エクササイズや食事を記録!ウェアラブルデバイス最新図鑑

日常生活でも違和感なく着用できる「ウォッチ型」

プラスα付きの腕時計として使える「ウォッチ型」は、シックな黒バンドのものを選べば、スタイルを問わずファッションにも合わせやすい。

sakamotoshoko_wearable201608_03

写真左から、「Fitbit Blaze(フィットビット ブレイズ)」2万6800円/Fitbit 「POLAR(ポラール) V800」6万1800円/ポラール 「MISFIT SHINE2(ミスフィット シャイン 2)」1万2800円/MISFIT

フィットネス専用にデザインされた「Fitbit Blaze(フィットビット ブレイズ)」(2万6800円・写真左)は、Pure Pluse(TM)(ピュアパルス)心拍計、GPS連携、スマートフォン通知など多機能なスマートフィットネスウォッチ。さらに、スクリーンの上でグラフィックとともに指導するワークアウト機能「Fit Star(フィットスター)」は、手首の上で短時間でできるエクササイズをコーチをしてくれる。

本格派はトップアスリートも使用している「POLAR(ポラール) V800」(6万1800円)を。こちらは完全防水で、スイミングの記録も可能。

普段の運動はウォーキング程度なら、消費カロリーと歩数に加え、睡眠量も正確に記録してくれる、50m防水、充電不要の「MISFIT SHINE2」(1万2800円)を選んで。文字盤部分が8㎜という薄さだから、就寝時もストレスなく着用できるはず。

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事