ひと目でうまいフルーツを見極める方法を青果店の店主が指南!

美容やダイエットの効果が期待される果物。店頭で選ぶ時、はたしてどれがおいしいのか? 迷う人も多いはず。そこで、この道52年の達人が見極め方を指南。これでもう一目瞭然です!

『杉本青果店』の店頭に立つ杉本晃章さん

『杉本青果店』の2代目・杉本晃章さん

『杉本青果店』の2代目・杉本晃章さんは、本当にいい青果だけを市場で見抜くベテランの目利き。「果物は見た目がきれいなのが、うまいわけじゃない」と、熱く語る。

「みかんは大きいほうが贈答用には人気だけど、小さくてゴツゴツして皮がむきにくいほうが、甘味と酸味のバランスが良くて、味も濃くてうまい。マスカットもきれいな緑色よりも、本当は黄味がかっているほうが熟れて甘いの。今年の夏は暑かったから、熟度が進んだぶん、全体的に味がいいんだ。りんごは、貯蔵せずに旬の時期に売り切る長野産がおすすめ。みかんは愛媛の西宇和、和歌山の宮原地区産なら間違いないよ!」

杉本さんが教えてくれた見極め方は次の通りだ。

りんご

おしりまで赤くて、重いものを

2つのりんごをならべて比較

 

おしりまで赤いほうが日当たりがよい所で育ったのでおいしい。りんごは時間が経っても全体が赤くなるわけではない。11月は『シナノゴールド』『シナノスイート』『サンふじ』などが旬に。

みかん

小粒でゴツゴツがおいしさの証

2つのみかんをならべて比較

みかんは小さいほうが、味が濃厚。大きいと甘いが酸味が少なく、味がぼやけているものが多い。「みかんは甘味と酸味のバランスが大事。皮がスルスルむけないほうが、うまいよ!」(杉本さん)

すぐ食べるなら色の濃いほう

2つの柿をならべて比較

色が濃いと熟度が高い。すぐ食べるなら色の濃いものを選ぶとよいが、熟度が上がるとそれ以降は日持ちしないので気をつけて。渋柿が終わり、11月は『富有柿』『次郎柿』などの甘柿が旬になる。

巨峰・ピオーネ

粉を吹いた”種あり”がおいしい

2つのぶどうを並べて比較

種なしぶどうの樹はなく、栽培の途中で薬をかけて種をなくしている。そのため、種ありのほうが、ぶどう本来の味を楽しめる。種ありは白い粉がついているのが特徴。房の上のほうが粒が甘い。

マスカット

やや黄味がかったほうが甘い

2つのマスカットをならべて比較

緑色のほうがおいしそうに見えるため値段が高いが、黄味がかったほうが熟していて甘味が強い。緑色だと糖度が16~18度、黄緑色は20~23度程。粒が少ないほうが、実は大きくなる。

和梨

赤銅色だと甘くて正解

2つの和梨をならべて比較

色が濃くきれいにのっているものほど甘い。9月に甘味の強い中型の『豊水』や『幸水』が出回った後、11月は大型の『新興』『晩三吉』が旬を迎える。大型品種は、糖度は低めだが日持ちする。

撮影/玉井幹郎

※女性セブン2018年11月15日号

●ダイエットにフルーツが効果的!?「みかん+ご飯」など甘味と酸味を生かす料理のコツ
●美と健康に効く!りんご、ぶどうなどを使った肉と魚の絶品レシピ6品
●SNS映えも◎。フルーツやハーブの【ちょい足し】でダイエット成功!
●“月曜断食”7か月で11kg減の61歳女性記者、「ダイエット成功のカギは野菜」
●【名医が愛するコンビニ飯】ビタミン豊富な「栄養バー」、糖質オフクッキーなど厳選4品

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事