モデル・滝沢眞規子ら芸能人にも流行のレギンス、”絶対NG”な着こなしをプロが解説

今秋、ファッション業界の専門紙『繊研新聞』に、懐かしい文字が躍った。「レギンスが10年超ぶりに今年、ファッション商品として注目されている」という記事だ。

モデルの女性2人がレギンスの着こなしを披露
レギンスといえば、タイツのつま先がないアレのこと?と、思い出す読者も多いはず。ワンピースやチュニックに黒のレギンスというスタイルが流行したのが、2006年頃。確かに10年ほど前、体形隠しのために、チュニックに黒のレギンスをみんな着ていたっけ…。でも、本当に今また流行っているの? レギンスブームについて大調査してきました!

足元の軽さでおしゃれの”抜け感”を演出

靴下専門店『Tabio』商品部のレギンス担当者は嬉しい声で話す。

「レギンスは通常7~8月がピークなのですが、今年は例年に比べ、11月を超えてもまだまだ勢いがあります。昨年までレギンスの売り上げは厳しかったのですが、今年はレギンス目当てに来店するお客様が増えていて、さらに50代のかたも含め、幅広いお客様にご支援いただいているのが特徴的です」

たしかに、芸能人の最近の着こなしをチェックしてみると、おしゃれママ代表の『VERY』モデル・タキマキこと滝沢眞規子(40才)や、大人かわいいコーディネートに定評がある渡辺美奈代(49才)など、レギンスファッションが目にとまる。

 

View this post on Instagram

 

渡辺美奈代さん(@watanabe_minayo)がシェアした投稿

それなら早速たんすのこやしになっている、あの頃活躍したレギンスを引っ張り出してはいてもよいのだろうか。

「それはNG」と言うのは、スタイリストの福田栄華さん。同じレギンスといえども、コーディネートの仕方が進化しているのだ。

「昔はAラインのひらひらしたチュニックを着て、その下にぴったりした7分丈の黒のレギンスを合わせてメリハリを出し、体形カバーをしていましたが、その着こなしはもう古くてイタイ…。

今、ファッションの主流は“ロング”。今年はロングワンピースの下に10分丈など長めのレギンスを合わせるのがトレンドです。ワンピースを着たときにふくらはぎを見せることを躊躇する50代以上の世代は、タイツを選んでしまいがちですが、洋服がロングなのに足元全体まで覆ってしまうと重い印象になってしまいます。でも、レギンスだと素肌が少し見えるので、足元に軽さが出て、おしゃれな抜け感を演出できるんです」

ローファーやスニーカーと合わせるのが今流

ひと昔前のレギンスとは、デザインや素材も変わっている。

「スリットが入っていたり、13分など長めの丈でボリュームがあるデザインが人気です。また、以前はぴったりと体にフィットするナイロン生地が主流でしたが、リブ生地や綿素材など、締め付けが強いものより、ゆるめのものがトレンドに。色も黒だけでなく、オフホワイトやライトグレーなど、カラーバリエーションも豊富になっています」(『Tabio』のレギンス担当者)

 

View this post on Instagram

 

滝沢眞規子さん(@makikotakizawa)がシェアした投稿


さらに、レギンスに合わせた足元コーデも変化している。

「以前はレギンスにパンプスやサンダルなど、コンサバな雰囲気が主流でしたが、ローファーやスニーカーを合わせて、カジュアルやスポーティーさを取り入れるのが今年風です」(福田さん)

そこで、福田さんに50代読者におすすめのコーディネートを教えてもらった。

「“長め”にまとめるのが今年のポイントです。まずは、失敗しにくい、ニットのロングワンピースにレギンスを合わせるシンプルな基本のスタイルに挑戦してみましょう。ニットワンピはボリュームが出るとバランスが悪くなってしまうので、まっすぐなシルエットのIラインのものを選んでください。人気のスリット入りのレギンスを合わせると、足元に軽さが出てフェミニンな印象に。さらに、ローヒールのパンプスを合わせると、大人っぽい抜け感がプラスされます。ニットワンピがベーシックな色なら、レギンスはボルドーやマスタードなど深みのあるシックな色を合わせても素敵ですよ」

今シーズンおすすめのOKコーデとNGコーデは写真で解説。ぜひ、着こなしの参考に。

●OKコーデはこちら!

