食品標準成分表2015年版に掲載のショートケーキ(果実なし)と比較して、89.4%糖質オフを実現した数字なのだとか。

小麦粉の代わりに大豆粉を使用

ライザップのクリマスケーキ「ブッシュドノエル」

一方、スポンジ生地が主役で糖質が気になりがちな『ブッシュドノエル』は、小麦粉の代わりにたんぱく質豊富な大豆粉をロールケーキの生地に使っている。また、こちらは天然甘味料のラカントを使い、1切れ(1/5カット)あたりの糖質量は4.7g、『チョコムース』と同様の比較対象で81%糖質オフというからすごい。

ひと口いただいてみると、オリーブオイルを配合したという生地は確かにしっとりとしていて、卵のコクを感じる味わい。さらに、甘すぎないクリームとビターなチョコクリームが、食べ応えのある生地にマッチする。ナッツがたっぷりとトッピングされているので、見た目が華やかなうえに食感もよく、満足度もバッチリ。

『チョコムース』は300台限定、『ブッシュドノエル』は500台限定というから、気になる人はお早めに。

ヘルシーなクリスマスケーキは、ダイエットをがんばる自分へのご褒美にもぴったりかも。

【データ】
ライザップ「クリスマスケーキ」
予約開始日:2018年11月9日(金)
配送予定日:2018年12月18日(火)~12 月 20日(木)頃
販売価格 :各3980円(税込)
販売数量 :[チョコムース]300台、[ブッシュドノエル]500台
栄養成分 :[チョコムース(1/4カット 92.5gあたり)]エネルギー 234kcal、たんぱく質 4.5g、脂質 21.2g、炭水化物 11.1g、(糖質(低糖質甘味料 を除く)4.2g、食物繊維 1.3g)、食塩相当量 0.1g [ブッシュドノエル(1/5カット 56.0g)あたり]エネルギー 220kcal、たんぱく質 5.9g、脂質 19.8g、炭水化物 10.2g、(糖質(低糖質甘味料 を除く) 4.7g、食物繊維 0.9g)、食塩相当量 0.2g
販売店舗 :「ライザップ」のオンラインショップ
http://shop.rizap.jp/

●ゆりやんも10日で8kg減!ロカボダイエットの正しい方法を麻生れいみさんが解説
●【低糖質クリスマスケーキ】コンビニから高級ホテルまで極旨の4品を紹介!
●糖質オフではなく「スローカロリー」!働く人を応援するギルティフリースイーツ13商品を一挙紹介
●ライザップコラボの新作カップ麺『辛口チキンカレーラーメン』を【実食レポ】
●『ライザップ プロテイン』シリーズに新商品2種登場!炭をインした真っ黒なプロテインを【実食レポ】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事