エクササイズや食事を記録!ウェアラブルデバイス最新図鑑

体に身につけて使うウェアラブルデバイスは、消費カロリーや運動量の計測機能も備わっていて、日々のエクササイズで重要なパートナーとして活用ができそう。

そこで今回、機能性が高いだけではなく、女性好みの美ルックスなデバイスをスタイリストの坂本祥子さんがピックアップ。ファッションや生活のスタイルに合わせてチョイスして。

ミニマムサイズ&シンプル機能。1万円以下の「衣服装着型」

まずは一度、試してみたい! という初心者には、機能もシンプルな1万円以下のデバイスがオススメ。

sakamotoshoko_wearable201608_02

写真手前右から時計回りに、「JAWBONE UP MOVE(ジョーボーン アップ ムーブ)」5670円 ※編集部調べ/完実電気 「Fitbit Zip(フィットビット ジップ)」4160円 ※編集部調べ「Fitbit One(フィットビット ワン)」8370円 ※編集部調べ/ともに、fitbit 「POLAR(ポラール) H7心拍センサー」9612円/ポラール

クリップ型の「Fitbit Zip(フィットビット ジップ)」(4160円・写真手前中央)と「Fitbit One(フィットビット ワン)」(8370円・写真手前左)は、歩数や消費カロリー、移動距離を記録。データベースを利用して食事のカロリーを推定できるのもうれしい。

世界的に有名なプロダクトデザイナーであるイヴ・ベアールがデザインした「JAWBONE UP MOVE(ジョーボーン アップ ムーブ)」(5670円・写真手前右)は、クリップ型としてもリストバント型としても着用できる。

ベルト型の「POLAR(ポラール) H7心拍センサー」(9612円・写真奥)は、同メーカーの製品や対応するジム機器と連動し、トレーニング中の正確な心拍数を記録。短時間で効率良くウエイト管理したい人はこれを選んで。

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事