白と黒のストライプのえりなしシャツワンピース、グレーのロングカーディガン、黒のレギンス、白いスニーカーでコーディネートした女性

ロングカーディガン 3229円、シャツワンピース 3229円、バッグ 2149円、スニーカー 1609円、ベルト 1069円(すべてGU)、レギンス 1620円(ユニクロ)

シャツワンピにロングカーデを羽織った縦長シルエットが今年風。14分丈の長めレギンスは裾にクシュッとボリュームを出し、白いスニーカーと合わせて軽やかに。足元の抜け感が最旬!

●NGコーデはこちら!

白と黒のストライプのブラウス、グレーのカーディガン、黒のレギンス、黒のスニーカーでコーディネートした女性

ストライプのシャツとグレーのカーデの組み合わせは同じでも、丈が短いと野暮ったい印象に。黒いレギンス+黒い靴だと足元が重くなり、せっかくの抜け感を演出できない。

●OKコーデはこちら!

茶色のニットワンピース、ピンクのボアブルゾン、金のロングネックレス、白のレギンス、ボルドーカラーのパンプスでコーディネートした女性

ボアブルゾン 3229円、ニットワンピース 3229円、バッグ 2149円、パンプス 2149円、レギンス 1609円(すべてGU)、アクセサリー(スタイリスト私物)

ロングワンピのリブが縦長ラインを強調してスッキリ。レギンスにもスリットが入って」いるので細見え効果は抜群。色はアイボリーを選んで足元を軽くするとバランスよくまとまり、スタイルアップ。

●NGコーデはこちら!

ピンクの短め丈のVネックニット、白のレギンス、ベージュと紫のバイカラーのヒールブーティでコーディネートした女性

ドルマンスリーブなど短め丈のトップスを合わせると、ひと昔前の印象に。ヒールのブーティーも過去の産物。

10年前とは違って、単なる体形カバーからおしゃれなファッションアイテムへと市民権を得たレギンス。それでも変わらないのは、素足を出すには抵抗がある私たちの強い味方であるということ。

「今流行のレギンスは10年前よりも足のラインがはっきり目立つデザインではないので、ラインが出るのが恥ずかしいという女性にこそ、気軽にチャレンジしてほしい。おしゃれで上品に仕上がるので、大人の女性にこそ試してほしいスタイルです」(Tabio』のレギンス担当者)

この秋は、レギンスで新たな挑戦を!

オススメの最旬レギンス5種類

グレーのニット風レギンスを着用したマネキンの脚

発熱、保温、保湿、抗菌防臭機能付き。ヒートテック ニットレギンス 14分丈 グレー 1620円/ユニクロ

 

濃紺のレギンスを着用したマネキンの脚

薄手のストレッチ素材でキレイにはきこなせる。Wスリットレギンスパンツ 10分丈 ネイビー 1609円/GU

グレーのレギンスを着用したマネキンの脚

綿混素材で柔らかく、心地いい肌触り。オーガニックコットン混ストレッチ天竺十分丈レギンス チャコールグレー 990円/無印良品

茶色のレギンスを着用したマネキンの脚

縦ラインのリブと裾のスリットで、ほっそり華奢に見える。スリットリブレギンス 10分丈 モカ 4320円/Tabio

撮影/菅井淳子

※女性セブン2018年11月22日号

●ジェシカ・ビール 自ら手がけたウエアで抜群のスタイル披露
●著者も15kg減!『押したら、ヤセた。』で紹介の太ももを細くする”下半身痩せ”のスゴ技とは?
●大流行のオフショルダー、英国プリンセスら5人の着こなしをチェック!
●空前ブームのさば缶「1週間レシピ」美容と健康、老化防止にも効果的!
●歌姫・リアーナ「体重が気になる日のコーディネートも得意」

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事