【やせおか】痩せる極意1 外食はメニューの選び方と食べ順次第

シリーズ累計66万部を突破した「やせおかシリーズ」。著者の柳澤英子さん(50代)が1年で26kg減に成功し、リバウンドいっさいなしという点も話題のひとつ。

夫もやせるおかず 作りおき: お肉や麺もOKなガッツリ系 (LADY BIRD 小学館実用シリーズ)

気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

今回はシリーズ第2作目の『夫もやせるおかず作りおき』(小学館)から、痩せる極意をご紹介。ぜひ日頃の食生活に取り入れて

* * *steak

外食が多いからやせないと考えてはいませんか? 野菜、肉か魚をメインに、炭水化物を控えめにすればいいのです。そして、甘い味つけのものを避ければ、食べられる物はけっこう多いはず。

一品料理より定食を選ぶと栄養のバランスもよく、体の調子も上向きに。外食は上手に選んでやせる食べグセをつけましょう。

また、実は私たち夫婦がダイエット中も今もよく利用しているのが食べ放題の店。生野菜、加熱した野菜、肉、魚の順に選んで食べればOK。ごはんは少しいただきます。

食べる順番1 野菜

A

まずはサラダバーへ。生の野菜をたっぷりいただきます。ドレッシングは一般的なフレンチドレッシングがおすすめ。オイルのカロリーより砂糖が含まれているかどうかがカギです。サラダとはいってもポテトサラダやマカロニサラダは糖質のかたまりなので避けること。

食べる順番2 加熱した野菜

B

煮物は砂糖が含まれていることが多いので、炒め物やグリルを選んで。塩、コショウのシンプルな味つけを選びます。また、野菜の中ではジャガイモやカボチャ、トウモロコシが糖質高め。これら 避けたほうが無難です。天ぷらやフライの衣は糖質なので、選ぶなら素揚げしたものを。

食べる順番3 肉や魚

C

肉や魚自体には糖質はほとんどといっ ていいほど含まれていません。たくさん食べてOKです。しかし、味つけにはちょっと気をつけて。甘い煮汁やソースには思った以上の砂糖が使われていることも。こちらもシンプルな味つけのものを選んでいただきましょう。

外食メニューのOK&NG

spagetti

定食を頼む場合、ごはんは「半量で」「少なめに」とオーダーしましょう。

【OK】
・刺身定食 ・魚の塩焼き定食 ・牛タン定食 ・ステーキランチ(サラダ付き) ・チキンソテーランチ(サラダ付き) ・フライドチキン(コールスロー付き)

【NG】
・カレーライス ・スパゲッティ ・照り焼き(チキン、ハンバーグ) ・牛丼 ・ラーメン ・ハンバーガー(ポテト付き) ・天ぷらそば

監修:柳澤英子(やなぎさわ・えいこ)

料理研究家。編集・ライターとして料理関連の雑誌やムック、書籍、広告の制作に携わるとともに、レシピの開発や提供など食全般に関わる。数々のダイエットに挑戦してはリバウンドをくり返したが、「食べてもやせる」ダイエットで劇的スリム化に成功。そのメソッドを説明した「やせるおかず 作りおき」は、累計66万部超の大ヒットシリーズに。最新刊に『全部レンチン! やせるおかず 作りおき』(小学館)

【関連する記事をチェック!】
がっつり食べたいときに!『やせるおかず作りおき』の肉レシピ3選
電子レンジで簡単に!柳澤英子さんの「レンチン」レシピ5選
柳澤英子さんが伝授。無理なく糖質制限をする痩せテク4選
ダイエット中のランチに!お弁当レシピと役立つテクニック
【やせおか弁当】冷蔵庫で4、5日もつ「チーズミート弁当」

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事